このページの本文へ
ページの先頭です。

研究員日記

印刷用ページを表示する掲載日2019年9月18日

当センターの研究員が日記を書きます。謎多き?研究員の日常を少しだけご紹介します。

平成26年度 平成27年度 平成28年度 平成29年度 平成30年度 平成31年度~

令和元年9月18日 果実形質調査

ブドウ果実分析 イチジク果実分析
8月27日の研究員日記では,果樹研究部の研究圃場でブドウやナシの収穫が進んでいることを紹介しましたが,その頃の実験室ではブドウ等の果実形質調査が盛んに行われていました。
それから更に日々が過ぎゆき徐々に秋めいてきて,昼と夜の長さがほぼ等しくなる「秋分」が近づいてきた昨今,実験室を覗くと,イチジクの果実形質調査が見られ始めました。
近年,果樹研究部ではイチジクの研究にも力を入れていますので,これからのシーズンは実験室でイチジクを見かける機会が増えそうです。
研究目的に沿った,イチジクの良い成果が得られることを期待しています。
(果樹研究部Nh)

令和元年9月10日 安芸津中学校生徒の職場体験学習

ミカンの摘果 ブドウの収穫 ブドウの選果
今週は,安芸津中学校の生徒さん2名が果樹研究部で職場体験学習を行っています。
今日までに,カンキツ類の摘果,ブドウの収穫や調査等の作業を体験しました。
日中はまだ厳しい残暑が残りますが,暑い中,2人とも各作業に積極的に取り組んでいました。
ここでの2人の体験が,今後,1つでも何かの役に立ちますように…!
(果樹研究部Oy&Nh)

令和元年9月2日 連日の選果&出荷作業

ブドウナシグリーンレモン
8月27日の研究員日記では,果樹研究部の研究圃場でナシやブドウ等の収穫が進んでいることをご紹介しました。
収穫された果実のうち,供試用の果実以外は,選果作業を経て出荷され,県の財産収入になります。
なので,ブドウ,ナシ,加温栽培のグリーンレモンの収穫盛期に差し掛かった今の時期には,ほぼ毎日,何らかの果物の選果作業&出荷が行われています。
これらの作業を担当する職員は,収穫の喜びを感じながら,日々気を抜かずに果実の最後の仕上げ作業に取り掛かっています。
(果樹研究部Nh)

令和元年8月27日 収穫シーズン到来

ナシ ブドウ レモン
先週末(23日)に二十四節気の「処暑」を迎え,今月初旬の厳しい暑さが少し収まり,朝晩には涼しい風すら感じられる頃となりました。
例年,処暑になると,スーパー等では秋の旬の味覚が一段と増えてきますが,果樹研究部の研究圃場でも,ナシやブドウの収穫が進んでいます。
また,今日は,ブドウの他にも,加温ハウスで栽培したグリーンレモンの収穫も行われ,担当の職員は,収穫,調査,選果等で慌ただしく動きまわっていました。
(果樹研究部Nh)

令和元年8月26日 高品質ミカン生産に係る視察対応

石地視察

本日,県内西部の島嶼部地域から26名のカンキツ生産者が果樹研究部にお越しになりましたので,温州ミカン「石地」の高品質生産を目的とした視察見学に対応しました。
カンキツ担当の研究員が,2種類の整枝法(主幹形,開心自然形)と樹冠下の透湿性光反射シートの被覆の有無とを組み合わせて実証展示している温州ミカン「石地」の研究圃場にご案内し,生育ステージ毎の適正な水分管理により連年で高品質な「石地」を高位に安定多収していること等をご紹介しました。
果樹研究部では,このように研究成果の実証展示圃を設けて,新技術等に関心のある果樹生産者の皆様の視察をお待ちしています。
このホームページの「視察・見学」の欄にある申請書にご記入いただき,果樹研究部にご連絡いただければ日程等を調整いたしますので,ぜひ,お越し下さい。
また,本年10月中旬には,果樹研究部の研究圃場にて,カンキツの高品質生産や経営安定に資する新技術セミナーを開催予定です。
ご案内の際には,ふるってご参加ください。
(果樹研究部Ky&Nh)

令和元年8月23日 アスパラガス「母茎地際押し倒し法」から「L字栽培」に名称変更しました

アスパラガスL字栽培 らくとれーる

当県の特許技術,アスパラガス母茎地際押し倒し法について,ちょっと名称が専門的すぎるかなあということで
より覚えやすい,アスパラガス「L字栽培」に名称を変更しました。
また,今年の4月からは,L字栽培専用資材「らくとれーる」が東プレ株式会社(東京都)から販売されています。
新生母茎地際押し倒し法,もとい「L字栽培」をどうぞよろしくお願いします。
(技術支援部Y)

令和元年8月16日 台風一過

カンキツ圃場 ブドウハウス
台風10号は,昨日の午後に広島県を縦断し,日本海に抜けて行きました。
ニュースでは,「大型で,強く,速度が遅い台風」という予報でしたので,本県を直撃するとの情報が流れた時には,「今回はかなり激しい被害があるかも…」と大変心配し,昨日は一刻も早く通り過ぎるのを願うばかりでした。
ところが,幸いなことに,果樹研究部のある東広島市安芸津町では,雨風ともに,さほど激しくはありませんでした。
お陰様で,研究圃場では,多目的ネットやハウスビニルの破損等の甚大な被害は無く,その上,ほどほどの降雨をもたらしてくれたため,露地栽培の果樹にとっては絶好の水分補給の機会となり,ホッと胸をなでおろしました。
今朝は薄曇りの天候となり,「台風一過で快晴」とはなりませんでしたが,いつも通りの通常勤務ができ,安堵の一日です。
台風の多発するシーズンは今暫く続きますので,今後も引き続き抜かりの無い台風対策が必要ですね。
(果樹研究部Nh )

令和元年8月9日 再び,炎天下での防除

健全葉 被害葉 カンキツ樹の防除作業
8月1日の研究員日記では,炎天下でカンキツやナシの防除を行ったことをご紹介しました。
多くの果樹では,高温下で晴天が続くとハダニが発生してきます。
健全なカンキツの葉は濃い緑色を呈していますが,ミカンハダニに激しく吸汁されたカンキツの葉では,葉緑素が破壊されて小さな白い点となって見えます。
このような葉は,同化機能を著しく阻害され,早期に落葉することもあります。
果樹研究部の研究圃場でも,カンキツの葉等でハダニが増加し始めましたので,一斉に防除を行いました。
今日も,暑い中で防除を担当してくださった職員の皆さん,ありがとうございます。
(果樹研究部Nh)

令和元年8月8日 交通安全研修

交通安全研修
当センターの安芸津職場では,8月の全体会議に先立ち,東広島警察署から講師を派遣していただいて,交通安全研修を実施しました。
研修では,「県内の交通事故発生状況」や,「想像力欠如の残念な運転事例」等について説明を受けた後,交通事故全体の約6割を占める,「交差点での事故」に係るDVDで,事故現場の再現映像により原因と防止策を学びました。
一人一人が,運転時のみならず,歩行時にも,ゆとりのある心持ちで行動し,「もしかして(危険予測),止まる(安全停止),見る(安全確認),待つ(安全確保),確かめる(再確認)」を心掛けて,事故防止に努めないといけませんね。
貴重な知見を紹介してくださった講師のN先生,ありがとうございました。
(果樹研究部&管理第二課)

令和元年8月7日 高校生のインターンシップ

190807-1 190807-2

西条農業高校の生徒さんがインターンシップ制度を活用して来所されました。
1日目は,栽培技術研究部の担当者と圃場見学や小麦の調査を行っていただきました。
厳しい暑さが続きますが,体調に留意され有意義な研修となることを祈っています。
(技術支援部SY)

令和元年8月6日 猛暑続きから小雨となり,ホッと一息

小雨
8月1日の研究員日記では,果樹研究部での炎天下の防除についてご紹介しましたが,今日は,台風8号が九州に上陸した影響により朝から小雨模様の天候です。
ここのところ猛暑続きでしたので,露地栽培のカンキツ類にとっても待望の降雨となり,ほんのお湿り程度の雨量であっても,正直,「ホッと一息」といったところですね。
(果樹研究部Nh)

令和元年8月1日 炎天下の防除

積乱雲 ミカンハモグリガ SSでの防除

本日も夏空にモクモクと積乱雲が湧き出ています。
日中の炎天下での農作業は,大量の発汗により体力を消耗します。
そんな中,果樹研究部の研究圃場では,カンキツやナシの防除を行いました。
カンキツでは,若葉や緑枝の柔らかい組織の表皮下にミカンハモグリガの幼虫が潜って坑道を作りながら食害し白い筋を描いたような跡を残すため,伸長中の新梢が発生している幼木や高接ぎ樹等がある圃場を主体にスピードスプレイヤーや動力噴霧器等を用いて農薬を散布しました。
暑い中で防除を担当してくださった職員の皆さん,ありがとうございます。
(果樹研究部Nh)

令和元年7月29日 果樹の新技術セミナー等のご紹介

室内での講義 圃場での講習
週末の7月26日(金)には,呉市蒲刈町に於いて,県内の生産者や技術者等43名の参加により,温州ミカン「石地」の主幹形栽培研修会を開催しました。
この研修会は,3月26日(蒲刈),4月12日(瀬戸田)に続き,今年3回目です。
参加者からは,「ポイントが分かりやすかった」,「座学は興味深い話でした」,「水分管理の必要性を改めて認識した」,「現地で実際に見ることができて良かった」,「毎年お願いします」等のご意見をいただきました。
果樹研究部では,本年度10月頃にも温州ミカン「石地」の主幹形栽培研修会を計画しており,この他にもレモンの栽培管理や育成品種に係る新技術セミナーも開催予定です。
ご案内の際には,ふるってご参加ください。
(果樹研究部Ky&Tk&Oh&Oy&Nh)

令和元年7月25日 ハート型のミカン…?

ミカン
平成30年9月18~19日の研究員日記では「ハート型&菊紋型のブドウ果粒」,平成31年1月8日の研究員日記では「双子のレモン」等,果樹研究部の研究圃場で見つけた,おもしろい形の果実をご紹介しました。
今日,果樹研究部の研究圃場で温州ミカンの摘果作業を行っていたら,「ハート型のミカン」の幼果を見つけました。
県内のカンキツ産地では,型枠を活用して「ハート型のレモン」を生産している産地もありますが,今回発見した「ハート型のミカン」は,まさに自然現象によって偶然に生じた産物です。
自然界には,いろんな現象が生じますね。
こんな形のミカンが沢山生産できれば,「カワユイ!」って人気沸騰でしょうね。
このミカンは,成熟期まで4か月余りありますが,無事に成熟しますかねぇ…。
(果樹研究部Nh)

令和元年7月23日 レモン幼木園における潅水施設の完成間近

レモン 小屋
台風5号の北上により梅雨前線が押し上げられて,先週から雨天が続いていましたが,台風が通過したので,今後の梅雨前線の動きが気になりますね。
例年通りなら,そろそろ梅雨が明けてもよさそうな時期ですが,降雨から一転して酷暑となっても困りものですよね。
果樹研究部には定植後2年目になるレモン幼木園がありますが,炎天下での樹体管理を円滑に行えるようにするために春先から潅水設備を整備してきました。
この潅水設備が,なんとか梅雨明けに間に合うタイミングで完成しそうです。
これで,このレモン幼木園では,夏場も定期的に潅水して,樹体をしっかり成長させることができそうです。
(果樹研究部St&Nh)

令和元年7月22日 農林水産関係開発・行政・普及連携会議の果樹専門部会を開催!

挨拶 意見交換
「ひろしま未来チャレンジビジョン」に掲げる本県農林水産業のめざす姿を実現するため,農林水産関係技術開発・普及・行政総合連携会議が設置されており,本年度の果樹専門部会が安芸津で開催されました。
参加者30名は,果樹研究部の大会議室に一堂に会し,農業経営発展課の進行の下,果樹研究部から本年度に取組んでいる試験研究課題の概要や研究成果等を紹介した後,農業技術指導所を始めとする農林水産局の各機関から提出された,レモン,ブドウ,ナシ,イチジク等に関する37の技術課題の背景,概要および現状認識を共有しました。
こうした取組をさらに発展させて,相互の連携強化と共創活動に繋がり,1つでも多くの生産現場の課題解決に結びつくよう,頑張りましょう。
(果樹研究部)

令和元年7月17日 夏の一斉清掃

説明 法面の除草 刈り草運搬
果樹研究部では,庁舎や貯水池の周辺の法面や庭園等を職員総出で年2回清掃をしています。
例年,1回目は夏に行っていますが,昨年は豪雨災害等により夏には行なわれなかったため,夏の一斉清掃は2年ぶりです。
今日は,全職員が清掃開始に先立ち庁舎前に集合し,作業内容や作業上の留意点等の確認を済ませた後,各自の持ち場に分かれて清掃を開始しました。
午前中からの職員の頑張りにより,午後には清掃箇所が見違えるように綺麗になりました。
蒸し暑さの中の清掃作業なので汗だくになり大変疲れましたが,達成感と一体感を感じることのできた行事でした。
(果樹研究部&管理第二課)

令和元年7月16日 梅雨の晴れ間の農作業…蒸し暑い!

除草 除草剤 モモの選果
先週は梅雨前線の北上により降雨日が多かったため,屋外での農作業が思うように捗りませんでした。
しかし,今日は午前中から陽射しのある好天に恵まれたため,果樹研究部では,カンキツの除草や防除,モモの収穫や選果等の農作業が行われていました。
私も研究圃場でカンキツの摘果や剪定の見直し作業を行いましたが,蒸し暑さの中での農作業のため,汗が滝のように流れ落ち,シャツを何枚も着替えました。
就業時間が終わる頃には少々バテ気味となりましたが,今月の職場ミニ研修で学習したように,腰に下げたペットボトル内のイオン飲料で再々水分補給を行ったので,熱中症は免れました。
明日は,早朝から職場の一斉清掃です。
万全の体調と熱中症対策で,蒸し暑さを乗り切って頑張るぞ!
(果樹研究部Nh)

令和元年7月12日 キャベツ排水対策の現地実証開始

190712-1 190712-2 190712-3
収益性の高い大規模経営を実現するために,体系的な機械化や経営管理を含めたスマート農業技術体系の導入を進めています。
今回,圃場の水平や傾斜,表面凹凸をドローン画像解析により評価し,レーザーレベラーによる緩傾斜化で表面排水を促し,キャベツの収量向上効果を実証するため,現地圃場での試験を開始しました。
(生産環境研究部 HOK)

令和元年7月11日 貯水池の菱の除去

貯水池の菱の除去
7月8日の研究員日記では,今年も果樹研究部の貯水池に,やっかいな浮草の「菱」が広がり始めたことをご紹介しましたが,今朝は梅雨時の降雨の合間を縫って,職員が菱の除去を行っていました。
救命胴衣を着用した職員が,ボートの上から二人一組となって,絶妙のコンビネーションで次々と菱を抜き取っていき,水面が綺麗に清掃されました。
今年の菱の発生量は,今のところ昨年よりも少ないようですので,除去作業に入る頻度も低下することを期待しています。
(果樹研究部Nh)

令和元年7月9日 令和初の果樹研究部ゼミを開催

果樹ゼミ
果樹研究部では,部内外の研究者を講師としたゼミを行っています。
昨日は,2019年に入ってからは3回目で,かつ,元号が令和に変わってからは初のゼミを開催しました。
今回は部内のMさんが講師となり,長年育成してきたイチジクのシーズに関わる興味深いテーマで開催されました。
今後も地道にゼミを開催し,人材育成に繋げていきたいと思います。
(果樹研究部Mt&Js&Nh)

令和元年7月8日 今年も貯水池にやっかいな菱が…

貯水池 貯水池に発生した菱
例年よりも遅れて梅雨入りして以来,安芸津の空も曇が広がる日々が続いていますが,果樹研究部の貯水池の水面に目を移すと,今年も,やっかいな浮草の「菱」が広がり始めています。
今年も,ボートに乗って水面を覆う菱の除去が必要な時期になりましたね。
(果樹研究部Nh)

令和元年7月3日 センター間連携による技術的課題解決を推進しています

果樹研究部見学 センター訪問
総合技術研究所では,他センターの取り組みを理解し,センター間連携(共創)による分野横断的課題解決を推進するため,センター相互の訪問を行っています。果樹研究部にも多くの他センター研究員が訪れ,圃場や貯蔵施設での試験研究の概要説明では活発な意見交換がありました。このような取り組みで総合技術研究所一丸となり,よりニーズを充足する生産現場の課題解決に結びつくよう,頑張りましょう!

令和元年6月28日 ドローンによるレモンの防除

ドローン
6月3日の研究員日記では,果樹研究部の研究圃場に於いて,かいよう病が発生しやすいレモン等のカンキツ類を対象として,動力噴霧機やスピードスプレイヤーで殺菌剤による予防散布を実施したことをご紹介しました。
本県のカンキツ産地で一般的に用いられているカンキツ類の防除手段は,果樹研究部に限らず,動力噴霧機を用いた手散布が最も多く,次いで,スピードスプレイヤーを用いる方法が行われています。
近年,無人航空防除機としてドローンが登場し,果樹にも使用可能な農薬の登録が次第に増えつつあります。
果樹研究部では,西部農林水産事務所や企業等で構成する研究コンソーシアムによる「レモンにおけるスマート農業機械等の一貫作業体系の実証」事業に参画し,本年度からドローンを用いたレモンの防除試験を開始しました。
本年度,果樹研究部の研究圃場では,これまでに5月中旬と6月中旬にドローンによる防除を試みました。
この方法により,レモンの防除作業の更なる効率化と身体的な負担の軽減を可能とし,現地実装を目指しますので,今後の成果にご注目ください。
(果樹研究部St&Ky&Tk&Nh)

令和元年6月26日 貯蔵レモンの出荷準備

レモン レモンの箱詰め
広島県内で露地栽培されているレモンは,主に12月頃から収穫量が増加して随時出荷されますが,国内産のレモンの流通量が少なくなる夏場のレモンは高値で販売でき,大変貴重です。
このため,果樹研究部では,「もっと沢山の広島レモンを夏場に生産・出荷するための技術開発」を目指し,これまでに広島レモンの長期貯蔵中のロスを軽減するための技術等を研究してきました。
果樹研究部の研究圃場で収穫されたレモンは,この技術を使って長期の貯蔵を行っています。
今週始めには,果樹研究部で長期貯蔵したレモンの出荷に向けた作業を行いました。
今回の貯蔵方法は広島レモンのみに適用する技術ですので,広島レモンの価値向上に向けて大いに活用していただきたい!
関心のある方は,まずは当センターのホームページで果樹研究部のレモンに係る成果を御覧いただき,必要であれば果樹研究部まで御相談ください。
(果樹研究部Km1&Km2&Yn&Dm&Nh)

令和元年6月25日 温州ミカンの摘果作業を開始しました

摘果作業 ミカン
気温が30℃近くまで上昇した日中に,果樹研究部の温州ミカン園でファン付きジャケットを着て農作業に勤しんでいるのは,カンキツ類担当の研究員です。
主幹形に仕立てた温州ミカンの樹の中に手を突っ込んで,何やら忙しそうに動いています。
果樹研究部の温州ミカン園は,5月中旬に開花期を迎えた後,果実は順調に肥大して,現在1~2cmの大きさですが,樹上には大変多くの果実が着生しています。
このため,温州ミカン園では,樹の負担を軽減し,程良い大きさと品質の果実を生産するために,樹上に着いた多すぎる果実を摘み取る,「摘果」と呼ばれる作業が始まっていました。
これから暫くの期間は,カンキツ類の摘果作業が続きます。
(果樹研究部Ky&Tk&Nh)

令和元年6月24日 研究圃場の落葉果樹の生育は今…?(2)

4月19日の研究員日記では,果樹研究部の研究圃場に植えてある落葉果樹の春先の生育状況をご紹介しましたが,それから2か月が経過したので,今日は,この時期の研究圃場における落葉果樹の生育状況をご紹介します。
ナシ
1枚目の写真は,露地栽培のナシ「豊水」です。
この研究圃場では既に摘果作業を終えて,果実の横形は既に5cm近くになるものもあり,今後の肥大が楽しみです。
モモ
2枚目の写真は,露地栽培のモモ「さくひめ」です。
この品種は農研機構が育成した早生モモの新品種で,果実は既にふっくらと大きく膨らみ,お肌はほんのりピンク色に染まっており,今週中には収穫できそうです。
この品種の詳しい情報が必要でしたら,当センターのホームページに掲載してある研究成果情報の,『早生で核割れが少なく,豊産性のモモ新品種「さくひめ」(農研機構育成)の広島県における栽培特性』を是非ご覧ください。
ブドウ
3枚目の写真は,簡易被覆栽培のブドウ「シャインマスカット」です。
ちょうと今,摘粒作業が終わって袋掛け直前の時期を迎えています。
イチジク
4枚目の写真は,露地栽培のイチジク「蓬莱柿」です。
新梢の基部葉の付け根部分から着果(花)が始まっており,随分上位の葉の付け根にも果実(花)が見られるようになりました。

いずれの樹種も適切な農作業により順調に成長していますが,まだまだ農繁期の真っ只中のため,当分の間,多忙な時期は続きそうです。
(果樹研究部Nh)

令和元年6月20日 こんなところにザクロ…?

ザクロ ザクロの花 ザクロの果実
果樹研究部の所在する安芸津職場の敷地内をお昼休みに歩いていた時,鮮紅色の花の咲く樹を見つけました。
1樹のみが研修館横の通路の傍にポツンと残されており,樹に近寄ってみれば,花托が発達して成長中の果実を見つけました。
これは,ザクロですね。
この樹は,以前に広島県立農業技術大学校果樹コースが安芸津にあった頃に学生の教育用に植えられたもので,果樹コースが庄原市内に移転した後も伐採されずに,人目に付きにくい場所でひっそりと成長し続けていました。
鮮紅色のザクロの花を見ると,初夏を感じますね。
(果樹研究部Nh)

令和元年6月19日 中学生の職場体験ウィーク

190619-1 190619-2

今年も向陽中学校の生徒さんが来所されました。
栽培技術研究部と生産環境研究部の研究員と一緒に,職場体験学習に励んでいます。
本年は梅雨入りが大幅に遅れ,連日好天が続いています。
暑さに負けず,充実した1週間となるよう願っています。
(技術支援部SY)

令和元年6月10日 この時期のミカンの果実は…

ミカン
先週末,ミカンの調査のため,果樹研究部のミカン園に入ってみれば,果実は既に1cm前後の大きさに育っていました。
まだ満開後約3週間のため,このミカン園では,褐変した花弁が多くの果実に付着しています。
開花期に殺菌剤を散布していないミカン園では,褐変した花弁が果実に長い間付着したままで降雨や多湿条件が続くと,花弁に灰色かび病という病気が発生します。
この病気は,果実にも傷を生じますので,果実の生理落果を助長したり,商品としての価値を低下させてしまうことがあります。
でも,今年は開花期以降の降雨頻度が少なかったため,ミカンの花弁上に本病の発生を殆ど見かけることがありません。
この病気の防除剤の効果試験を担当する研究員にとっては残念な年と言えそうですが,綺麗なミカンが生産できそうなので,生産者にとっては栽培管理上の心配事が1つ減りそうですね。
(果樹研究部Nh)

令和元年6月3日 カンキツ類のかいよう病防除

動噴による防除 SSによる防除
今年の5月は比較的天候の良い日が多かったため,今のところ,降雨に起因する果樹病害の発生は問題となっていませんが,既に6月に入りましたので,梅雨入り後の降雨に伴う病害の発生に備えておかなければなりません。
本日,果樹研究部の研究圃場では,かいよう病が発生しやすいレモン等のカンキツ類を対象として,殺菌剤による予防散布が行われました。
なお,蛇足ですが,果樹研究部では,かいよう病に強く,現場で喜んで使っていただけるカンキツ類の品種登録を目指して研究を進めていますので,将来の成果の活用をご期待の上,いま暫くお待ちください。
さて,中国地方の梅雨入り日の平年値は6月7日だそうですが,今年の梅雨入りは何時頃になりそうですかね。
今年は,昨年7月のような豪雨は生じませんように…!
(果樹研究部Dm&Km1&Km2&Nh)

令和元年5月31日 これなぁ~に?

赤星病 赤星病の胞子
葉表には橙黄色や赤色を帯びた丸っぽい形をしたものがあり,葉裏には沢山のお髭のようなものが見られますが,これなぁ~に?
実は,これはナシの葉に発生した赤星病という病気の病斑です。
この病気は,ナシの葉等に4~5月頃に発生が増加しますので,以前にはナシの重要病害でしたが,近年は卓効のある殺菌剤が開発されていますので,ナシを生産される農家からの問い合わせは減っています。
とは言え,生垣等に植えてあるビャクシンの葉上に3月頃に伝染源が形成されてナシに感染しますので,例年,4~5月頃には果樹愛好家の方から果樹研究部に問合せがあります。
ナシの樹の近くにビャクシン類があると,しっかりと防除をしたつもりでも,ナシの葉等に病斑を生じて,見事に橙黄色に染まることがありますので,注意が必要です。
(果樹研究部Nh)

令和元年5月28日 土壌の調査

190528-1 190528-2

新規造成圃場での緑肥栽培や有機物施用による土壌改良効果や,水田転換圃場での排水対策を検証するため,農業技術指導所と連携し,土壌理化学性や地下水位調査を行いました。
晴天下での土壌採取(1枚目)や水位計設置(2枚目)に大いに汗を流しました。
(生産環境研究部 KOK)

令和元年5月28日 ある研究員の技術相談等の対応状況

電話対応 面談
農業技術センターには,県内外の多くの方から様々な相談が寄せられます。
研究員は,日々寄せられる電話やメールでの相談に応じたり,障害のある果実や葉等の持込みがあれば直接対面して原因や対策の相談に応じたりもしています。
今回は,果樹研究部に所属する一人の研究員の昨年度の技術相談の対応状況をご紹介したいと思います。
この研究員の場合,昨年度は,果樹の生育が盛んになる3~8月には月に約9件,残りの半年間は月に約4件の技術相談等に対応しています。
相談内容は,いずれも果樹の技術に係るものですが,このうち,県内からの相談は85%で,依頼者の約半数は果樹生産に従事されている方で,約3分の1は技術者や研究者,約1割は一般県民,残り約5%が農業以外の他産業に従事されている方からの依頼でした。
こうした技術相談は,最も多いのが電話による相談であり,突然の予期しない内容も多く,中にはスッキリとした的確な回答ができないケースもありますが,これからも「利用者発信のニーズ充足」を意識して,技術相談等の対応を行っていきます。
(果樹研究部Nh)

令和元年5月24日 今年は蛾の幼虫の発生が多いようです

柿の葉 マイマイガ幼虫
写真は本県の特産果樹である西条柿の葉ですが,葉のあちこちに穴や窪みがあり,正常な形をしていません。
これらの葉は,葉の一部が蛾の仲間であるマイマイガの幼虫に食害されたため,こんな歪な形になってしまいました。
先日の新聞には,「県北地域でオビカレハの幼虫が大発生し,果樹の葉を食い荒らしている」との記事が掲載されていましたが,ここのところ果樹研究部に寄せられる相談にも,「園地周辺の林木に発生したマイマイガがミカンの樹を加害している」とか,「栗の樹にクスサンが大発生しているが,どうしたらよいか?」といったケムシ類の被害と対策の相談が寄せられています。
今年は県内各地でケムシ類が多発していますので,皆さん,大切な樹を丸裸にされないようにご注意を…!
(果樹研究部Nh)

令和元年5月23日 貯水池からの給水管の抜本修理が完了しました

給水管 かん水
4月25日の研究員日記では,果樹研究部の貯水池から潅水用の水を送る給水管が破損し応急措置で急場をしのいでいることをご紹介しましたが,今週,約1か月ぶりに新たな給水管への交換が完了しました。
これで,安心して研究圃場の水管理ができます。
各研究圃場では,早速,新たな給水管から送られた水を用いて潅水を行っています。
今後は,トラブルなく潅水できますように…!
(果樹研究部&管理第二課)

令和元年5月22日 夏を迎えるガラス室のお化粧に新作業機登場

薬剤散布 高所作業機での薬剤散布

果樹研究部の本館前にあるガラス室は,建設されて今年で50年を経過しますが,毎年,夏を迎えるにあたって5~6月に行う恒例の作業があります。
夏場のガラス室では,日中の陽光で室内が極端な高温になるため,僅かでも夏季の直射日光を遮って室温を緩和しようと,クレフノン20倍と木工用ボンド50倍の混合液をガラスの表面に散布し,ガラス表面を白く染める薬剤散布作業をこの時期に行っています。
今年も,昨日,この作業を実施しましたが,本年の特筆すべき事項は,この冬場に購入した自走式の小型高所作業機が,今回の作業の実施にあたり大いに役立っていることです。
今回の作業が老朽化したガラス室にとって優しい夏対策であるように,自走式の小型高所作業機は今回の作業者にとって優しい作業となったようです。
(果樹研究部Dm&Nh)

令和元年5月21日 ブドウの花穂整形

ブドウ花穂 花穂の整形後
この時期の果樹研究部のブドウ園では,棚への新梢の誘引が完了し,花穂が大きく伸び,花が咲き始めたものも見られます。
ブドウを収穫するまでには多くの管理作業が必要ですが,このうち,ブドウを商品性の高い房型に整える目的で,開花前の時期に房の大きさを調整する作業が花穂整形(房づくり)です。
写真は,ブドウ「シャインマスカット」の花穂で,この品種では,花が咲く直前から開花始めの時期に,花穂の房先を切り込まずに先端3.5cmを残しています。
花穂を長く残し過ぎると,後に行う果粒のまびき(摘粒)作業がうまくできず,房型が悪くなってしまいます。
房の上に小花穂を2本残しているのは,2度行うジベレリン処理の目印として一時的に残したもので,ジベレリン処理を行う度に小花穂の1つを落としていきます。
ブドウは,新梢が伸び始めたかと思えば,誘引,摘心,花穂整形,ジベレリン処理,摘粒,袋かけ,副梢&巻きつる除去,防除等,次々と管理作業に追われ,いずれも繊細な管理が必要なため,気が抜けません。
また,袋かけが終了する時期までは,腕を上げての辛い作業が長く続きます。
生産者の皆さんはこうした数々の御苦労を重ねて,甘ぁ~いブドウを生産しています。
(果樹研究部Dm&Mc&Wd&Ss&Sn&Sk&Nh)

令和元年5月17日 性フェロモントラップに珍客

190517ヤモリ

性フェロモンを使ってトラップにシロイチモジヨトウを誘引して,発生推移を調査しています。
しかし,時々,トラップに珍客が入っていることがあります。
アマガエルは良く捕まりますが,この日はニホンヤモリが2頭も捕まりました。
埼玉県などでは准絶滅危惧種に指定されています。
この後,本来の任務である家を守る仕事に復帰してもらうため,珍客には早々と立ち去っていただきました。
(爬虫類も愛する男)

令和元年5月17日 広島大学の学生さんが来所

190517-1 190517-2

広島大学総合科学部の2~3年生49名が見学のため来所されました。
生産環境研究部のH研究員が,天敵昆虫やLED防蛾灯を利用した害虫防除について説明を行いました。
学生の皆さんはパソコンを活用され,熱心に記録をとられていました。
今回の訪問を契機に,当センターの研究に関心を持っていただければ幸いです。
(技術支援部SY)

令和元年5月16日 筋引き師匠

150516

田植えの季節がやってきました。
今年も水稲品種比較試験用の田んぼに筋をつけていきます。
奥の若手スタッフはとても丁寧なお仕事。
手前のベテラン研究員は,とにかく作業が早くて正確で,とても泥の中を移動しているようには思えません。
心の中で「師匠」と呼んでおります(筋引きしたことないけど)。
(技術支援部Y)

令和元年5月13日 ダニ類・蚊が媒介する感染症の研修会

講義マダニ等
季節は,既に夏の気配の感じられる立夏を迎え,草木も繁り,果樹園でも農作業に追われる日々が続いてます。
果樹研究部の研究圃場は,山林に囲まれ,自然豊かで,かつ,猪や鹿等の獣類の出没する環境にあり,農作業中には,これらが持ち運んで拡散したダニ類等に知らず知らずのうちに取りつかれることもあります。
県内では,ダニ類や蚊の人体への吸血により重篤な感染症を発症した事例もあることから,保健環境センターの職員を講師に迎えて,「ダニ類・蚊が媒介する感染症とその対策」をテーマとした研修会を当センターの安芸津職場で開催しました。
研修会では,マダニ類によるウイルス媒介で発症する重症熱性血小板減少症候群(SFTS)を始めとする各種感染症の特徴や,媒介虫の生態,感染症の予防や対策等について学ぶとともに,講師との積極的な意見交換もなされ,有意義な機会となりました。
今後は,今回の研修会で学んだ内容を活かして,感染症への適切な予防と対策を講じ,重篤な事態に陥らないよう努めます。
貴重な知見をご紹介してくださった講師のS先生,ありがとうございました。
(果樹研究部&管理第二課)

令和元年5月9日 果樹研究部における昨年度の視察見学状況は…?

カンキツブドウ
例年ですと,果樹研究部には,年間に約50件,500名余りの方が視察見学にお見えになります。
果樹研究部における昨年度の視察受入実績を振り返ってみますと,視察受入の件数は65件で,視察者の総数は405名でした。
昨年度は,県外から大勢で訪れる団体の視察者が減った一方で,県内から少人数で訪れる視察対応が2倍以上に増加したため,例年に比べて,視察受入件数は増加し,視察者の総数は減少しました。
とはいえ,少人数で視察見学を希望される方は,目的意識が明確で,熱心に意見交換される方が多く,対応した研究員も案内にやりがいを感じているような気がします。
樹種では,カンキツやブドウの視察見学を希望される方が多く,次いでモモの順でした。
また,時期は,11月が最多で,次いで2月,10月,6月の順でした。
当センターのホームページには,果樹研究部の研究成果の紹介を始め,視察受入時期や視察依頼方法等を掲載していますので,このホームページの「視察・見学」の欄にある申請書にご記入いただき,果樹研究部にご連絡いただければ日程等を調整いたしますので,ぜひ,お越し下さい。
(果樹研究部)

平成31年4月25日 貯水池からの給水管の破損と応急措置

貯水池の給水施設給水管の穴あき給水管の応急措置
果樹研究部には約9haの研究圃場がありますが,いずれも貯水池から給水して潅水を行っています。
気温が上昇してきた今月中旬に,本年度の研究圃場の潅水を開始するため,貯水池の給水ポンプを稼働させたところ,なんとメインの給水管に劣化による穴が空き,潅水用の水が漏れ始めたではありませんか。
5月の10連休を前にした時期の給水管の破損は,果樹研究部にとって緊急事態です。
早速,抜本的な修繕工事を依頼しましたが,特殊な管であるため,直ぐには交換用の給水管を準備することができず,工事の着手が5月の連休明け以降になりそうです。
このため,果樹研究部では当面の潅水対策が喫緊の課題となり,各研究員が研究圃場を管理する職員と共に思案に暮れていましたが,こうした現場のトラブルに習熟した管理第二課の職員が機転を利かせ,早速,修理用グッズを購入し,給水管の応急措置を講じてくれました。
これで,たちまちの研究圃場の水不足は回避できそうです。
とは言え,できるだけ早い時期に,新たな給水管への交換が完了しますように!
(果樹研究部&管理第二課)

平成31年4月22日 果樹研究部に於ける研究課題の説明会&研究圃場の巡回

室内での課題説明カンキツ圃場説明落葉圃場説明
新年度が始まり3週間が経過しましたので,新たな職場に着任された職員の方も少しずつ職場の様子を理解しつつあるのではないでしょうか。
農業技術センターの各研究部には,研究を主体的に計画&実行する研究員と共に研究圃場の管理や調査の補助等を担ってくださる職員がおられます。
年度当初に計画した研究課題の成果を確実に得るためには,共に支えてくださる職員の方々にも研究の目的や実施内容を理解していただいた上で研究活動を円滑に推進する必要があります。
そこで,果樹研究部では,本日の午前中に関係者全員で研究課題の説明会と研究圃場の巡回を行いました。
まずは,関係する職員が会議室に一堂に集い,夫々の研究員から本年度に実施予定の研究課題の概要説明を受けた後,カンキツ分野と落葉果樹分野に別れて,実際に使用する研究圃場を巡回し,管理上の留意点等を確認しました。
本年度に実施予定の果樹に係る研究課題については,こうした取組によりお互いの理解度を高めたので,これから迎える農繁期も大きなトラブルなく凌ぎ切り,年度末には夫々の研究課題の当初目標を達成できますように!
(果樹研究部Nh)

平成31年4月19日 研究圃場の落葉果樹の生育は今…?

サクラの開花期は見頃の時期を過ぎて終盤に差し掛かかりましたが,果樹研究部の研究圃場に植えてある落葉果樹の生育は,今どのようになっているのでしょうか?

ナシ「幸水」

露地栽培のナシ「幸水」です。
今週の半ばに満開期を迎え,丁度今が見頃です。とは言え,果樹研究部には,ナシの花粉アレルギーの職員もおり,その人にとってはこの時期の圃場は近寄りたくないかも…。

モモ「あかつき」

露地栽培のモモ「あかつき」です。
既に開花期が終わり,展葉を迎え,これから新梢が伸び始めます。

ブドウ「ピオーネ」

簡易被覆栽培のブドウ「ピオーネ」です。
ちょうと今,展葉の時期を迎えています。

イチジク「蓬莱柿」

露地栽培のイチジク「蓬莱柿」です。
せん定によつて切返してある枝の芽は,やっと膨らみ始め,これから展葉を迎えます。
これから収穫を終えるまでの時期は農繁期で,忙しくなりそうです。
(果樹研究部Nh)

平成31年4月18日 果樹研究部の試験研究設計検討会

190418

今週の火曜日の午後に,果樹研究部に於いて,本年度の試験研究設計検討会が開催されました。
夫々の課題担当者が,本年度に当研究部で実施予定の21の試験研究課題等の目的,取組内容及び到達目標について説明した後,今後の展開に向けた助言等の意見交換を行いました。
設計会議を終えたので,これから本格的な試験研究の取組が始まります。
さぁ,目的に沿った到達目標の達成を目指して頑張っていきましょう!
(果樹研究部Oy&Nh)

平成31年4月15日 瀬戸田町で温州ミカン「石地」の主幹形栽培研修会を開催

190415-1 190415-2

3月28日の研究員日記では,呉市下蒲刈町と蒲刈町に於いて,生産者や技術者を対象に温州ミカン「石地」の主幹形栽培の研修会を開催したことをご紹介しました。
先週末(12日)には,尾道市瀬戸田町で主幹形樹を導入している生産者ら約20名が集い,園地を巡回しながら果樹研究部の研究員による技術紹介の説明やせん定などの実演を交えて,栽培研修会が開催されました。
参加された方からは,「実際の樹を見ながら栽培技術について意見交換すると理解しやすい」との感想をいただきました。
現地での温州ミカン「石地」の主幹形栽培研修会は今後も開催していく予定ですが,果樹研究部の研究圃場にも「石地」の主幹形栽培園はありますので,関心のある県内の果樹生産者の皆様の視察をお待ちしています。
このホームページの「視察・見学」の欄にある申請書にご記入いただき,果樹研究部にご連絡いただければ日程等を調整いたしますので,ぜひ,お越し下さい。
(果樹研究部Ky&Nh)

平成31年4月9日 安芸津職場の全体会議で様々な情報を共有しました

 安芸津職場の全体会議 

4月2日の研究員日記では,果樹研究部と管理第二課のある安芸津の職場に7名の職員をお迎えし,新しい顔ぶれで新年度がスタートしたことをご紹介しましたが,昨日の午後には,今後の円滑な業務の推進に向けて,全体会議で様々な情報を共有しました。
果樹研究部の敷地内に咲くサクラの花は丁度今が見頃ですが,サクラの開花が終わる頃には,研究圃場に植えられているカンキツ,ブドウ,ナシ,モモ,イチジク等で樹種特有の多様な管理作業が押し寄せ,一段と忙しくなってきます。

農薬誤散布防止ミニ研修
このため,会議では,今月に計画している諸作業の確認を始め,農作業事故防止に向けたヒヤリハット事例報告や,農薬の誤散布防止のためのミニ研修等を行いました。
今月下旬には10連休も控えており,これから気の抜けない日々が続きます。
(果樹研究部&管理第二課)

平成31年4月2日 新しい顔ぶれで新年度がスタートしました

 190402-1 190402-2

果樹研究部と管理第二課のある安芸津の職場では,数輪のサクラが咲き始めた先週末に退職者4名と異動者2名を送り出したばかりですが,昨日はサクラの開花が一段と進む中で,新規に着任された7名の職員をお迎えし,着任式やオリエンテーション等が行われました。
新しい顔ぶれも揃ったので,5月から元号が「令和」となる本年度も,より貢献度の高い農業技術センターを目指して,力を合わせて頑張っていきましょう!
また,新元号の意味にちなんで,梅の花のように,日本人が明日への希望を咲かせる国でありますように!
(果樹研究部&管理第二課)

 

 

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

おすすめコンテンツ

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする