ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

広島県小学校教育研究会 音楽部会

広島県小学校教育研究会 音楽部会

リストマーク会長 後藤 尚史(広島市立原小学校)
リストマーク事務担当 山出 知子(広島市立己斐上小学校)
リストマーク連絡先 082-272-4816

リストマーク 会則 

リストマーク 組織

◆次の内容を更新しました。

リストマーク 研究大会

 第55回  広島県小学校音楽教育研究大会

♫期日:平成29年11月10日(金)

♫会場:尾道市立向島中央小学校

♫研究主題:「豊かな感性や情操を育てるための音楽科授業の工夫~思いや意図を持ち,関わり合う活動を通して~」 

♫公開授業

〈学年〉第2学年

〈題材名〉「中央っ子 海のたんけいたい」の音楽をつくろう~いい音を見つけて 一年生に紹介しよう!~

〈授業者〉尾道市立向島中央小学校 第2学年学習指導案 (PDFファイル)

〈学年〉第4学年

〈題材名〉日本のリズムの特徴を感じ取り,オリジナルの「ええじゃんSANSA・がり」をつくろう~台湾の友達に「尾道」のお祭りの音楽を紹介しよう~

〈授業者〉尾道市立日比崎小学校 第4学年学習指導案 (PDFファイル)

〈学年〉第6学年

〈題材名〉豊かな表現を工夫して歌おう~栗原小の伝統をつなごう~

〈授業者〉尾道市立栗原小学校 第6学年学習指導案 (PDFファイル)

♫分科会

(1)低学年部会

〈発表者〉江田島市立江田島小学校

(2)中学年部会

〈発表者〉安芸高田市立可愛小学校

(3)高学年部会

〈発表者〉広島市立美鈴が丘小学校

♫記念講演

〈演題〉音楽は夢を叶える人生の扉~音楽教育に期待すること~

〈講師〉ピアニスト 水上 裕子先生

♫研究演奏

○音楽集会 尾道市立向島中央小学校

○和太鼓 尾道市立高見小学校

○合 唱 尾道市立向東小学校

○ブラスバンド 尾道市立栗原小学校

   第54回  広島県小学校音楽教育研究大会

♫期日:平成28年10月28日(金)

♫会場:福山市立旭丘小学校 リーフレット (PDFファイル)

♫研究主題:「感じて 響き合って 輝いて ~自ら考え,伝え合い,表現する喜びを味わう音楽科授業の工夫~」 

♫公開授業

〈学年〉第1学年

〈題材名〉ようすをおもいうかべて うたいかたをくふうしよう~「はるなつあきふゆ」のちがいをうたであらわそう~

1 1

〈学年〉第4学年

〈題材名〉日本の音楽に親しもう~「旭丘ばやし」をつくろう~

 1 1

〈学年〉第5学年

〈題材名〉イメージに合う表現の仕方を工夫しよう~私たちの威風堂々~

 1 1

♫分科会

(1)低学年部会

〈テーマ〉音楽のよさや面白さを感じ取る能力を育てる低学年の鑑賞指導~音楽を形づくっている要素を支えとして~

〈発表者〉庄原市立高野小学校

(2)中学年部会

〈テーマ〉思いや意図をもって表現する子どもの育成~聴き取り感じ取ったことを表現の工夫に生かす授業づくり~

〈発表者〉三原市立久井小学校

(3)高学年部会

〈テーマ〉感じて つくって 響き合って~児童一人一人が生き生きと表現する音楽科の授業づくり~

〈発表者〉海田町立海田東小学校

♫記念講演

〈演題〉よりよく生きる力を育てる歌唱指導のあり方~表現したい気持ちを引き出すためのヒント~

〈講師〉合唱指導者    前田 美子 先生

♫研究演奏

○合奏 福山市立鞆小学校 琴クラブ

○合唱 福山市立御野小学校 合唱団

○全校音楽 福山市立旭丘小学校

1 1 1

リストマーク 研究大会

   第46回 中国・四国音楽教育研究大会(広島大会)
        第53回  広島県小学校音楽教育研究大会

♫期日:平成27年11月20日(金) ♫会場:広島市立大芝小学校,広島市立中筋小学校(公開授業・朝の音楽活動)
            上野学園ホール(全体会)

♫大会主題:「深める楽しさ つながる喜び」 
      小学校部会:「見つけよう 伝え合おう わたしたちの音楽のよさ」

公開授業:
 〈学年〉     第1学年
 〈題材名〉 「ようすをおんがくで~動物の様子を歌や楽器であらわそう~」

 〈授業者〉  広島市立中筋小学校

      1年写真1     1年写真2
                (グループ活動1)                                 (グループ活動2)

  〈学年〉      第2学年
 〈題材名〉  「ようすを音楽で~汽車の走る様子を音楽であらわそう~」 

  〈授業者〉  広島市立安西小学校

      2年1   2年2
           (全体交流の様子)                       (グループ発表の様子)
  
  〈学年〉      第3学年
  〈題材名〉  「音楽のききどころ~『ファランドール』~」

  〈授業者〉  広島市立落合東小学校

         3年13年2
                (授業の様子)                                        (板書)
  
  〈学年〉      第4学年
  〈題材名〉  「音楽のききどころ~『ノルウェー舞曲第2番』~」

  〈授業者〉  広島市立日浦小学校
       4年14年2
                (授業の様子1)                              (授業の様子2)

  〈学年〉      第5学年
  〈題材名〉  「日本の民ようをたずねて」
  〈授業者〉  広島市立藤の木小学校
      5年14年2
              (授業の様子1)                                (授業の様子2)

  〈学年〉      第6学年
  〈題材名〉  「じゅんかんコードから音楽をつくろう」

  〈授業者〉  広島市立原小学校
 6年16年2
        (グループ活動の様子)                 (全体での発表の様子)

朝の音楽活動    広島市立大芝小学校
                              広島市立中筋小学校    資料 (PDFファイル)

♫分科会
 
〈第1学年部会〉
 〈テーマ〉 「音楽のよさや美しさを感じ取り,豊かに表現を工夫する子どもの育成~連携を活用して~」
 〈発表者〉  (岡山県)玉野市立後閑小学校

  〈第2学年部会〉
  〈テーマ〉  「主体的に聴く力を育てる低学年の指導~常時活動による体験を学習過程に生かして~」
  〈発表者〉  (島根県)松江市立古志原小学校

  〈第3学年部会〉
  〈テーマ〉  「児童が思いや意図をもって表現するために・・・~鑑賞と表現の一体化を図った授業実践~」
  〈発表者〉  (鳥取県)堺港市立外江小学校

  〈第4学年部会〉
  〈テーマ〉  「豊かな心をはぐくむ音楽学習をめざして~音楽とかかわる,つながる,響き合う~」
  〈発表者〉  (徳島県)徳島市立助任小学校

  〈第5学年部会〉
  〈テーマ〉  「思いや意図をもって,お互いに表現できる子どもの育成~4つの学習活動を大切にした授業づくり~」
  〈発表者〉  (岡山県)岡山市立御南小学校
 
〈第6学年部会〉
  〈テーマ〉  「伝えたい思い  伝える表現~歌詞から深める音楽表現~」
  〈発表者〉  (山口県)下関市立豊浦小学校

♫全体会P
     ○歓迎演奏・・・学校法人放光学園  中野ルンビニ幼稚園
    
     ○全体講評・・・文部科学省初等中等教育局教育課程課教科調査官  臼井  学
     ○記念講演・・・千住  明  氏(作曲・編曲家,音楽プロデューサー)  資料 (PDFファイル)
     ○研究演奏・・・広島県立加計高等学校芸北分校
                           広島市立吉島東小学校
                            広島市立五日市中学校    研究演奏プログラム (PDFファイル)

担当指導主事のコーナー

和田 治子 (義務教育指導課) 

◆ 関係情報や参考になる取組などを紹介しています ◆

◇◆平成23年度から新学習指導要領の全面実施◆◇
平成20年8月告示の小学校学習指導要領が,平成23年4月から全面実施になりました。
改訂のポイントは次の7つ!!

  (1)教科の目標を踏襲
    『表現及び鑑賞の活動を通して,音楽を愛好する心情と音楽に対する感性を育てるとともに,音楽活動の基礎的な能力を培い,豊かな情操を養う。』という教科の目標は,これまでと変更はありません。つまり,音楽教育のすべての過程において,常に児童の情意面と能力面をかかわらせながら指導に当たることが大切です。

(2)内容構成
    表現領域(『歌唱』『器楽』『音楽づくり』の3分野),鑑賞領域の2領域及び〔共通事項〕で構成されます。

(3)〔共通事項〕の新設
 〔共通事項〕は,表現及び鑑賞のすべての活動において,共通に指導する内容を示しています。音楽を特徴付けている要素及び音楽の仕組みを聴き取り,それらの働きが生み出すよさや面白さ,美しさを感じ取らせること,「音符,休符,記号や音楽にかかわる用語」を音楽活動を通して理解させることが大切です。

(4)歌唱共通教材の充実
  第1学年~第4学年までは4曲すべて,第5学年及び第6学年は4曲中3曲を含めて取り扱うことになっています。世代を超えて受け継がれてきたこれらの歌は,季節や自然などを美しい現象としていとおしんできた日本人の感性が息づいている音楽とも言えます。

(5)音楽づくりについて
 音の面白さに気付くとともに,音を音楽へと構成する過程を大切にし,〔共通事項〕を手掛かりに,児童が思いや意図をもって音楽をつくるようにしましょう。

(6)鑑賞教材における我が国の音楽の充実
 我が国の音楽を第3学年及び第4学年にも新たに位置付けることになりました。中学年の鑑賞の教材として筝曲や和太鼓の音楽など和楽器の音楽を含めた我が国の音楽を取り入れましょう。

(7)言語活動の充実これは,今回の学習指導要領において各教科を貫く重要な改善の視点です。特に鑑賞の領域において,感じ取ったことを言葉で表すなどの活動を位置付け,楽曲や演奏の楽しさに気が付いたり,楽曲の特徴や演奏のよさに気が付いたり理解したりする能力が高まるように工夫しましょう。

 

 

■ 参考資料

 
Adobe Reader外部リンク

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする