このページの本文へ
ページの先頭です。

専門コンサルタントとともに働きがい向上に取り組む企業3社が決定しました(令和4年度働き方改革働きがい向上企業コンサルティング事業)

印刷用ページを表示する掲載日2022年7月7日

タイトル

県内企業の働き方改革を「働きやすさ」から「働きがい」へとステップアップするためのモデル事例創出プログラムである「働き方改革働きがい向上企業コンサルティング事業」に参加される県内中小企業3社を決定しました
※事業終了後,取組過程や成果を取りまとめ,来年度からモデル事例として発信していきます。

1 事業の目的

働き方改革の真の目的である企業の持続的な成長を実現する上で,全従業員が能力を最大限に発揮できる組織作りが非常に重要となります。こうした組織作りに不可欠なのが「働きがい」の向上です。
「働きがい」とは,従業員が所属する組織で働く価値を感じながら,意欲的かつ自律的に仕事に取り組むことができている状態を指します。
本事業は,県内企業の働き方改革を「働きやすさ」から「働きがい」へとステップアップするためのモデル事例創出プログラムです。「働き方改革実践企業認定制度」認定企業を対象にコンサルティングを実施し,働きがいの向上に取り組むことが経営上のメリットにもつながることを実証し,その取組内容と成果を公表することで、県内企業の「働きがい向上」に対する取組意欲を引き上げることを狙いとしています。

2 事業参加企業

対象

「広島県働き方改革実践企業(認定企業)」のうち,従業員が働きがいを感じて意欲的に働くことができる組織づくりに課題を感じ,かつ専門コンサルタントの指導・助言を受けて取り組むことに意欲のある企業。

(※公募により決定)

参加企業

 
  企業名 本社所在地
ベンダ工業株式会社 呉市
株式会社イシカワ 廿日市市
株式会社シンギ 広島市中区

3 専門コンサルタント(委託業者) 

株式会社ワーキンエージェント (広島市南区金屋町3-13)

(参考)株式会社ワーキンエージェントのホームページhttp://workin-agent.co.jp/wlb

4 事業実施期間 

令和4年4月~令和5年3月

 ※ 取組実績・成果(具体的な取組過程や創意工夫等を含む)を取りまとめ,来年度からモデル事例として発信 

このページに関連する情報

おすすめコンテンツ

この記事をシェアする

タイトル

hint