ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

七ツ塚古墳群東群

 丘陵の頂上部から東に下った平坦面に集中して造られた10数基の円墳からなる支群です。
 この支群の中で最も大きい七ツ塚第40号古墳(直径26m,高さ3.6m)は2段に築かれ,周囲には周溝が巡っています。これに次ぐものは第43号古墳で,直径20m,高さ2.5mです。
 第42・48・49号古墳の埋葬施設は横穴式石室で,石室の規模は,幅1m前後,長さ8m前後と見られ,いずれも平野に向かって開口しています。現在は露出している天井石や側壁の一部を見ることができます。
 そのほか,第46号古墳からは鉄鉾が見つかっています。

七ツ塚古墳群東群