ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

令和3年度 第4回 三次警察署協議会

印刷用ページを表示する掲載日2022年3月16日

開催時期

令和4年1月28日(金曜日)から同年3月10日(木曜日)までの間

開催方法

書面開催で実施。
開催に先立ち,委員への諮問事項及び意見・要望等に関する質問用紙を各委員宅へ郵送し,返信された意見等につき,警察署で対応した結果,県下及び管内の犯罪・交通事故発生状況,及び管内での発生事案に関する説明資料を,委員宅へ改めて郵送した。

対象委員

協議会委員(9名)
渡谷会長,中久保副会長,菊間委員,久保田委員,越道委員,小平委員,瀧奥委員,河浦委員,三上委員​

開催概要

管内概況等

  • 三次警察署管内の犯罪情勢について
  • 三次警察署管内の交通情勢について
  • 犯罪及び交通事故抑止に関する取組
  • 今後に向けた活動方針

委員への諮問事項と回答

諮問事項~警察官募集活動に関するご意見

  • 採用案内パンフレットを三次市広報紙とともに全戸へ配付
  • テレビ放映等のメディアの活用を更に充実させ,警察の活躍ぶりをより具体的に紹介
  • 子供たちが憧れるようなかっこいいポスターの掲示
  • SNS発信やYoutube配信など若年者の目にとまる広報
  • 住民自治組織連合会定例会等における情報提供
  • 学校訪問,警察施設の見学

諮問事項に対する回答(順不同)

広島県警察及び三次警察署の取組状況を説明した資料を配付

  • 警察本部・県警察学校における職場体験会の開催
  • 対面式・Web方式での就職説明会の開催
  • SNSを活用した採用情報発信,オトモポリスを経由した採用情報へのアクセス紹介
  • 若手警察官募集活動担当者(リクルーター)による活動
  • 警察署での説明会開催,三次警察署管内高等学校への訪問活動,地元ケーブルテレビ局を活用した募集広報等

委員からのご意見・ご要望

駐在所勤務員の配偶者からお話しを聞きたい

【回答】
​駐在所勤務員の配偶者の意向も確認し,前向きに検討を進めます。

迷惑メール「本人情報緊急確認」による犯罪被害の防止について

【回答】​
迷惑メール等での詐欺被害にあわないためには,メールに記載のリンク先サイトに接続しないこと,クレジットカード情報や個人情報を入力しないことが大切です。
偽メールの中には,実在する通信会社,通販サイト,宅配業者などを装ったものも増えており,本物かどうか迷った時は,あわてずにインターネットで同様の手口の詐欺が流行していないか調べたり,身近な人や警察に相談するなどしていただき,自分一人で判断しないよう,お願いします。
詐欺の最新の手口については,スマートフォン用の安全安心アプリ「オトモポリス」からも確認していただくことが可能です。

高齢者講習の動向について

【回答】
​高齢者講習の項目に変更はありませんが,例えば,実車指導について,改正後は75歳以上の違反者に課せられる「運転技能検査」と同様に採点し,運転技能の評価を行い,その結果に基づいて安全指導を行うなど,それぞれの内容について一部変更になる予定です。

三次警察署のコロナ感染防止対策について

【回答】
コロナ感染防止対策として

  1. 基本的な感染防止対策として手洗いや手指消毒,換気の実施
  2. 警察施設内における感染防止対策として,警察署や交番のカウンターへの遮蔽板の増設や,当直員に対する仮眠用個人シーツの配付等の実施
  3. 現場臨場時の感染防止対策として,必要な場合には,二重マスク,感染防護衣やフェイスシールドなどを着装させる

等の対策をしています。

特殊詐欺防止のための広報推進について

【回答】
三次警察署では,防犯教室や巡回連絡,ミニ広報紙などに加えて,ホームページやメールマガジンなどのインターネットの活用,三次市の広報誌への防犯情報の掲載,音声告知放送やピオネットを通じた広報など,詐欺の手口や被害防止対策などについて幅広い広報を心がけております。
また,年金支給日に金融機関前や商業施設のATMコーナーなどにおいて,チラシを配布して詐欺被害防止を呼びかけるなどの取り組みも行っており,委員の皆様にもご協力をいただきました。
今後もあらゆる機会を通じて高齢者の皆様に向けた広報に努めてまいりますので,委員におかれましてもご家族や身近な方々への口コミでの情報提供など,ご理解とご協力をお願いいたします。

特殊詐欺犯人の検挙方策について

【回答】
​検挙方法についてですが,具体的な内容は捜査情報であるため,詳細を公表することはできませんのでご容赦願います。
一般的には,

  • 犯行で使用された電話番号,電子メールなどからの捜査
  • 犯人が利用したATM,施設等の防犯カメラ画像の捜査
  • 全国警察との事件情報共有

などがあげられます。
通常の事件と比較して検挙が困難である理由は,

  • 詐欺グループの役割が細分化されており,それぞれの繋がりを特定することが非常に困難であること
  • 犯人グループのほとんどは,遠方の東京など関東方面に拠点を置いて活動しており,所在や足取りを捜査することが困難であること

等により,捜査の進展にかなり時間を要することがあげられます。

交通安全維持施設の新設・維持修理に関する要望時期について

【回答】
​要望等については,交通課が窓口となり,随時受け付けております。

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする