ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

広島県高等学校教育研究会 養護部会

広島県高等学校教育研究会 養護部会 

 会長 米原 正人(広島県立広島西特別支援学校長)

 事務担当 森田由美子

 連絡先 0827-57-1000

組織

会則

 研究目標等

 【達成目標1】

健康課題解決に向けて自ら行動できる児童生徒を育成する。
・評価指標
(1)自らの健康課題を認識できた児童生徒が80%以上となった。
(2)健康課題解決に向け主体的に行動できた児童生徒が60%以上となった。

【達成目標2】

児童生徒の健康課題に的確に対応するための専門的な知識と技能の向上を図る。
・評価指標
優れた実践を学び自校の保健指導に活かした養護教諭が90%以上となった。

研究の内容及び方法

・「健康課題解決に向けて自ら行動できる児童生徒を育成する」という目標達成に向けて,保健管理領域における課題解決に向けた研究仮説を立て,その成果を実践によって検証していく。
・研究大会や地区活動における研究及び研修会,各校との情報交換,県教育委員会との連携を図ることにより,学校保健の推進に取組む。
1 研究大会の実施
 各地区支部代表による研究成果についてのポスターセッションを実施し,意見交流をする。また,講演会を開催し,養護教諭の資質向上に努める。
2 研究委員会の開催
 研究委員会を年3回開催し,各地区の活動内容や情報の共有化を図り,各地区支部の研究内容及び評価指標等について協議,検証する。また担当指導主事と連携を図り,指導助言を得る。
3 各地区支部における研究活動
 各地区において児童生徒の健康課題を明確化し,課題解決に向け自ら行動できる児童生徒を育成するため,発達段階に合わせた保健指導を実施し,児童生徒の健康行動がどのように変容したか検証していく。
4 具体的な研究内容
 昨年度の研究に引き続き,個別の保健指導又は同じ健康課題を持つ小集団における保健指導を実践し,主体的に行動できる児童生徒の育成を目指す。また,各研修会等で優れた実践を学び,自校の保健指導に活かすことも目標とする。

具体的な研究活動

1 第18回広島県高等学校教育研究会養護部会総会及び研究大会
(1)期日:平成29年7月28日(金)
(2)場所:JMSアステールプラザ
(3)内容
ア ポスターセッション
テーマ「健康課題解決に向け主体的に行動できる児童生徒を育成する保健指導の在り方」
Ⓐ【広島中地区支部】主体的に応急手当てができる生徒の育成を目指して
Ⓑ【広島西地区支部】食物アレルギーのある児童生徒の指導を通して
Ⓒ【広島北地区】月経異常の生徒への保健指導
Ⓓ【広島東地区支部】心理的要因を含んだ来室者への個別保健指導
Ⓔ【呉地区支部】睡眠リズムを中心とした生活習慣の改善を目指して
Ⓕ【尾三地区支部】保健室来室生徒のメンタルヘルスへのアプローチを通して
Ⓖ【福山地区支部】コンタクトレンズの安全な使用を目指した個別の保健指導
Ⓗ【三次地区支部】適正に視力矯正をしようとする生徒の育成を目指して
指導助言者
広島県教育委員会事務局教育部
豊かな心育成課 健康教育係 指導主事 西川 幸恵

イ 講演
演題 「子どもたちの多様な性のあり方に向き合うために~学校体制の確立に向けて~」
講師 公益財団法人岡山県健康づくり財団 岡山県健康づくりセンター長 関 明穂
(4)成果
・ポスターセッションは,少人数で意見交換が活発にできたという感想が多かった。発表者も限られた時間でより理解してもらえるように事前準備や発表内容・方法を工夫し,プレゼンテーション力の向上にもつながる良い機会となり,有意義な研修となった。
・講演は,「子どもたちの多様な性のあり方」について「多様性」というキーワードで,一人ひとり子どもによっても同じではなく,一人の子どもの中でも気持ちが葛藤し様々であることを学んだ。そうした子どもたちに向き合うため,教職員としての対応や,多様な性のあり方を尊重していこうとする環境を整えるという学校体制の確立について学んだ。アンケート結果では,「良い」「概ね良い」の回答が93.2%であった。
(5)参加者数:65名

研究成果

広島東地区 実績報告書(PDFファイル) (PDFファイル)(187KB)

その他

1 各地区支部研究活動
研究テーマ:「健康課題解決に向け主体的に行動できる児童生徒を育成する保健指導の在り方」
【広島中地区支部】
応急手当の正しい知識や実践力を身に付け,適切な手当ができる生徒の育成。さらに身近な場面で外傷が起きた時に,自ら率先して手当やサポートが行える,リーダー的な役割ができる児童生徒の育成を目指した保健指導の在り方。
【広島西地区支部】
学校の管理体制の整備を行う。食物アレルギーを持つ生徒が,アレルギーに対して自己管理することができる保健指導の在り方。
【広島北地区支部】
自分の月経の状態・問題を自覚し,将来に向け月経と上手に付き合う生活行動を進んで実践できる生徒の育成を目指した保健指導の在り方。
【広島東地区支部】
心理的要因を含んだ来室者が,体調不良の背景に心理的要因が含まれていることに気付き,自分自身で主体的にストレスマネジメントをしようとする生徒の育成を目指した保健指導の在り方。
【呉地区支部】
睡眠を中心とした生活習慣を見直し,自ら主体的に生活習慣を改善していこうとする児童生徒の育成を目指した保健指導の在り方。
【尾三地区支部】
生徒が健康課題を認識し,心身の成長や保持増進において望ましい生活の在り方やコントロールについて理解し,自ら管理していく能力の育成を目指した保健指導の在り方。
【福山地区】
コンタクトレンズの使用に問題のある生徒を対象に,正しい管理・使用方法を身に付けさせ眼のトラブルを予防する行動をとることができる,万が一トラブルが起きた時に適切な対処ができる生徒の育成を目指した保健指導の在り方。
【三次地区支部】
視力検査後,C以下と判定された生徒(裸眼,矯正ともにC判定がある生徒で,両眼はもちろん片眼でも左右いずれかにC判定がある生徒)に対し,個別の保健指導を行い,眼科受診につなげる。

前年度の研究成果

・平成29年3月に,研究集録「養護」第17号を発行した。

Adobe Reader外部リンク

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする