ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

古代たたら跡

戸の丸山製鉄遺跡

古代たたら跡1

 この古代たたら跡は,庄原市濁川町で昭和61(1986)年に発掘調査が行われた,戸の丸山製鉄遺跡の製鉄炉を移築したものです。
 たたら製鉄は,主に砂鉄を原料に,木炭を燃料として土製の炉で鉄を作る製鉄法です。
 この製鉄遺構は,山の急斜面を削って造った約7.5m×5.5mの平坦面にあり,平坦面の中央に製鉄炉を,そこから両側に馬蹄形状の溝を造っています。
 製鉄炉は,78cm×55cm,深さ25cmの隅丸長方形の炉穴に木炭粉を混ぜた黒色土を埋め,その上に薄く砂をまいて,炉底としていました。炉底からは最後の操業の時残された炉内残留滓(ろないざんりゅうさい)も出土しました。また,穴の上半や内側は焼けて,赤くなっていました。
 炉穴の上には,「長方形箱形炉」と呼ばれる土製の炉が築かれていたものと思われます。
 戸の丸山製鉄遺跡は各種の年代測定法や形態から古墳時代後期(6世紀後半頃)と推定されています。

古代たたら跡2