ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地ホットライン教育ひろしま > 広島県学校教育研究団体連絡協議会 > 広島県中学校教育研究会 技術・家庭部会

広島県中学校教育研究会 技術・家庭部会

広島県中学校教育研究会技術・家庭部会

 リストマーク会長 松重 修(広島市立安佐中学校)
 リストマーク事務担当
 (技)岸将治(広島市立国泰寺中学校)
 (家)山本由香(広島市立大塚中学校)
 リストマーク連絡先
 (技)082-241-8108 (家)082-849-1022

■■つぎの情報を更新しました■■

〇第55回中国・四国地区中学校技術・家庭科研究大会
  第56回広島県中学校技術・家庭科研究大会 広島大会 最終案内を掲載しました。

リストマーク会則

リストマーク組織

リストマーク研究大会など

 第55回中国・四国地区中学校技術・家庭科研究大会
 第56回広島県中学校技術・家庭科研究大会 広島大会

 最終案内はこちら

 第55回広島県中学校技術・家庭科研究大会(東広島大会)

 最終案内はこちら

◆期日 平成28年10月18日(火曜日)
◆会場 東広島市立黒瀬中学校,東広島市立高屋中学校
◆研究主題
『生活の中の課題を見つけ,工夫し創造する能力と実践的な態度を育む「技術・家庭科」教育の推進』

 研究主題はこちら

【内容】
〇公開授業(技術分野・家庭分野)
〇分科会
〇講演

公開授業学習指導案・分科会提案資料

公開授業学習指導案

分科会提案資料

第1分科会

第2分科会

第3分科会

第4分科会

技術分野

技術A

技術C

家庭A

家庭C

家庭分野

技術B

技術D

家庭B

家庭D

大会まとめ
授業分科会

提案分科会

第1分科会

第2分科会

第3分科会

第4分科会

技術A

技術A

技術C

家庭A

家庭C

家庭A

技術B

技術D

家庭B

家庭D

 第54回広島県中学校技術・家庭科研究大会(大竹・廿日市大会)

◆期日 平成27年11月6日(金曜日)
◆会場 廿日市市立大野中学校
◆研究主題
『生活の中の課題を見つけ,工夫・創造しようとする意欲と実践力を育む「技術・家庭科」教育の推進』

【内容】
〇公開授業(技術分野・家庭分野)
〇分科会
〇講演

<学習指導案>◆技術分野 ◆家庭分野

創造ものづくり教育フェア

◆平成27年度 ◆平成26年度 ◆平成25年度 ◆平成24年度 ◆平成23年度

 

  過去の学習指導案などはこちら

 

担当指導主事のコーナー

小池 紘太郎(義務教育指導課)
白井 良枝(義務教育指導課)

関係情報や参考になる取組などを紹介しています<広島県教育委員会>

広島県教育資料
技術分野 (PDF) 家庭分野 (PDF)
「課題発見・解決学習」について平成28年度平成28年度
「課題発見・解決学習」について平成27年度平成27年度
思考力・判断力・表現力の育成のために平成26年度 平成26年度
言語活動の充実をとおした授業改善について平成25年度平成25年度
言語活動の充実をとおした授業改善について平成24年度 平成24年度
言語活動の充実をとおした授業改善について平成23年度平成23年度
 思考力・判断力・表現力などの育成のために 平成22年度 平成22年度 

 

 

 

「言語活動の充実」に関する指導資料

指導事例の活用に当たって技術分野家庭分野 

◆「言語活動の充実」に関する実践事例

技術分野家庭分野 

学習指導要領関係

◆中学校学習指導要領解説 技術・家庭編 技術分野ガイド  

※解説技術・家庭編〔技術分野〕についての読み取り方をまとめています。御活用ください。

技術分野 「指導事項と評価の観点」対応表   

※技術分野の各内容の指導事項と評価の観点を対応させた表です。年間指導計画や学習指導案の作成などに御活用ください。 

<文部科学省>

■ 中学校学習指導要領(ポイント,本文,解説など)

 ◆中学校学習指導要領解説技術・家庭編(平成20年7月)

■ 言語活動の充誠に関する指導事例集【中学校版】

 ◆技術・家庭科の事例

■ こうやって作る木の学校~木材利用の進め方のポイント,工その事例~

<国立教育政策研究所教育課程研究センター>

■ 評価規準の作成,評価方法などの工その改善のための参考資料

 ◆技術・家庭(平成23年7月) 

■ 特定の課題に関する調査(技術・家庭)

■ 情報モラル教育実践ガイダンス   

<経済産業省>

■ 中学校技術・家庭科副読本 製品安全ワークブック

■ 「製品安全ワークブック」指導の手引き

<関連団体Webページ>

Adobe Readerダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

このページがお役にたちましたら、下のいいねボタンを押してください。