ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

移築石室・石棺

篠津原第3号古墳(横穴式石室)

 この古墳は,庄原市高町の丘陵斜面で発見・発掘調査されたものを移築・復原しました。
 直径約11m,高さ約1.5mの円墳で,埋葬施設の横穴式石室は花崗岩の切石を使って築かれていました。石室は長さ3.1m,幅1.2m,高さ1.2mの小型のもので,入口を南に向けて開いていました。
 発見された時には,すでに石室の前面が壊され,天井石は奥の一枚だけが残っていました。切石積みの横穴式石室は,広島県内では南部で数例みられますが,北部では初めての発見です。

県史跡 酒屋高塚古墳(竪穴式石室)

 この石室は,三次市西酒屋町の酒屋高塚古墳で発見・発掘調査されたものを移築・復原しました。石室は,石材を横積みにして築き,組み合せ式の木棺を安置した後,天井石をのせて閉鎖されていました。室内には死者とともに鉄剣や玉類(勾玉・小玉)が副葬されていました。

酒屋高塚古墳

宗祐池西遺跡(箱形石棺)

 この箱形石棺は,三次市南畑敷町宗祐池西側の南向きの丘陵斜面で発見・発掘調査されたものを移築・復原しました。
 石棺は小さな割石を横にわたして,蓋をしたものです。その構造は,板石を立てた箱形石棺とは異なり,側壁の積み方が竪穴式石室によく似ているのが特徴です。

宗祐池西遺跡(箱形石棺)