ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

5 七ツ塚第9号古墳

 丘陵の北側斜面に築かれた全長29.5m(推定)の前方後円墳で,前方部を西に向けています。前方部は幅16m,高さ2.3m(北側),後円部は直径21m,高さ4.5m(北側)くびれ部は幅10.5mあります。
 急斜面に立地するため左右対称になっておらず,北半分が大きくなっています。墳丘のテラス(段)はないものの,後円部の北側中ほど以下の傾斜が緩くなっています。墳丘からは埴輪・葺石が見つかっています。

七ツ塚第9号古墳