ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

広島県高等学校教育研究会 工業部会

広島県高等学校教育研究会 工業部会

会長 唐立 慎二(広島県立広島工業高等学校)

事務担当 山本 博之(広島県立広島工業高等学校)

連絡先 082-254-1421(広島県立広島工業高等学校)

リストマーク組織

リストマーク会則

 研究の目標等

1 夏季研究協議会・学科主任等研修会の開催
 (1)達成目標
技術改革に対応するため,会員が技術・技能の向上に努めている。
 (2)評価指標
企業の方等の講演を聞いたり,研究発表・実践発表等の研修を受けるなど,技術・技能の向上に努めている会員の割合。(加盟校学科数の参加学科の割合)
2 小部会での研究授業・技術研修会の実施
 (1)達成目標
生徒のニーズ・社会情勢に対応するため,会員が授業改善に取り組んでいる。
 (2)評価指標
研究授業や技術研修会等での研修内容を活かし,「思考力・判断力・表現力を育成し,問題解決能力を高める授業づくり」を行い,自らが課題を見付け解決することができたと実感した生徒の割合。(授業アンケートによる)
3 技術研修会及び機関誌「第60号広島工業教育」の発刊
 (1)達成目標
教職員が技術・技能の伝承に努めている。
 (2)評価指標
向上した自らの技術・技能を授業等で活用することによって,生徒に主体的に学習に取り組む態度が現れ,もっと知りたいと思った生徒の割合。(生徒へのアンケートによる)

 研究の内容及び方法

1 夏季研究協議会の開催
・企業経営者あるいは大学教員等による講演会,会員による研究発表,指導主事による指導助言
2 各小部会における公開研究授業の実施
・学習指導案の作成,事前検討会の開催,研究協議,指導主事,指導教諭による指導助言等
3 各小部会における技術研修会の開催
・熟練技能者等による技能講習
4 各小部会における統一実習指導書等の整理
・統一実習指導書の整理に向けての検討会の開催,研究協議
5 技術・技能の伝承
・統一実習指導書による研修会
6 学科主任等研修会の開催
  ・企業経営者あるいは大学教員等による講演会,指導主事による講話,他校との情報交換等
7 機関誌「第60号広島県工業教育」の発行
・研修の報告,研究の報告等

 具体的な研究活動

1 夏季研究協議会
 (1)期日:平成29年7月28日(金曜日) 広島市 参加人数75人
 (2)講演
「モデルベース開発~その意義と広島地域での取り組みのご紹介~」
マツダ株式会社 R&D技術管理本部 産学官連携事務局 主幹 村岡   正 氏
 (3)研究発表・報告
『技能後継者不足を補う取組みについて』 広島県立広島工業高等学校1沖野 浩明
『平成28年度教員長期研修報告』1広島県立三次青陵高等学校1神本 竹士
『地域貢献活動に繋げた「ものづくり」とその成果』 広島県立宮島工業高等学校1高山 昌秀
『エコアクション21の取組を通して』 広島県立福山工業高等学校1得能 邦明
『都市システム科の資格取得について』 広島県立府中東高等学校 岡野 有彦
 (4)部会・各小部会・委員会報告
2 学科主任等研修会11月22日(水曜日) 広島県立総合体育館 中会議室 参加人数 62人
(1)講演
・広島県教育委員会事務局 教育部 高校教育指導課 指導主事 中村慎吾
「主体的な学びを促す」学習指導案の見直しから始める授業改善」
・岡山大学大学院 環境生命科学研究科 社会基盤環境学専攻 教授 西山 哲 氏
「第4次産業革命に向けた技術者教育の変革―ドローン産業から見た人材教育の変革―」
3 小部会における研究授業・技術研修会

研究成果

1 技術改革に対応するため,会員が技術・技能の向上に努めている。
会員対象の技術・技能の向上に役立てる研修会として夏季研究協議会を実施した。この研修会は,研究発表・報告5本と「モデルベース開発~その意義と広島地域での取り組みのご紹介~」と「社会人基礎力の演題のもと,講演を行い,会員は意欲的に研修に参加した。
また,学科主任等研修会では,講義・演習 「「主体的な学びを促す」学習指導案の見直しから始める授業改善」においては,授業改善に向けた具的な取り組み等について研修を行った。
講演 「第4次産業革命に向けた技術者教育の変革-ドローン産業から見た人材教育の変革-」では,ドローンの活用事例及びドローン操縦者育成システムを拝聴することにより,多数の会員が研修で学んだ内容を授業で生かすことができた。
2 生徒のニーズ・社会情勢に対応するため,会員が授業改善に積極的に取り組んでいる。
各小部会における研究授業及び技術研修会を受け,「思考力・判断力・表現力を育成し問題解決能力を高める授業づくり」を目標に掲げ,各小部会で取組んだ。会員が「学びの変革アクションプラン」に基づいた授業づくりを意識し,生徒自らが課題を見付け解決できるように,授業の工夫改善を行っている。
3 教職員が技術・技能の伝承に努めている。
各小部会において,会員が必要とする技術研修会を開催した。研修後のアンケート結果より,「指導案の視点を考えることが出来た」,「ツールを使いこなす人材育成が必要」,「指導案の指導ができるようになった」等スキルアップした会員が95%であった。評価指標を「技術研修会等に参加し,向上した自らの技術・技能を授業等で活用することによって,生徒に主体的に学習に取り組む態度が現れ,もっと知りたいと思った生徒の割合。」とした。本時のねらいを明確に示した授業を展開したところ,アンケート結果は「授業に興味・関心を持った」98%,もっと知りたいと思った」90%となり生徒の学習意欲に変容が現れた。会員が技術研修会等で身に付けた技術・技能を授業等に取り入れ,活用した結果であると考える。

その他

1 第63回中国地区高等学校工業教育研究会広島大会
(1)平成29年7月24日(月曜日)・25日(火曜日) ピュアリティまきび
(2)内容 中央情勢報告,総会,講演,課題別分科会,部会別研究協議会等
2 第27回全国産業教育フェア秋田大会(さんフェア秋田2017)
(1)平成29年10月21日(土曜日)22日(日曜日) 秋田県民会館,秋田県立体育館等

前年度の研究成果

1 技術改革に対応するため,会員が技術・技能の向上に努めている。
会員対象の技術・技能の向上に役立てる研修会として夏季研究協議会を実施した。この研修会は,研究発表・報告5本と「実用化されてゆく新技術を活用して事故ゼロ社会へ!Itsで安全運転」の演題のもと,講演を行い,会員は意欲的に研修に参加した。
また,学科主任等研修会では,講義 「広島版(学びの変革アクションプラン)」,「ものづくり人材育成日本一プロジェクト」においては,授業改善に向けた具的な取り組み等について研修を行った。
講演 「マツダの技能系人材育成について」では,企業の,チームとして目標達成における取組を拝聴することにより,多数の会員が研修で学んだ内容を授業で生かすことができた。
2 生徒のニーズ・社会情勢に対応するため,会員が授業改善に積極的に取り組んでいる。
授業に当たっては,生徒同士の意見交換や学び合いなどのグループ学習,発表などの言語活動の充実を図った学習活動を取り入れるなど工夫改善を行っている。また,各小部会における研究授業及び技術研修会を受け,「思考力・判断力・表現力を育成し,問題解決能力を高める授業づくり」を目標に掲げ,各小部会で取組んだ。会員が「学びの変革アクションプラン」に基づいた授業づくりを意識し,研究授業に積極的に参加し研修を深めた。
3 教職員が技術・技能の伝承に努めている。
各小部会において,会員が必要とする技術研修会を開催した。研修後のアンケート結果より,「技術が新たに習得できた」,「技術の再確認ができた」,「授業で指導ができるようになった」等スキルアップした会員が95%であった。評価指標を「技術研修会等に参加し,向上した自らの技術・技能を授業等で活用することによって,生徒の学習意欲に変容が現れたと感じた割合」とした。本時のねらいを明確に示した授業を展開したところ,アンケート結果は「授業に興味・関心を持った」89%,もっと知りたいと思った」86%となり生徒の学習意欲に変容が現れた。会員が技術研修会等で身に付けた技術・技能を授業等に取り入れ,活用した結果であると考える。

Adobe Reader外部リンク

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする