このページの本文へ
ページの先頭です。

住民運営の「通いの場」(地域づくりによる介護予防推進支援事業)

印刷用ページを表示する掲載日2021年8月6日

地域づくりによる介護予防推進支援事業

事業の概要

 「地域づくりによる介護予防推進支援事業」は,平成26年度より,都道府県と連携し,市町村が地域づくりを通じて効果的・効率的な介護予防の取組を推進できるよう技術的支援を行う事業として実施しています。

住民運営の「通いの場」とは

 住民が集まり,身近な場所で,週1回の体操に加え、栄養指導や口腔指導なども行われています。体操の後にお茶会をしたり、カラオケをしたりする所もあるなど、地域の人々の交流の場にもなっています。

 新型コロナウイルス感染症に配慮した取組「通いの場」の取組(活動ルール,活動ポイント等)

広島県内の住民運営の「通いの場」

 お近くの「通いの場」については,各市町の介護予防担当課にお問い合わせください。(新型コロナウイルスの影響により,活動休止している場合もあります。)
 県内全体でも設置が進んでいます。

各市町の通いの場の数・参加率,県全体の推移(令和3年3月末現在) (PDFファイル)(281KB)

各種広報への掲載

「ひろしま県民テレビ」で通いの場が放送されました!(公開日 令和2年2月9日)   

◆テーマ:「みんなで健康に!通いの場」
2月9日放送画像

 動画はこちら

※放送された体操:「いきいき百歳体操」

 「いきいき百歳体操」のパンフレットはこちら (PDFファイル)(572KB)

「ひろしま県民だより」に掲載されました!【vol.360(令和2年)】

人生100年時代に地域でつながる「通いの場」

詳しくはこちら

※「こちら広報課」にも掲載されています!
今月の特集  詳しくはこちら 

県民だより 写真

「通いの場」に広島県アドバイザーを派遣しています!

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

おすすめコンテンツ

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする