ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

広島県立みよし風土記の丘

概要説明

 三次盆地は古くから文化が開けた地域で、貴重な文化財が多く残っています。
 特に、古墳は広島県内の3分の1にあたる3,000基余りがこの地域にあり、中国地方有数の古墳密集地として著名です。なかでも※国史跡浄楽寺・七ツ塚古墳群は、当地を代表する古墳群として知られています。
 みよし風土記の丘は、この古墳群を中心とする約30ヘクタールの地域を広域的に保存し、歴史民俗資料館の資料と遺跡や文化財を一体的に公開しています。

 なお,風土記の丘の見学・散策の際は,できるだけ長袖・長ズボンを着用してください。

 ※史跡 浄楽寺・七ツ塚古墳群(昭和47(1972)年10月12日指定)
 なだらかな丘陵上に176基の古墳が群集し,中国地方で最大級の古墳群です。古墳群は途中で,南北二つに分かれ,北側の浄楽寺古墳群には116基,南側の七ッ塚古墳群には60基の古墳があります。円墳・方墳・前方後円墳・帆立貝形古墳(ほたてがいがたこふん)からなり,5~6世紀に築造されたと考えられます。古墳群の中には,遊歩道がありますから,そこを通ってご覧いただけます。

みよし風土記の丘

(●をクリックすると解説を見ることができます。)

ふどきの丘ウォーキングマップ風土記の丘の新しい楽しみかた。
自然豊かなこふんの森で健康づくりをしてみませんか
野鳥の森風土記の丘に季節に合わせてやってくるいろいろな野鳥を紹介します。

ふどきの丘 マップ