ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地ホットライン教育ひろしま > 広島県学校教育研究団体連絡協議会 > 広島県高等学校教育研究会 人権教育部会

広島県高等学校教育研究会 人権教育部会

広島県高等学校教育研究会 人権教育部会

 会長 米原 真弓(庄原特別支援学校) 

 事務担当 見田 純子 

 連絡先 0824-72-5111

組織

会則

研究の目標等

達成目標

評価指標

H28
実績値

H28
目標値

【部会の運営と組織の活性化】
地区を中心とした研究推進体制をとり,計画的に研究活動を実施し成果を積み上げる。

人権教育部会5地区で研究授業を実施

5地区

5地区

研究成果のホームページ公開と,研究成果物の作成

HP公開

HP公開

【人材育成】
人権教育の指導の在り方や方法について理解を深める。

研究授業への延べ参加人数

163人

170人

人権教育の視点を取り入れた研究授業をとおして,理解を深めた教員の割合(参加者アンケートの結果)

98%

90%

【授業力向上】
人権尊重の理念を正しく理解,体得させる各教科等の指導案例を作成する。

人権教育の視点を取り入れた指導案の作成数

5例

5例

研究の内容及び方法

1 県内5地区において研究授業を開催し,人権教育もしくは道徳教育の指導の在り方について研究協議を行うとともに,指導主事を招聘し指導・助言を受ける。

2 総会において,外部講師を招聘し,人権教育において育むべき感性・人権感覚を高める参加体験型学習やコミュニケーション技能などについて研修会を開催し,教職員の理解を深めるとともに資質の向上を図る。

3 総会や地区別研究会において,人権教育の実践発表を行い,参加者による研究協議を行うことで,有効な手立てや情報の共有化を図る。

4 人権教育部会として,「学びの変革」の視点を取り入れた指導案を作成,公表する。

具体的な研究活動

1 総会・研究会

日時:平成28年8月23日(火)13:30~16:30

実施会場:県立忠海高等学校

開催要項 (Wordファイル)(21KB)

(1) 実践発表 県立佐伯高等学校 教諭 森本 邦生 

題目:「人権感覚を育てる授業づくり -人権教育研究指定校としての取組を通して-」

(2) 講演 

講師:東京大学 大学総合教育研究センター 大学発教育支援コンソーシアム 特任助教 齊藤 萌木

演題:「一人ひとりの学ぶ力を引き出す授業のデザイン」

講師資料 (PDFファイル)(569KB)

内容
・子どもたちが「自分の頭で自主的に考える」授業とは
・協調的な学びを組織する授業づくりとは
・知識構成型ジグソー法とは
・単元における活用の一例(演習)

※演習用資料(1) (PDFファイル)(352KB),(2) (PDFファイル)(442KB),(3) (PDFファイル)(254KB)

 子どもたちが「自分の頭で自主的に考えられる」協調学習の授業づくりを実践的に研究している大学発教育支援コンソーシアム推進機構(CoREF)の齊藤先生による,知識構成型ジグソー法の学習原理についての講演であった。これからの時代に求められる学力を身に付けさせるための授業の方法原理について講義された。この講演を通じて,参加者は「他者と協働しながら創造する授業」「多様性が尊重される授業」「チームワークやコミュニケーション技能を育成する授業」など,複数の視点から模擬授業を分析し,その意義を確認することができた。このことは,他者を尊重する態度や能動的な傾聴の姿勢を育成したり,適切なコミュニケーション技能を育てることにつながり,人権感覚を育成することにつながるものである。また,これらの成果を基にして,「広島版『学びの変革』アクション・プラン」が目指す,学習者基点・主体的能動的・深い学び等について協議することもできた。

(3) 講評 広島県教育委員会事務局 豊かな心育成課 人権教育係 指導主事 大平 剛生

・単元や授業の中で「自分を大切にしている生徒とは」「他者を大切にしている生徒とは」「共に生きる生徒とは」と目指す生徒の姿を具体的に描き,指導の工夫をすることの重要性について
・佐伯高校の取組を踏まえた「自分を大切に,他人を大切にして共に生きる」授業づくりの工夫について

資料
人権教育及び人権啓発の推進に関する法律(平成12年) (Wordファイル)(22KB)
広島県人権教育・啓発指針(平成14年) (Wordファイル)(32KB)
広島県人権教育推進プラン(平成14年) (Wordファイル)(31KB)

2 地区研究会

各地区研究会一覧
地区名日時会場教科等資料等
広島地区支部研究会平成28年10月19日(水)広島県立佐伯高等学校数学B「階差数列」学習指導案等 (PDFファイル)(166KB)
呉地区支部研究会平成28年10月11日(火)広島県立呉商業高等学校科学と人間生活「プラスチックとその利用」学習指導案等 (PDFファイル)(264KB)
尾三地区支部研究会平成28年11月11日(火)広島県立忠海高等学校国語総合「城の崎にて」

学習指導案 (PDFファイル)(143KB)

ワークシート (PDFファイル)(193KB)

三次地区支部研究会平成28年11月22日(火)広島県立庄原特別支援学校総合的な学習の時間「国際理解2」学習指導案等 (PDFファイル)(274KB)
福山地区支部研究会平成28年11月2日(水)広島県立神辺高等学校保健「医薬品と健康」学習指導案等 (PDFファイル)(233KB)

「学びの変革」アクションプランとのかかわりについて

広島県教育委員会は平成26年12月に広島版「学びの変革」アクションプランを策定しました。この中で,「学び続ける」ためのコンピテンシーの4要素「知識」,「スキル」,「意欲・態度」,「価値観・倫理観」が示され,好循環を引き起こすよう指導することが求められています。このことを踏まえ,人権教育では,基本的人権等の「知識的側面」だけでなく,「自己への肯定的な態度」等の「価値的・態度的側面」や「共生・共感」「適切なコミュニケーション技能」等の「技能的側面」をバランスよく育成し,日常生活と関連付け活用・挑戦させて,自分を大切にし,他人を大切にし共に生きる児童生徒の育成を目指しています。

広島版「学びの変革」アクション・プラン (PDFファイル)(528KB)

人権教育を通じて育てたい資質・能力(「第三次とりまとめ」より) (PDFファイル)(192KB)

その他

ヒューマンフェスタ2016ひろしま「いじめ防止実践発表会」

日 時:平成28年12月4日(日)13時00分~14時40分
場 所:広島県民文化センター 5階 サテライトキャンパスひろしま 大講義室
テーマ:「一人一人の命を大切に ~いじめ防止・撲滅の取組~」

チラシはこちら (PDFファイル)(1.97MB) 当日配付資料はこちら (PDFファイル)(493KB)

会場の様子

発表校
県立庄原特別支援学校

発表の概要
私たちは,庄原市にある国営備北丘陵公園のすぐ隣にある,全生徒84名の特別支援学校です。にこにこ,のびのびと,こつこつと,いじめのない安心して楽しく過ごすことができる学校になるよう,生徒会が中心となり「学校生活10の約束」をつくり,生徒みんなのルールにするために取り組んだ内容を発表します。

発表の様子

庄原特支

府中町立府中北小学校

発表の概要
私たちの学校は,府中町の北西部にある,自然に囲まれた緑豊かな学校です。今日は,学校全体で進めている,児童同士が支え合うピアサポートの活動を中心に,一人一人が大切にされ,いじめのない学校にしていくための取組を発表します。

発表の様子

府中北小

福山市立精華中学校

発表の概要
私たちの精華中学校は,福山市内の西部,沼隈半島にあります。私たちは,いじめがなくお互いを尊重し合える学校を目指しています。いじめを学校からなくすためには,生徒一人一人が自分の立場で何ができるのかを考えなくてはなりません。今日は,図書委員が中心となって行っている取組について,劇を交えながら発表します。

発表の様子

精華中

県立佐伯高等学校

発表の概要
佐伯高等学校は全校生徒が81名の全日制普通科高等学校です。生徒同士の仲がとてもよく,全員,勉強に部活動に頑張っています。私たちは,いじめを未然に防ぐためには,高校の中だけでなく,地域の小学生,中学生,佐伯地域に住む人たちが日常の生活の中で「自分を大切にし,他者を大切にする」心を自然に態度や行動に表し声を掛け合う関係づくりが大切だと考えています。今日は,高校での日頃の取組と地域とかかわりを深める取組について発表します。

発表の様子

佐伯高

講 評:高知大学 大学教育創造センター 特任准教授 杉田 郁代 先生

講師講評

Adobe Readerダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

このページがお役にたちましたら、下のいいねボタンを押してください。