ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ


広島がんネット 広島県のがん情報サポートサイト
文字サイズの変更 サイトマップ 広島がんネット 広島県のがん情報サポートサイト 広島がんネット 広島県のがん情報サポートサイト
google

病院を探す

トップページ>病院を探す

病院を探す ひろしまのがん医療

本文へジャンプ  がん診療連携拠点病院        広島県がん医療ネットワーク             小児がん拠点病院
  広島県がん対策サポートドクター        広島県がん検診サポート薬剤師        セカンドオピニオン

がん診療連携拠点病院

 がん診療連携拠点病院とは

地域におけるがん医療の連携の拠点として,自ら専門的な医療を行うとともに,他のがん診療を行っている医療機関との連携体制を構築することを目的に整備された医療機関で,手術や化学療法,放射線治療など一定の要件を満たした施設が,「がん診療連携拠点病院」として指定されています。
広島県内には,国が指定する11の病院とともに,県が指定する5病院の合わせて16病院が整備されています。(平成24年3月現在)
がん診療連携拠点病院では,がんの治療だけでなく,地域のがん医療従事者への研修や,がん患者の方へ対する情報提供や相談支援なども行っています。

PDF がん診療連携拠点病院制度について〔厚生労働省〕(PDF:177KB)
PDF 「がん診療連携拠点病院の整備について」(厚生労働省健康局長通知)(PDF:189KB)
PDF がん診療連携拠点病院指定一覧表(平成24年4月1日現在) (PDF:284KB)

  県独自のがん診療連携拠点病院制度の創設について
  県独自のがん診療連携拠点病院制度を指定しました
  二次保健医療圏域及び医療施設等配置図

 県内のがん診療連携拠点病院の診療情報

がん診療連携拠点病院においては,毎年1回診療情報等の国または県への報告が義務付けられています。
ここでは,報告書の中から,診療体制や治療実績等の一部の情報を抜粋して掲載しています。
(平成24年8月現在)

病院名

所在地

【国指定】

がん診療連携拠点病院

国立大学法人 広島大学病院広島市南区霞1-2-3
県立広島病院広島市南区宇品神田1-5-54
広島市立広島市民病院広島市中区基町7-33
広島赤十字・原爆病院広島市中区千田町1-9-6
広島市立安佐市民病院広島市安佐北区可部南2-1-1
広島県厚生農業協同組合連合会 廣島総合病院廿日市市地御前1-3-3
独立行政法人国立病院機構 呉医療センター呉市青山町3-1
独立行政法人国立病院機構 東広島医療センター東広島市西条町寺家513
広島県厚生農業協同組合連合会 尾道総合病院尾道市平原1-10-23
福山市民病院福山市蔵王町5-23-1
市立三次中央病院三次市東酒屋町531

【県指定】

がん診療連携拠点病院

国家公務員共済組合連合会 呉共済病院呉市西中央2-3-28
独立行政法人労働者健康福祉機構 中国労災病院呉市広多賀谷1-5-1
尾道市立市民病院尾道市新高山3-1170-177
独立行政法人国立病院機構 福山医療センター 福山市沖野上町4-14-17
公立学校共済組合 中国中央病院 福山市御幸町大字上岩成148-13

 治療成績について(5年生存率)

各がん診療連携拠点病院においては,平成18年8月に国の整備指針に基づき拠点病院に指定されて以降,院内がん登録を実施しています。
統一的な公開基準に基づくがんの種別ごとの5年生存率の算定については,この院内がん登録データの蓄積が必要であり,基準策定などの取組みを進めていきます。

link 5年生存率とは (国立がんセンターがん対策情報センター)

 全国のがん診療連携拠点病院

link がん診療連携拠点病院などを探す (国立がんセンターがん対策情報センター)
 全国のがん診療連携拠点病院を地図,住所,病院名などから検索することができます。

  ページの先頭へ

広島県がん医療ネットワーク

平成20年度からの新たな医療計画制度では,主要な疾病や事業について,必要な医療機能(目標,求められる体制等)及び,機能を担う医療機関・施設の名称を医療計画に記載し,住民や患者に分かりやすく公表することとなっています。

広島県では,検診から手術,術後の化学療法など一連のがん治療を,より効率的,効果的に行うため,がん診療連携拠点病院を含めた複数の医療機関が参加する医療連携体制の構築を進めています。
県では,平成21(2009)年度に「乳がん医療ネットワーク」を構築し,平成22(2010)年度には「肺がん医療ネットワーク」を,平成24(2012)年度には「肝がん医療ネットワーク」・「大腸がん医療ネットワーク」・「胃がん医療ネットワーク」を構築し,5大がんの医療ネットワークが完成しました。
このネットワークは,各機能に区分され,それぞれ機能ごとに一定の基準を満たす医療機関が参画し,連携して治療を行うシステム(がん医療ネットワーク)です。

 広島県がん医療ネットワーク 参加医療機関

広島県では,5大がん(「乳がん」・「肺がん」・「肝がん」・「大腸がん」・「胃がん」)の医療連携体制をとりまとめました。

  乳がん医療ネットワーク
  肺がん医療ネットワーク
  肝がん医療ネットワーク
  大腸がん医療ネットワーク
  胃がん医療ネットワーク

link 救急医療NET HIROSHIMA
 広島県のための医療機関・医療情報検索サイトです。

  わたしの手帳・地域連携パス
 わたしの手帳・地域連携パスをダウンロードできます。

  医療機関等の申請・更新手続きについて
 「医療機能調査票」をダウンロードできます。

  ページの先頭へ

小児がん拠点病院

小児がん拠点病院とは,地域における小児がんの医療および支援を提供する中心施設として,厚生労働大臣が指定した病院で全国に15施設あります。
小児がん拠点病院では,小児がんの診療だけでなく,患者さんやご家族への情報提供や相談支援なども行っています。
中国・四国ブロックでは,広島大学病院が指定されています。

link 広島大学病院 小児がん拠点病院 (広島大学病院)

広島大学病院 小児がん相談
相談日月~金曜日(外来休診日を除く)
時間9:00~17:00
対象患者さんやご家族,地域の方々どなたでも利用できます
場所小児がん医療相談室 (診療棟1階 がん治療センター・患者支援センター内)
相談方法電話相談,来室による相談 (要予約)
連絡先082-257-1648
相談料無料

link 小児がん拠点病院を探す (国立がんセンターがん対策情報センター)
link 小児がんについて (国立がんセンターがん対策情報センター)
link がんの冊子 小児がんシリーズ (国立がんセンターがん対策情報センター)

  ページの先頭へ

セカンドオピニオン

患者自身が病気への理解を深め,適切な治療を選択するため,主治医以外の医師に意見を聞き,情報を収集することです。
セカンドオピニオン窓口では,(1)診断の確認,(2)治療方針の確認,(3)その他の治療方法の確認とその根拠を聞くための医師を紹介してもらうことができます。

  がん診療連携拠点病院のセカンドオピニオン窓口

link セカンド・オピニオン、紹介状についてのQ&A (国立がんセンターがん対策情報センター)

  ページの先頭へ

学会認定施設

専門医等の資格の取得には,それぞれの学会等が認定した研修実務施設で,数年間の研修を受ける必要があります。県内では多くのがん診療連携拠点病院が次のとおり研修実務施設として認定されており,人材養成を進めていくうえで重要な役割を担っています。

  拠点病院等の学会認定施設の状況

Adobe Readerダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

広島県健康福祉局がん対策課
mail:fugantaisaku@pref.hiroshima.lg.jp