ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

交通事故発生件数(大竹警察署管内)

印刷用ページを表示する掲載日2022年12月5日

大竹署 交通課だより-12月号-

交通事故発生状況(令和4年11月30日現在)大竹警察署ライトイラスト

※令和4年の発生件数,負傷者数は概数です。

県内

発生件数

【令和4年】3853件
【令和3年】4083件
【前年同期比増減数】-230件
【前年同期比増減率】-5.6%

死者数

【令和4年】64人
【令和3年】60人
【前年同期比増減数】4人
【前年同期比増減率】6.7%

負傷者数

【令和4年】4543人
【令和3年】4804人
【前年同期比増減数】-261人
【前年同期比増減率】-5.4%

大竹警察署管内

発生件数

【令和4年】21件
【令和3年】30件
【前年同期比増減数】-9件
【前年同期比増減率】-30.0%

死者数

【令和4年】0人
【令和3年】2人
【前年同期比増減数】-2人
【前年同期比増減率】-100.0%

負傷者数

【令和4年】24人
【令和3年】33人
【前年同期比増減数】-9人
【前年同期比増減率】-27.3%

●年末交通事故防止県民総ぐるみ運動の実施●

12月1日(木曜日)~12月10日(土曜日)までの10日間において実施されます。

運動の重点

歩行者の安全な通行の確保

ドライバーの方は,交通ルールの遵守と歩行者や他の車両に対する「思いやり・ゆずり合い」の意識を持って,安全運転を心掛けましょう。
また,夜間において,歩行者を早く発見するために,早めにライトを点灯させるとともに,上向きライトを活用しましょう。
歩行者の方は,夜間出歩く際は,反射材用品の着用やLEDライトを携行する等して,ドライバーに早めに見つけてもらい,自己防衛に努めましょう。
道路を渡るときは,左右の安全を確認するとともに明確な意思表示を伝え,安全を確認してから横断を始めるとともに,周りに気をつけましょう。

大竹警察署反射材着用

高齢運転者の交通事故防止

高齢運転者が関わる交通事故が増加傾向です。
加齢に伴う身体能力,判断能力,運転操作能力等の低下によって,危険の発見,危険への対処が遅れることを理解しましょう。
運転に不安を感じたら,運転免許証の返納を検討しましょう。

飲酒運転等の根絶

飲酒運転による交通事故は,世論のきびしさや罰則の強化により減少傾向にあるとはいえ,依然として飲酒運転による悲惨な事故は後を絶ちません。
飲酒運転は悪質な犯罪ですので絶対にやめてください。

大竹警察署飲酒運転

自転車の安全利用の推進

自転車は車両の仲間です。自転車安全利用5則を守りましょう。
自転車を運転するときは,大人も子供もヘルメットを着用しましょう。
万が一の事故に備えて,自転車保険に加入しましょう。

大竹警察署ながら見守り

​ドライバーのみなさんへ

  • スピードを落として安全に走行しましょう。
  • 子供の飛び出し等を予測した運転を心掛けましょう。

交通安全年間スローガン「ゆるさない ハンドル・スマホの 二刀流」

◇PDF版はこちら~交通課だより(令和4年12月号) (PDFファイル)(276KB)

大竹警察署交通課だより

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする

自動運転 死亡事故 全国交通安全運動 特殊詐欺

県警からピックアップ情報

オトモポリスアプリ 安全安心マップ ようこそモシカタウンへ 警視庁特殊詐欺対策ページ 落とし物情報 求む!情報! 警察行政手続サイトを利用した申請(届出)手続 広島県公安委員会 匿名伝言ダイヤル 災害情報投稿サイト(警察庁) 広島県警察本部Twitter 広島県警察本部Facebook