ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地ホットライン教育ひろしま > 広島県学校教育研究団体連絡協議会 > 広島県高等学校教育研究会 美術,工芸部会

広島県高等学校教育研究会 美術,工芸部会

広島県高等学校教育研究会 美術、工芸部会

 部会長 松井  大  (広島県立賀茂高等学校) 

 事務担当 難波  郁人  (広島県立賀茂高等学校)

 連絡先 082-423-2559  (広島県立賀茂高等学校)

リストマーク 組織

リストマーク 会則

つぎの情報を更新しました

平成29年度  第56回広島県造形教育研究大会(大竹・廿日市大会)・第6回広島県西部造形教育研究大会の第二次案内を掲載しました。

平成29年度 第56回広島県造形教育研究大会(大竹・廿日市大会)・第6回広島県西部造形教育研究大会

  • 期日  平成29年11月17日(金曜日)
  • 会場  廿日市市立串戸保育園・廿日市市立宮園小学校・廿日市市立廿日市中学校・広島県立廿日市高等学校
  • 内容  公開保育・公開授業・分科会・研究協議・実技講習・映画上演・講演
  • 分科会  6分科会
  • 講演 「想いを形にするということ~映像メディアを通じて私達が伝えているもの~」ドキュメンタリー映画監督 岩崎靖子    一般社団法人 大地が教えてくれたこと 村上貴仁
  • 大会テーマ「いのち輝く造形教育を求めて」
  • 二次案内 (PDFファイル)(632KB)

平成28年度 第55回 広島県造形教育研究大会(三原大会) 

  • 期日 平成28年11月25日(金曜日)
  • 会場 三原市立沼田西幼稚園、三原市立沼田西小学校、三原市立第二中学校、広島県立三原特別支援学校
  • 内容 公開保育・公開授業・分科会・研究協議・全体会・ワークショップ
  • ワークショップテーマ 「ワークショップ  de  美術教育  再発見!!」
  • 分科会 4分科会
  • 大会テーマ 「人間形成に向かう美術教育を求めて」  みる・かく・つくる  de  人づくり

平成27年度 第54回広島県造形教育研究大会(呉大会)

  • 期日 平成27年10月30日(金曜日)
  • 会場 焼山こばと幼稚園、呉市総合体育館、呉市立広小学校、呉市立白岳中学校、呉市立美術館
  • 内容 公開保育・公開授業・分科会・実技講習会・講話
  • 講演 文部科学省初等中等教育局 教育課程教科調査官 岡田 京子 先生
  • 分科会 8分科会
  • 大会テーマ 「出会い~つながり~広がる造形教育」
  • 大会報告 (PDFファイル)(7.45MB)

平成26年度 第53回広島県造形教育研究大会(芸北大会)

  • 期日 平成26年11月13日(木曜日)
  • 会場 加計認定こども園あさひ、安芸太田町立加計小学校、広島県立加計高等学校
  • 内容 公開保育・公開授業・分科会・実践提案
  • 講演 比治山大学 現代文化学部 子ども発達教育学科 教授 若元 澄男 先生 
  • 分科会 5分科会
  • 大会テーマ 「豊かな人間力の基礎を培う美術教育の創造」

平成25年度 第52回広島県造形教育研究大会(福山大会)

  • 期日 平成25年10月10日(木曜日)
  • 会場 福山市立緑丘幼稚園、福山市立蔵王小学校、福山市立一ツ橋中学校、ふくやま美術館
  • 内容 公開授業・分科会・実技研修
  • 講演 環太平洋大学 次世代教育学部 教育経営学科 教授 村上 尚徳 先生 
  • 分科会 3分科会
  • 大会テーマ 「ふくやま発!“夢をつなぐ造形美術教育”~幼児から、児童、生徒へとつなぐ~」

研究について(平成28年度)


研究に関する現状


  • 昨年度の研究に引き続き,「生徒によるICTの活用」を授業に取り入れる取組を行った。アンケート結果によると,生徒がICTを活用することで,美術の資質や能力の変容が見られ,想像力や表現力を高める傾向があることが分かった。しかし,昨年度の生徒がICTを活用した授業の実施率は23%と低く,全部会員の実施には至っておらず,この実施率を上げることが今年度の課題である。 
     
  • 実践の事例では,生徒同士が機器の使い方を教え合い,相談し合いながら,よりよいものをつくり出そうという動きが見られたという報告が多くあった。今年度は,ねらいを明確にして「生徒によるICTの活用」を取り入れた授業を行うとともに,生徒自身が表現意図に応じて主体的にICTを活用し,表現の幅を広げていけるような取組を行うことに重点を置く。

研究の内容及び方法

  • 5月に実施した「第64回広島県高等学校教育研究会美術,工芸部会研究大会並びに総会」においては,実践例をもとにICT活用の有効性を確認した。 

  •  「生徒によるICTの活用」について,第1回目アンケート(5月実施)では,60%を超える教員が「今年度実施する予定である」と回答した。第2回目アンケート(12月実施)では,様々な学校での取り組みを集約した。使われた機材や授業場面等の分類,そして授業に取り入れる上で工夫した点や失敗した点などを基に分析し,分析結果を共有することで,実践やさらなる活用の推進を促した。 

  • 今年度も継続して会員の加入率を高める取組を行い,事務局を中心とした呼びかけを行った。研究内容を充実させ,新部会員の育成や経験を積んだ部会員の指導改善を図り,部会員同士の交流を活性化させる取組を行った。

研修会・研究大会等

場    所

実    施    内    容

参加者数

平成28年

4月22日

広島県立西高等学校

総合文化祭ポスター審査を兼ねた表現指導の交流

34名

平成28年

5月26日

広島県立広島工業高等学校

第64回美術,工芸部会研究大会資料作成

 17名

平成28年

5月27日

広島県立広島工業高等学校

第64回広島県高等学校教育研究会美術,工芸部会研究大会並びに総会

研修会テーマ「生徒自ら想像力や表現力を高めるためのICTの活用」

講  話   「主体的な学びを促す美術・工芸教育」 ~ICTの活用を通して~

講  師    河  村    陽  子  指導主事

58名

平成28年

5月28日

広島県立広島工業高等学校

広島県立広島皆実高等学校

第31回実技研究大会 実技指導実践交流及び次年度全国総合文化祭に向けての研修

22名

平成28年

8月18日

尾道市公会堂別館

尾三地区実技指導研修会 尾道写生大会実技指導及び審査を通しての風景画表現指導の実践交流 

30名

平成28年

8月18・19日

千葉県立美術館ポートプラザちば

第53回 全国高等学校美術,工芸教育研究大会

テーマ「伝える 受け取る」~21世紀の美術,工芸教育~

  1名

平成28年

10月15日

広島平和記念公園

広島地区実技指導研究会 第8回平和公園アート2016大会における実技指導及び審査を兼ねた表現指導の実践交流

21名

平成28年

10月21日

比治山女子高等学校

第44回広島県高等学校デザインコンクール審査兼表現指導交流

41名

平成28年

11月25日

広島県立三原特別支援学校

高等部

第55回 広島県造形教育研究大会(三原大会)

テーマ 「人間形成に向かう美術教育を求めて」 みる・かく・つくる de 人づくり

校種別テーマ 「創造力や表現力を高め,活用する力につなげる」

ワークショップ 「ワークショップde 美術教育 再発見!!」

講師:比治山大学 現代文化学部 子ども発達教育学科  若元 澄男 教授

10名

平成28年

11月8日

広島県立美術館県民ギャラリー

広島県総合文化祭絵画彫刻コンクール審査兼表現指導交流

43名

平成29年

2月24日

広島県立西高等学校

高体連ポスター審査を兼ねた表現指導の交流研究活動報告,次年度計画

43名

研究物刊行

規格

売・非売の別

発行予定部数

頒    布先

第64回広島県高等学校教育研究会美術,工芸部会研究大会並びに総会資料

A4

非売

110部

部会員

平成27年度美術,工芸部会研究集録

A4

非売

110部

部会員

その他の事業

1 理事会

平成28年4月22日 広島県立西高等学校(34名) 総会一次案内について 
平成28年5月27日 広島県立広島工業高等学校(58名)今年度の事業計画について 

2 事務局会

平成28年4月22日 広島県立戸手高等学校(5名)総会並びに研究大会の準備(一次案内) 
平成28年5月11日 広島県立戸手高等学校(7名)総会並びに研究大会の準備(二次案内)平成28年5月20日 広島県立戸手高等学校(4名)総会並びに研究大会の準備
平成28年5月26日 広島県立広島工業高等学校(17名)総会並びに研究大会の前日準備平成29年2月・3月 研究部会議
平成29年3月  事務局引継会議

3 全国大会

     平成28年8月17日 都道府県代表者会議(1名)平成28年8月18日~19日

学習指導案等

平成28年度

平成27年度

平成26年度

平成25年度

平成24年度 

平成23年度 

平成22年度

広島県教育資料

 

 

Adobe Readerダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

このページがお役にたちましたら、下のいいねボタンを押してください。