ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地ホットライン教育ひろしま > 広島県学校教育研究団体連絡協議会 > 広島県高等学校教育研究会 英語部会

広島県高等学校教育研究会 英語部会

広島県高等学校教育研究会 英語部会

 会長 船津 久美(広島県立安古市高等学校)

 事務担当 古前 絵里子(広島県立尾道北高等学校)

 連絡先 0848-37-6106(広島県立尾道北高等学校)

リストマーク組織図

リストマーク会則

 研究の目標等

1 広島版「学びの変革」アクション・プランの趣旨を踏まえた授業展開や教材開発を行う教員の増加を目指します。

2 「学びの変革」と関わりのある内容について研究・研修を行います。

3 高校生育成事業に応募する学校数・生徒数の増加を目指します。

 研究の内容及び方法

1 研究の目標等1及び2について

(1)研究大会において,実践報告や講演を実施します。

(2)公開研究授業を実施します。

(3)会誌を発行し,情報の共有化を図ります。

2 研究の目標等3について

(1)高校生育成事業(英語スピーチ・レシテーションコンテスト,英作文コンテスト,英語ディベート大会)を実施します。

(2)高校生育成事業の概要や優秀作品等を会誌の内容に含め,情報の共有化を図ります。

3 研究の目標等全体について

 部会員を対象としたアンケートを11月に行うことにより,達成状況を確認します。

 具体的な研究活動

1 第55回県高等学校教育研究会英語部会定期総会・研究大会

(1)期日:平成29年8月3日(木)

(2)場所:広島市東区民文化センター

(3)内容

 ア 実践発表

 演題:「文部科学省『外国語教育強化地域拠点事業』の4年~生徒の主体性・能動性を引き出すアウトプット活動を目指して~」

 講師:広島県立賀茂高等学校 松島 浩司先生

 イ 講演

 演題:「主体的な学びを促す授業デザイン~発問力を磨き,生徒の建設的相互作用を生かすことの意義について~」

 講師:鳥取県教育委員会事務局 高等学校課 英語教育推進室 指導主事 福島 卓也先生

(4)参加者数:34校・58名

  その他

1 第14回広島県高校生英語スピーチ・レシテーションコンテスト

 予選

(1)期日:平成29年9月7日(木)

(2)場所:広島県立福山誠之館高等学校

(3)内容:各校からの音源及び英文原稿をもとに選考委員が審査を行います。

(4)参加者数:21校・64名

 本選

(1)期日:平成29年9月30日(土)

(2)場所:広島県立福山誠之館高等学校 誠之講堂

(3)内容:予選により選ばれたレシテーション1年の部10名,レシテーション2・3年生の部10名,スピーチの部10名の合計30名によるコンテストで,スピーチ部門から上位2名が中国大会に進出します。

2 第54回広島県高等学校英作文コンテスト

(1)期日:平成29年10月11日(水)

(2)場所:広島県立尾道北高等学校

(3)内容:1年の部と2・3年の部を設け,指定されたタイトルについて作文を募り,審査を行います。

3 第9回広島県高校生英語ディベート大会

(1)期日:平成29年10月29日(日)

(2)場所:広島市立舟入高等学校

(3)内容:全国大会の論題により実施します。優勝校が全国大会に進出することになりました。

4 公開研究授業

(1)期日:平成29年11月6日(月)

(2)場所:広島県立大門高等学校

(3)内容:科目 コミュニケーション英語3

 実施学年等 3年7.8組発展クラス(32名)

 単元 All the Good Things

 授業者 広島県立大門高等学校教諭 岸田 典子 

(4)参加者数:7校・11名

昨年度の研究成果

このページがお役にたちましたら、下のいいねボタンを押してください。