このページの本文へ
ページの先頭です。

現在の感染状況レベル

印刷用ページを表示する掲載日2020年5月26日
現在レベル
Level1
「一人ひとりが感染予防をお願いします。」

広島県では、新型コロナウイルス感染症の「感染状況レベル」を定めました。感染のまん延状況に応じて、レベル4から1までの段階に分けています。各レベルに応じた行動を心掛けてください。
なお、感染状況レベルに関わらず、3密回避、体調管理、手洗い・咳エチケット、人との距離確保といった基本的な感染対策は、引き続き実施をお願いします。

感染状況レベルの概要

感染状況レベルは、新規感染者数、倍加時間、感染経路不明感染者数の割合、PCR検査体制、医療機関での患者受入状況、軽症者等宿泊療養施設の確保状況等を考慮し、専門家により決められます。レベルによって、外出自粛要請の対象範囲や、施設の使用制限の要請対象が変わりますので、ご注意ください。

感染拡大防止に向けたフェーズ毎の主な対応

現在休業への協力要請をしている施設一覧

2020年5月22日更新

現在の感染状況レベルは【レベル1】で、休業への協力要請の対象となる施設はありませんが、県民の皆さまが安心して利用できるよう、業界団体や県が策定した感染防止対策や「新しい働き方様式」を活用して、徹底した感染防止対策をお願いします。

5月22日から使用制限の協力要請を解除する施設等の詳細についてはこちらのページをご覧ください。

イベント

イベントの開催の可否の判断の目安は次のとおりです。

  • 屋内であれば100人以下、かつ収容定員の半分以下の参加人数にすること
  • 屋外であれば200人以下、かつ人と人の距離を十分に(できるだけ2m)確保できること

次のような感染防止対策を講じた上で、開催を可能とします。

  1. 三つの密の発生が原則想定されないこと。
  2. 入場者の制限や誘導、手指の消毒設備の設置、マスクの着用等、適切な感染防止対策が講じられること。
  3. イベントの前後や休憩時間等の交流を極力控えること。
  4. 密閉された空間で、大声での発声、歌唱や声援又は近接した距離での会話等が原則想定されないこと。

全国的かつ大規模な催物等の開催については、リスクアセスメントの対応が整わない場合は中止又は延期するよう、主催者に慎重な対応を求めます。
また、イベント参加者の名簿作成による連絡先等の把握や、導入が検討されているスマホの接触確認アプリの活用などに留意してください。

おすすめコンテンツ

この記事をシェアする