ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地ホットライン教育ひろしま > みよし風土記の丘・みよし風土記の丘ミュージアム > 国重要文化財 旧真野家住宅(昭和55(1980)年1月26日指定)

国重要文化財 旧真野家住宅(昭和55(1980)年1月26日指定)

概要説明

旧真野家住宅

 この住宅は,世羅郡世羅町にあったものを解体し,保存するため,移築・復原したものです。江戸時代のはじめ頃(17世紀中頃)の建築で,古い農家の姿をよくとどめています。
 柱は同じ太さの角材で,釿削り後,台鉋で仕上げられており,もとは長押はなく,厚鴨居を使うなどの古い形式を残しています。また,土間とおきまの間を板戸とこうし窓で仕切り,納戸も片引戸を使うなど,閉鎖性の強い構造になっていました。
 現状はその後の生活の変化に合わせて改造されたものでその状況を尊重して復原したものです。

けた行 14.9m はり幅 9m
面 積 134.1平方メートル(約40坪)

旧真野家住宅(室内)現状立体図・現状平面図
旧真野家住宅(室内)