このページの本文へ
ページの先頭です。

働き方改革&女性活躍 取組アイデア集

既に取り組みたいテーマは決まっているが、「取組を効果的に進める方法が分からない」「取組の言葉自体は聞いたことがあるが、内容はよく分からない」といったことはないでしょうか?
そんなときにヒントになる、県内企業の皆様が実際に導入した代表的な取組アイデアについて、取組テーマ別にポイントを紹介します。自社の取組にぜひご活用ください!

長時間労働の削減

【取組アイデア1】多能工(マルチスキル)化 取組解説(実践企業事例)PDF

1人で複数の業務や工程を遂行する技術を身につけた従業員のことを「多能工(マルチスキル)」と呼び、そうした人材を教育・訓練する仕組みを「多能工(マルチスキル)化」と呼びます。 

《県内の実践企業での主な成果》
  • 業務が集中する特定のスタッフの負担軽減や残業抑制ができたほか、チームワーク向上で、誰もが休みを取りやすい職場になった。
  • 新たなスキル・知識の習得による、従業員の育成やモチベーションアップにつながった。

実践企業への取材記事も合わせてご覧ください!
「優良事例1:株式会社ユニバーサルポスト」「優良事例2:二村自動車株式会社」

【取組アイデア2】チームの底上げ(能力開発) 取組解説(実践企業事例)PDF

チームで仕事をする場合、特定のスキルや知識を持った人に仕事の負担が掛かり、長時間労働に陥るケースがあります。このような問題に対処するためには、個人単位のキャリアプランや段階的なOJT研修による能力開発だけでなく、チーム単位で求められている能力や知識を明らかにし、チーム全体の能力と生産性の底上げを行うことが重要です。

《県内の実践企業での主な成果》
  • チームや個人にとって、習得すべきスキルの優先順位が明確になったことで、短期間でチーム内での技術力の底上げにつながった。

実践企業への取材記事も合わせてご覧ください!
「優良事例1:テクノス三原株式会社」

【取組アイデア3】職場の連携強化取組解説(実践企業事例)PDF

職場連携が強い組織は、生産性を高め、会社の付加価値や強みを引き上げます。連携強化のポイントは、連携を妨げている壁(原因)を明確にすると同時に、連携を図るための小さな改善運動を積み重ねることです。お互いが協力しながら業務改善に取り組むことでチームワークが芽生え、組織が活性化していきます。

《県内の実践企業での主な成果》
  • 現場の従業員は他部門との接点が少ないため、社内インターンシップを実施して相互理解を促した結果、部門間での業務連携が始まった。

実践企業への取材記事も合わせてご覧ください!
「優良事例1:株式会社ポップジャパン」

【取組アイデア4】会議運営の見直し取組解説(実践企業事例)PDF

会議は「意思決定」「アイデア出し」「情報交換」など様々な目的で日常的に行われていますが、運営方法を間違えると、時間の浪費やモチベーションの低下につながり兼ねません。このため、より効率的で有意義な会議にするためには、それぞれの会議の趣旨・目的に合わせて、運営方法を見直す必要があります。

《県内の実践企業での主な成果》
  • これまで発言がなかったメンバーからも活発に意見が出され、新たな視点での改善アイデアが出された。

実践企業への取材記事も合わせてご覧ください!
「優良事例1:広合化学株式会社」

【取組アイデア5】組織全体での業務改善取組解説(実践企業事例)PDF

仕事は部署間の連携で成り立っており、業務改善において大切な視点が「全体最適」の考え方です。組織全体の流れを止めているボトルネックとなる業務や部署を探し出し、そこに必要な手を打つことで、全体最適化を図ります。これにより作業待ちの待機時間が減り、時短や生産性の向上につながります。

《県内の実践企業での主な成果》
  • 横串委員会で部署を超えた業務上の問題を見える化し、工程や役割分担等を改善することで、受注から納品までの流れがスムーズになった。

実践企業への取材記事も合わせてご覧ください!
「優良事例1:テクノス三原株式会社」

【取組アイデア6】減らす業務の見える化取組解説(実践企業事例)PDF

単に残業時間を制限するだけでは、重要業務に充てる時間まで削減されてしまいがちです。本質的な業務改善を伴わないノー残業デー等の取組は、短期的に成果が出たとしても、長期的には形骸化する場合もあります。ここでは、業務時間を可視化することで、「無駄な時間」や「確保すべき時間」を整理する手法を紹介します。

《県内の実践企業での主な成果》
  • 予定と実績時間で大きな乖離がある業務の可視化を契機に、個人やチームが日々の効率的な仕事プロセスを考える習慣づけができた。

実践企業への取材記事も合わせてご覧ください!
「優良事例1:株式会社ユニバーサルポスト」「優良事例2:株式会社マエダハウジング」

【取組アイデア7】業務分析による効率化 取組解説(実践企業事例)PDF

見直しが必要な業務の実態を客観的に把握し、業務改善につなげる手法のことを「業務分析」と言います。ここでは、業務タスクの洗い出し・偏りの分析から時間の使い方を戦略的に見直す「重要度・緊急度のマトリクス分析」と、課題の根本原因を絞り込む「要因分析」の解説、取引先のランク付けから訪問内容を見直す「ABC分析」の実践事例を紹介します。

《県内の実践企業での主な成果》
  • 営業活動の優先順位を明確化して訪問計画を見直すことで、重要顧客との商談時間を多く確保できるようになった。

実践企業への取材記事も合わせてご覧ください!
「優良事例1:株式会社体育社」

【取組アイデア8】仕組み化(標準化)取組解説(実践企業事例)PDF

いつ、どこで、誰がやっても同じ成果が出せるような手法やプロセスを構築することが「仕組み化」のポイントです。定型業務を誰でもできるようにしておくこと(標準化)は、コスト削減につながるだけでなく、急な従業員の退職や取引量の増減にも対応できるため、事業を安定的に行う上でも必要不可欠な施策です。

《県内の実践企業での主な成果》
  • 顧客ニーズの高いリフォーム内容のパッケージ化で、標準提案レベルが均一化され、経験の浅い従業員でも高品質なリフォーム提案が可能になった。
  • 生産工程での作業マニュアル作成等による標準化で、一部の従業員に偏っていた負担が軽減され、安定した生産供給体制が図れた。

実践企業への取材記事も合わせてご覧ください!
「優良事例1:株式会社マエダハウジング」「優良事例2:株式会社ポップジャパン」

【取組アイデア9】商慣行の見直し取組解説(実践企業事例)PDF

商慣行は、取引当事者間の長年の取引経緯や先例によって形成されるものです。かつては効率が良く有効であったこと、公平で妥当であったことも、時代や社会の変化に応じて見直すべきものも少なくありません。単に慣例を廃止し、ムダを無くすことだけを目的とするのではなく、取引先や顧客との関係構築・強化の観点から、従来の方法を見直してみることが重要です。

《県内の実践企業での主な成果》
  • これまで「当たり前」であった訪問の営業スタイルを変えること(常時対面の発想転換)で、業務の効率化と迅速な顧客対応が可能になった。

実践企業への取材記事も合わせてご覧ください!
「優良事例1:株式会社体育社」

【取組アイデア10】ノー残業デーの見直し 取組解説(実践企業事例)PDF

ノー残業デーは、1日の業務手順の見直しや、ワーク・ライフ・バランス確保の効果的な施策ですが、取組が浸透せずに形骸化したり、業務が単に翌日に繰り越されるだけなど、効果的な活用ができていないケースも多く見受けられます。ここでは、ノー残業デーを運用する上でのポイントと、チームで協力しながら取り組む事例を紹介します。

《県内の実践企業での主な成果》
  • ノー残業デーに合わせて、チーム全員が外出せずに業務改善会議に参画して、会議終了後の定時退社と業務改善の進展を同時に実現。
  • 総務部門と各事業部門との連携により、ノー残業デーに定時退社を促す仕組みづくりを積み重ねることで、従業員の時間管理意識が向上。

実践企業への取材記事も合わせてご覧ください!
「優良事例1:平和建設株式会社」「優良事例2:テクノス三原株式会社」

【取組アイデア11】勤務間インターバル制度取組解説(実践企業事例)PDF

勤務間インターバル制度は「前日の終業時刻と翌日の始業時刻の間に一定時間の休息を確保」するものです。この制度は、単に従業員の労働時間短縮を目的としているのではなく、従業員の働きすぎと疲労の蓄積を防止する手立てとして有効であり、勤務時間中の集中力を高め、ミスの防止にもつながります。

《県内の実践企業での主な成果》
  • 「勤務間インターバル制度」・「早朝勤務制度」・「退社促進制度」を3点セットにして取り組むことで、長時間労働を大幅に削減。

実践企業への取材記事も合わせてご覧ください!
「優良事例1:東洋電装株式会社」

【取組アイデア12】深夜残業の抑制と早朝勤務の奨励取組解説(実践企業事例)PDF

勤務が深夜に及ぶと疲労も大きくなりがちで効率的な働き方の妨げにもなります。人によっては、心身がすっきりした早朝の時間帯は、夜の残業に比べて、より集中力が高まり効率的な業務遂行が期待できます。ここでは夜型から朝型勤務に切り替えるためのポイントとその成功事例を紹介します。

《県内の実践企業での主な成果》
  • 「勤務間インターバル制度」・「早朝勤務制度」・「退社促進制度」を3点セットにして取り組むことで、長時間労働を大幅に削減。

実践企業への取材記事も合わせてご覧ください!
「優良事例1:東洋電装株式会社」

【取組アイデア13】残業削減分の還元取組解説(実践企業事例)PDF

従業員にとって時短の取組は、生活時間や休息時間を確保できる一方で、残業手当の収入が減ってしまうという不安や不満もあります。「残業削減分の還元」の取組は、こうした従業員の不安や不満を軽減でき、時短に対するモチベーションを高めたり、チーム全体で成果を出す働き方への意識付けに有効な手立てです。

《県内の実践企業での主な成果》
  • 取組初期に“残業削減分は全従業員(個人でなく全員)一律に還元”を社長宣言することで、従業員の取組意欲(チーム貢献意識)が向上。

実践企業への取材記事も合わせてご覧ください!
「優良事例1:テクノス三原株式会社」

【取組アイデア14】残業申請手続き(残業管理)の見直し取組解説(実践企業事例)PDF

残業の事前申請は適切な労働時間の把握のために必要なことですが、「手続きが面倒だ」など従業員からの指摘もよく聞かれます。そのため申請の目的や意図などの認識を合わせ、「残業時間の把握」にとどまらせない工夫も必要です。ここでは、労働時間の再定義や申請フォーマット、管理運用の見直しの方法を紹介します。

《県内の実践企業での主な成果》
  • 残業の事前申請時に『チェックシート』を活用し、従業員が日々の仕事の進め方を見つめ直す機会をつくることで、残業の大幅削減につながった。

実践企業への取材記事も合わせてご覧ください!
「優良事例1:株式会社マエダハウジング」

【取組アイデア15】働き方に関する個別面談の実施取組解説(実践企業事例)PDF

ライフスタイルや価値観の多様化に伴い、従業員の働き方に対するニーズも変化しており、従業員それぞれの置かれた状況等に応じた個別支援が求められています。それは単に長時間労働を是正するだけでなく、「若手」や「女性」、「育児・介護等との両立者」といった個々の状況等に応じた「個のマネジメント」への切替えを意味しています。

《県内の実践企業での主な成果》
  • 個別面談により、残業の発生要因が把握できたことで、チーム内での協力体制の改善や計画的な教育を行いやすくなった。

実践企業への取材記事も合わせてご覧ください!
「優良事例1:テクノス三原株式会社」

ページの先頭へ

年休取得の促進・休暇

【取組アイデア1】年休取得の意識付け(取得促進)取組解説(実践企業事例)PDF

「今、休まれては困る」という会社・上司の思いや、「休んだら周りに迷惑をかける」といった従業員自身の思いから、休みにくい職場風土が形成されていきます。従業員が休んでいない状態が続くことは、従業員の健康悪化や、急な欠勤の際にカバーできずに業務停止するリスクが高まります。このようなリスク回避のためには、年休取得を促進し、休みやすい職場風土形成に向けた意識付けを行うことが重要です。

《県内の実践企業での主な成果》
  • 各従業員に「有給休暇チケット」を配付して、「使わないと損」という雰囲気を醸成したことで、「休めない・休まない」という社内風土を改善できた。

実践企業への取材記事も合わせてご覧ください!
「優良事例1:平和建設株式会社」

【取組アイデア2】半日・時間単位年休の導入取組解説(実践企業事例)PDF

年次有給休暇は1日まるまる休むというのが原則ですが、従業員が有効に活用できるようにするため、条件等を満たせば半日または時間単位でとってもらうこともできます。従業員のニーズを確認しながら、半日・時間単位の柔軟で機能的な休暇制度を導入することで、年休取得率が高まり、従業員の満足度向上につながります。

《県内の実践企業での主な成果》
  • バリエーションを増やして個々の状況に応じた休暇取得が可能になったことで、年休取得率が高まり、従業員から好評価を得ることができた。

実践企業への取材記事も合わせてご覧ください!
「優良事例1:株式会社マイティネット」

【取組アイデア3】計画年休の導入取組解説(実践企業事例)PDF

年次有給休暇の計画的付与制度(計画年休)は、前もって休暇取得日を従業員に割り振るもので、年休取得率の向上に直結するほか、労務管理がしやすく計画的な業務運営が行えるメリットがあります。一方で、従業員も、会社から時季を指定されることで気兼ねなく休むことができるメリットがあります。

《県内の実践企業での主な成果》
  • 従業員が気兼ねなく年末年始に長期休暇を取得することが可能になったことで、従業員の心身リフレッシュや健康維持につながった。

実践企業への取材記事も合わせてご覧ください!
「優良事例1:平和建設株式会社」

【取組アイデア4】特別休暇の導入取組解説(実践企業事例)PDF

特別休暇とは、法定休暇(年次有給休暇等)以外に、任意に設定している法定外休暇を指します。自社独自の制度である特別休暇を導入することで、その目的に沿った休暇を促して、従業員の満足度を高めることが期待できるだけでなく、企業のイメージ向上につながります。

《県内の実践企業での主な成果》
  • 仕事と育児・介護・治療の両立を支援する方針を示して、それに沿った特別休暇を導入したことで、従業員から働き方改革の取組に対する共感を得られた。

実践企業への取材記事も合わせてご覧ください!
「優良事例1:株式会社ユニバーサルポスト」

【取組アイデア5】年間休日数を増やす取組取組解説(実践企業事例)PDF

年間休日数を増やしていくことは、従業員のプライベートの時間が充実して心身のリフレッシュができ、仕事に対するモチベーションや集中力の向上も期待できます。また、人手不足の中で、従業員の確保・定着につながります。なお、見直しによって、休日出勤が増えてしまう事態が起きないよう注意が必要です。

《県内の実践企業での主な成果》
  • 従業員ニーズをもとに年間休日総数を増やした結果、業績に悪影響が出ることはなく、求人での応募者の質も向上した。

実践企業への取材記事も合わせてご覧ください!
「優良事例1:東洋電装株式会社」

【取組アイデア6】多能工(マルチスキル)化 【再掲】取組解説(実践企業事例)PDF

1人で複数の業務や工程を遂行する技術を身につけた従業員のことを「多能工(マルチスキル)」と呼び、そうした人材を教育・訓練する仕組みを「多能工(マルチスキル)化」と呼びます。 

《県内の実践企業での主な成果》
  • 業務が集中する特定のスタッフの負担軽減や残業抑制ができたほか、チームワーク向上で、誰もが休みを取りやすい職場になった。
  • 新たなスキル・知識の習得による、従業員の育成やモチベーションアップにつながった。

実践企業への取材記事も合わせてご覧ください!
「優良事例1:株式会社ユニバーサルポスト」「優良事例2:二村自動車株式会社」

【取組アイデア7】組織全体での業務改善【再掲】取組解説(実践企業事例)PDF

仕事は部署間の連携で成り立っており、業務改善において大切な視点が「全体最適」の考え方です。組織全体の流れを止めているボトルネックとなる業務や部署を探し出し、そこに必要な手を打つことで、全体最適化を図ります。これにより作業待ちの待機時間が減り、時短や生産性の向上につながります。

《県内の実践企業での主な成果》
  • 横串委員会で部署を超えた業務上の問題を見える化し、工程や役割分担等を改善することで、受注から納品までの流れがスムーズになった。

実践企業への取材記事も合わせてご覧ください!
「優良事例1:テクノス三原株式会社」

【取組アイデア8】減らす業務の見える化【再掲】取組解説(実践企業事例)PDF

単に残業時間を制限するだけでは、重要業務に充てる時間まで削減されてしまいがちです。本質的な業務改善を伴わないノー残業デー等の取組は、短期的に成果が出たとしても、長期的には形骸化する場合もあります。ここでは、業務時間を可視化することで、「無駄な時間」や「確保すべき時間」を整理する手法を紹介します。

《県内の実践企業での主な成果》
  • 予定と実績時間で大きな乖離がある業務の可視化を契機に、個人やチームが日々の効率的な仕事プロセスを考える習慣づけができた。

実践企業への取材記事も合わせてご覧ください!
「優良事例1:株式会社ユニバーサルポスト」「優良事例2:株式会社マエダハウジング」

【取組アイデア9】業務分析による効率化【再掲】 取組解説(実践企業事例)PDF

見直しが必要な業務の実態を客観的に把握し、業務改善につなげる手法のことを「業務分析」と言います。ここでは、業務タスクの洗い出し・偏りの分析から時間の使い方を戦略的に見直す「重要度・緊急度のマトリクス分析」と、課題の根本原因を絞り込む「要因分析」の解説、取引先のランク付けから訪問内容を見直す「ABC分析」の実践事例を紹介します。

《県内の実践企業での主な成果》
  • 営業活動の優先順位を明確化して訪問計画を見直すことで、重要顧客との商談時間を多く確保できるようになった。

実践企業への取材記事も合わせてご覧ください!
「優良事例1:株式会社体育社」

【取組アイデア10】仕組み化(標準化)【再掲】取組解説(実践企業事例)PDF

いつ、どこで、誰がやっても同じ成果が出せるような手法やプロセスを構築することが「仕組み化」のポイントです。定型業務を誰でもできるようにしておくこと(標準化)は、コスト削減につながるだけでなく、急な従業員の退職や取引量の増減にも対応できるため、事業を安定的に行う上でも必要不可欠な施策です。

《県内の実践企業での主な成果》
  • 顧客ニーズの高いリフォーム内容のパッケージ化で、標準提案レベルが均一化され、経験の浅い従業員でも高品質なリフォーム提案が可能になった。
  • 生産工程での作業マニュアル作成等による標準化で、一部の従業員に偏っていた負担が軽減され、安定した生産供給体制が図れた。

実践企業への取材記事も合わせてご覧ください!
「優良事例1:株式会社マエダハウジング」「優良事例2:株式会社ポップジャパン」

【取組アイデア11】働き方に関する個別面談の実施【再掲】取組解説(実践企業事例)PDF

ライフスタイルや価値観の多様化に伴い、従業員の働き方に対するニーズも変化しており、従業員それぞれの置かれた状況等に応じた個別支援が求められています。それは単に長時間労働を是正するだけでなく、「若手」や「女性」、「育児・介護等との両立者」といった個々の状況等に応じた「個のマネジメント」への切替えを意味しています。

《県内の実践企業での主な成果》
  • 個別面談により、残業の発生要因が把握できたことで、チーム内での協力体制の改善や計画的な教育を行いやすくなった。

実践企業への取材記事も合わせてご覧ください!
「優良事例1:テクノス三原株式会社」

ページの先頭へ

時間・場所等の多様な働き方

【取組アイデア1】多様な働き方の推進取組解説(実践企業事例)PDF

従業員が「時間」や「場所」といった従来の枠組みにとらわれることなく、個々の状況やライフスタイルに応じて自ら働き方を選択できる『多様な働き方』を推進している企業では、従業員のワーク・ライフ・バランス確保とともに、人材の確保・定着、従業員のモチベーションや労働生産性の向上といった効果が生じています。

《県内の実践企業での主な成果》
  • 勤務シフトで従業員自らが「夜勤専任型」「従来型」「ワーク重視型」を選択できる制度を導入したことで、従業員の満足度が高まった。

実践企業への取材記事も合わせてご覧ください!
「優良事例1:医療法人社団明和会」

【取組アイデア2】職場のフリーアドレス化取組解説(実践企業事例)PDF

職場内に従業員一人ひとりの固定席を作らず、働く席を自由に選ぶことができる仕組みを「フリーアドレス」と呼びます。プロジェクトや作業内容に応じて席を変更できることから、これまで席の離れていた関係者と容易にコミュニケーションがとれるようになるため、「頭」でなく「会話」の中から新たなアイデアの創出やコラボレーションの促進が期待されています。

《県内の実践企業での主な成果》
  • 営業部門で社内2拠点でのフリーアドレス化を導入したことで、顧客先への移動の短縮や、別拠点の生産部門との調整が容易になった。

実践企業への取材記事も合わせてご覧ください!
「優良事例1:株式会社ユニバーサルポスト」

【取組アイデア3】モバイルワークの導入取組解説(実践企業事例)PDF

移動中(交通機関の車内など)や顧客先、出張先等を就業場所とする働き方を「モバイルワーク」と呼びます。施設に依存せず、“いつでも・どこでも”仕事が可能な状態になるため、営業部門といった、所属オフィス外での業務が多い従業員にとっては特に有用です。

《県内の実践企業での主な成果》
  • 工務部でのモバイルワーク導入により、退社後に行っていた事務作業の一部を現場で行えるようになり、業務効率が高まった。

実践企業への取材記事も合わせてご覧ください!
「優良事例1:平和建設株式会社」

【取組アイデア4】在宅勤務(テレワーク)の導入取組解説(実践企業事例)PDF

「在宅勤務」は所属するオフィスに出勤せずに自宅で働く就業形態のことであり、テレワークの一形態でもあります。従業員の育児や介護との両立を支援するといった目的以外に、近年では、人手不足の中で「優秀な人材を採用したい」「辞めてもらいたくない」といった事情や、災害時の事業継続やリスク分散を目的として導入する企業もいます。

《県内の実践企業での主な成果》
  • 長時間労働に陥りやすい現場リーダー等を対象に、在宅勤務制度を導入することで、通勤に伴う肉体的負担を軽減できた。

実践企業への取材記事も合わせてご覧ください!
「優良事例1:東洋電装株式会社」

【取組アイデア5】フレックスタイム制の導入取組解説(実践企業事例)PDF

「フレックスタイム制」とは、従業員自身が一日の始業・終業時間を自由に決められる制度のことです。従業員自身が、仕事とプライベートの調整を図り、業務の状況に応じて労働時間を効率的に配分できることから、従業員満足度や業務効率の向上といった効果が期待できます。

《県内の実践企業での主な成果》
  • フレックスタイム制を半日単位の年休制度と併用することで、従業員それぞれが自身のライフスタイルに合せた勤務時間の選択が可能となった。

実践企業への取材記事も合わせてご覧ください!
「優良事例1:株式会社マイティネット」

ページの先頭へ

多様な人材の活躍

【取組アイデア1】若手の活躍推進 取組解説(実践企業事例)PDF

労働力人口が減少する中で、企業が事業活動を維持し発展させるためには、若手従業員が企業に貢献できる人材に成長できるよう、「育成」して「定着」を図ることが重要です。「採用」だけでなく、その後の「育成」や「定着」についても一貫性を持った取組が不可欠であり、これにより人材が育ち、組織が活性化していきます。

《県内の実践企業での主な成果》
  • メンター制度や社長との茶話会の開催で、若手従業員の悩みや不安を取り除いた結果、離職率が大幅に下がり、モチベーション向上につながった。

実践企業への取材記事も合わせてご覧ください!
「優良事例1:二村自動車株式会社」

【取組アイデア2】女性の活躍推進取組解説(実践企業事例)PDF

女性活躍推進の取組には、入り口段階の「採用」における男女の隔てのない優秀な人材の確保、出産や育児等のライフイベントに関わらず「就業継続」できる環境づくり、「能力開発・キャリアアップ」や「管理職登用」等の活躍できる仕組みの構築など、様々な角度からのアプローチが考えられます。ここでは一例として、広島県「働き方改革企業コンサルティング事業」でコンサルタントが支援した企業実践事例(就業継続)を紹介します。

《県内の実践企業での主な成果》
  • 育休マニュアル策定、育児等と両立しやすい新部署や相談窓口の設置により、女性従業員が出産後も働き続けることができる環境に改善できた。

実践企業への取材記事も合わせてご覧ください!
「優良事例1:株式会社体育社」

【取組アイデア3】高齢者の活躍推進取組解説(実践企業事例)PDF

労働力人口の減少や人生100年時代の到来により、企業内においても高齢従業員が増えています。こうした中で、高齢従業員に力を発揮してもらうためには、単に雇用を確保するだけでなく、モチベーションを高めてもらい、これまで以上に戦力になってもらうことが必要です。

《県内の実践企業での主な成果》
  • 若手従業員の育成役を担うマイスター制度の導入で、高齢従業員が誇りを持って仕事に取り組めるようになり、組織全体の技術力向上につながった。

実践企業への取材記事も合わせてご覧ください!
「優良事例1:平和建設株式会社」

【取組アイデア4】介護や治療との両立支援 取組解説(実践企業事例)PDF

高齢化や医療技術が進む中で、従業員における仕事との両立は「育児」だけでなく「介護」や「治療」へと広がってきています。両立している従業員が活躍できるためには、勤務時間だけでなく、健康面や業務内容など様々な側面での本人への支援が必要です。また、本人への支援だけでなく、周囲の理解とサポート意識の醸成も必要です。

《県内の実践企業での主な成果》
  • 柔軟な勤務を認める制度の導入と育成プログラムを組み合わせることで、対象となる従業員の技量が上がり、会社への貢献意欲も高まった。

実践企業への取材記事も合わせてご覧ください!
「優良事例1:株式会社ポップジャパン」

【取組アイデア5】コミュニケーションの活性化取組解説(実践企業事例)PDF

多様な人材の雇用や働き方が進む中で、企業内では、様々な事情や異なる価値観・考え方を持った人材が集まっており、お互いのことを理解し合うことが以前よりも難しくなっています。こうした中、コミュニケーションの活性化は、単に業務を円滑に進めるためだけでなく、多様な人材がその能力を発揮できる環境づくりのために求められています。

《県内の実践企業での主な成果》
  • 管理者層と従業員、部門間の距離を近づける仕掛けで、チームワークが好転し、付加価値事業への転換に向けた部署間連携の基盤ができた。
  • 駐在先勤務者等への訪問サポートや社内報の発行で、組織としての一体感を醸成でき、従業員から会社の方針・取組への共感が得られた。

実践企業への取材記事も合わせてご覧ください!
「優良事例1:株式会社ポップジャパン」「優良事例2:株式会社マイティネット」

ページの先頭へ

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)