ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

広島県高等学校教育研究会 通信制部会

広島県高等学校教育研究会 通信制部会 

会長 冨永六郎(広島県立西高等学校)

事務担当 村上 剛(広島県立西高等学校)

連絡先 082-241-8966(広島県立西高等学校)

組織

会則

研究の目標等

・通信制課程には多様な生徒が在籍し,生徒のニーズも多様である。生徒の多様なニーズに応えるためには,生徒理解を深め,通信制の今後を見据えた研究や実践が重要である。本県の通信制課程においては,キャリア教育を基盤に生涯にわたって主体的に学びを継続する高い志を持った生徒を育成するために,基礎・基本の定着と進路実現に向けたきめ細かな学習支援に取り組むとともに,安全で安心して通える学校づくりを進めている。

・そこで,「通信制における多様な生徒に対して,基礎・基本の定着と進路実現に向けた様々な取組を行えば,生徒が意欲的に学校生活を送るようになり,通信制教育を充実させることができる。」を研究主題として実践する。

・研究の目標としては,「学びの変革」アクションプランに基づき,主体的・対話的で深い学びの推進を目指して,言語活動の充実に取組み,ICT機器等を効果的に用いた面接指導の取組,及び生徒が主体的・計画的に自学自習に取り組める添削指導の工夫や改善(レポート改善)に向けた取組を実践する。

研究の内容及び方法

(1)多様な生徒の実態と現状を正確に把握するとともに,教育課程の検討や教科指導(特に添削指導)の研究を行い,生徒の要望に応えられる教育内容を創造する。

ア 「『学びの変革』アクションプラン」について,全教員が理解を深め,主体的に学ぶことの出来る生徒を育成するにはどのような取組を行えばよいかについて,校内研修を実施する。

イ 「レポート改善」について,「ICEモデル」を活用した段階的な活動に主眼を置いた学習計画を立て,添削指導と面接指導を両輪として,学ぶ楽しさや喜びを感じられる主体的な学びを促すものになるよう取り組む。

ウ 公開研究授業の実施はもちろん,可能な限り,学校公開・公開授業を行うことにより,会員同士の情報交換・情報共有の場を持つ。

エ  生徒の年度末の単位修得率の向上を評価指標の中心に据え,面接指導・添削指導・レポート作成等の教育研究の充実を図る。

オ 特別支援教育の視点に立った教育の推進や基礎・基本の定着に向けたきめ細かな学習支援などへのアプローチを行う。

カ 多様な生徒の課題を正確に把握し,その対応の工夫や改善を進め,進路指導の推進を図り,進路実現に向けた取組を開始する時期を計画的に進め,進学や就職に向けて早い時期からの取組を行う。

(2)県教育委員会の指導のもとに研究を進める。また,第69回全国高等学校通信制教育研究会総会並びに研究協議会に参加し研修を深める。

具体的な研究活動

1 平成29年度広島県高等学校教育研究会通信制部会総会並びに研究大会

(1)期日:平成29年10月25日(水)

(2)会場:広島県立東高等学校

(3)目的:多様な生徒の実態と現状を正確に把握し,生徒のニーズに応えるために新学習指導要領に基づく教育課程の検討や教科指導の研究を行い,生徒の要望に応えられる教育内容を創造する。

ア 講演(協議中)

イ 研究発表

発表者 広島県立西高等学校 教諭 山中 真悟

ウ グループ協議(教務・進路指導・生徒指導・学びの変革各部会)

エ 質疑応答・情報交換

2 公開研究授業

(1)西高等学校

ア 期日:平成29年12月10日(日)

イ 会場:広島県立西高等学校

ウ 授業者:広島県立西高等学校 教諭 山中 真悟(理科)

(2)東高等学校

ア 期日:平成29年12月17日(日)

イ 会場:広島県立東高等学校

ウ 授業者:(調整中)

研究成果(平成29年度)

(1)多様な生徒の実態と現状を正確に把握するとともに,教育課程の検討や教科指導(特に添削指導)の研究を行い,生徒の要望に応えられる教育内容を創造する。

 昨年度に引き続き,「広島版『学びの変革』アクション・プラン」に基づき,自校の「目指す生徒像」「育てたい生徒像」を明確にし,生徒の基礎・基本的な学びに加え主体的・能動的で深い学びにつなげるための取組・工夫を推進した。すべての教科において,生徒の思考力・判断力・表現力を育むレポートづくりに取り組むとともに,能動的な学び,学習者基点の学び,深い学びを中心に据えて,授業づくりに取り組んだ。

 10月25日(水)には,広島県高等学校教育研究会通信制部会研究大会において,「学校適応を促すための,心を耕す通信制の授業づくり」と題して,広島県立西高等学校 山中 真悟教諭が研究発表を行った。参加者からは,「生徒自らが課題を設定する際の具体例が示されていることにより,生徒の学習意欲向上につながる」と講評であった。

 さらに,本研究大会のグループ協議において,教務・進路指導・生徒指導・学びの変革に関わり,各校の取組状況等について協議した。昨年度から,この研究会には,中国地区高等学校通信制教育研究会所属校からも参加していただいており,今年度は,岡山県立岡山操山高等学校教員も参加者に加わっていただき,活発な意見交換を行った。

 講演では,講師として広島県危機管理監 減災対策推進担当 藤谷 吉秀 担当課長を招へいし,「広島県『みんなで減災』県民総ぐるみ運動について」という演題で御講話をいただいた。「家庭総合の教科指導や学校安全に関する取組に非常に参考になった」と参加者からも好評であった。

 広島県高等学校教育研究会通信制部会としての公開研究授業は,次の内容で実施した。

・12月10日(日)広島県立西高等学校公開研究授業 山中 真悟 教諭(理科)

参加者=17名

指導助言者 広島県教育委員会高校教育指導課 長岡 毅 指導主事

・12月17日(日)広島県立東高等学校公開研究授業 大宮 和男 教諭(情報)

参加者=13名

指導助言者 広島県教育委員会高校教育指導課 吉屋 晋二 指導主事

 (2)県教育委員会の指導のもとに,第69回全国高等学校通信制教育研究会総会並びに研究協議会(全通研島根大会)に参加し研修を深めた。

・全通研島根大会への参加 広島県から 20名

 (3)次年度に向けた研究活動の課題

【今年度の成果】

 来年度の「広島版『学びの変革』アクション・プラン」全県展開を見据え,各校において,すべての教科において,生徒の思考力・判断力・表現力を育むレポートづくりに取り組むとともに,能動的な学び,学習者基点の学び,深い学びを中心に据えて,授業づくりに取り組むことができた。

【次年度に向けて】

〇引き続き,すべての教科において,生徒の思考力・判断力・表現力を育むレポートづくりに取り組むとともに,能動的な学び,学習者基点の学び,深い学びを中心に据えて,授業づくりに取り組む。

〇生徒の年度末の単位修得率の向上を評価指標に据え,面接指導・添削指導・レポート作成等の教育研究の充実を図る。

〇在籍者の一人でも多くの生徒が卒業するよう,これまでの取組をより一層充実させ,単位修得率の向上をめざしていく。

〇多様な生徒の課題を正確に把握し,その対応の工夫や改善を進め,進路指導の推進を図り,進路実現に向けた取組を開始する時期を計画的に進め,進学や就職に向けて早い時期からの取組を行う。

〇公開研究授業の実施はもちろん,可能な限り,学校公開・公開授業を行うことにより,会員同士の情報交換・情報共有の場を持つ。

〇「広島版『学びの変革』アクション・プラン」を踏まえ,校内のすべての活動の中で,「主体的・対話的で深い学び」を実現するにはどうすれば良いかについて協議していく。

 その他

1 第69回全国高等学校通信制教育研究会総会並びに研究協議会島根大会

(1)期日 平成29年6月14日(水)~16日(金)

(2)場所 島根県民会館

(3)全通研「通信制教育宣言」

全通研は通信制教育に携わる全ての人々とともに,通信制教育のさらなる充実と発展をめざして取り組んでいくことをここに宣言します。

ア 「生徒に不誠実な教育は教育ではない」という立場から,学ぶ人の心身の成長に資する正しい高等学校通信制教育を実現する。

イ 学びは希望そのものであるという理念のもと,先達が灯し続けてきた希望の光を,学びを求めるすべての人々に届けるよう努力する。

ウ 社会情勢の変化と情報通信技術の進歩を積極的に受け止め,一層の教育研究を重ね,常に時代に即応した新しい教育の実践に挑戦する。

2 第70回全国高等学校通信制教育研究会総会並びに研究協議会

(1)期日 平成30年6月13日(水)~15日(金)

(2)場所 ひめぎんホール(愛媛県県民文化会館)

Adobe Reader外部リンク

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする