このページの本文へ
ページの先頭です。

県税関係書類における押印の見直しについて

印刷用ページを表示する掲載日2021年4月1日

 

県民,事業者からの県税関係の申請,届出等のうち,国の法令により押印が求められているものや,委任状の性格を有しているものなどを除き,2021年4月1日から押印を不要とする見直しを行いました。

なお,当面,押印欄のある申請書等も使用可能です。

また,押印しないことを強制するものではないため,押印されていても従前どおり受け付けます。

対象となる手続

県民,事業者から広島県税務課又は県税事務所(分室)への申請,届出等の手続

※ 委任状,承諾書など一部の書類を除きます。

具体的な様式は「申請書・届出書」など各ページをご確認ください。

おすすめコンテンツ

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする