ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

4-1モデル事業の成果

印刷用ページを表示する掲載日2011年12月1日

モデル事業の成果

 モデル事業の成果として、まず、住民・行政・警察が一体となって取り組んだことにより、「平成15年からの3年間で犯罪件数を平成14年対比で3割減少させる」という「減らそう犯罪」県民総ぐるみ運動の犯罪抑制目標以上に犯罪を減少できたこと そして、自分たちの地域の安全に関心を示し、地域で何ができるかをみんなで考え、そして行動するという意識が区民に芽生え、自主防犯活動の輪が広がっていったこと が大きな成果であるといえます。

 1刑法犯認知件数の大幅な減少 刑法犯認知件数の推移を示したグラフ

安佐南区を管轄する広島北警察署の平成17年中の刑法犯認知件数は、2年間のモデル事業実施期間を経て29.4%減少し、平成14年対比では、40.6%減少しました。 
 
【刑法犯認知件数の比較】 

H14H17(増減比)
広島北署4,622件2,744件(▲40.6%)
県 全 体59,330件36,938件(▲37.7%)

 2区民の防犯意識の向上 防犯意識の変化を示したグラフ

 モデル事業の実施により、区民の防犯意識がどのように変化していったかを検証するため、自宅や乗り物への施錠に関する防犯意識アンケートを計3回実施しました。
 第1回と第3回の結果を比較すると、「自宅や車に鍵をかけている」と回答した人の割合は、15.1ポイントアップしました。
※ 防犯意識アンケート集計結果 PDFファイル229KB)

 


 

 3防犯ボランティア活動の拡大と定着 防犯パトロール隊結成の推移を示したグラフ

 学区で月1回以上のパトロール活動の定着化を目指し、自主防犯パトロール隊の結成促進を図った結果、平成18年3月末現在、全24学区で76隊約2,400人のパトロール隊が活動しています。 

 

4その他 意見交換会の写真

 沓掛国家公安委員会委員長が視察のため来県し、「減らそう犯罪」安佐南まちづくり協議会の役員と意見交換会を開催しました。
 沓掛大臣から「みなさんの自発的な行為に強い感銘を受けている。安佐南区は日本でもトップクラスの対応をしておられる。」との講評を受け、同月開催された犯罪対策閣僚会議において、協議会の取組みが紹介されました。
○ 日 時 平成17年12月14日(水曜日) 13時00分~13時40分
○ 場 所 広島北警察署 講堂
○ 出席者 国家公安委員会委員長、警察庁審議官、広島県警察本部長、広島北警察署長、「減らそう犯罪」安佐南まちづくり協議会役員 等 
○ 概 要 各役員が「減らそう犯罪」安佐南まちづくり協議会の概要、事業の推進状況などを説明

犯罪対策閣僚会議(H17.12.20)の資料

 

 

 

 


犯罪対策閣僚会議(H17.12.20)の資料
(画像クリックで拡大表示)

※ 犯罪対策閣僚会議のホームページへ

 

 

 

 

 

戻る  次へ

 

目次ページへ


 

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする

自動運転 死亡事故 全国交通安全運動 特殊詐欺

県警からの注目情報

県警ホームページをリニューアルしました。

県警からピックアップ情報

広島県警察犯罪発生マップ ようこそモシカタウンへ 落とし物情報 求む!情報! 広島県公安委員会 匿名伝言ダイヤル 広島県警察本部Twitter 広島県警察本部Facebook