このページの本文へ
ページの先頭です。
ひろしま未来チャレンジビジョン チャレンジビジョンとは

【技術者向け】耐震診断・耐震改修の講習会・セミナー情報

印刷用ページを表示する掲載日2020年10月1日

 【技術者向け】耐震診断・耐震改修の講習会・セミナー情報

技術者向け講習会・セミナー

現在ご案内している技術者向けの講習会・セミナーは次のとおりです。

詳細は下記をご参照ください。

技術者向けの講習会・セミナーのご案内状況
開催方式 講習会・セミナーの名称 受講期間 備考
オンライン受講 令和2年度耐震リフォーム達人塾(アドバンストコース) 11月30日(月曜日)まで

両コースの受講可能

オンライン受講 令和2年度耐震リフォーム達人塾(施工演習コース) 11月30日(月曜日)まで

 


 

令和2年度耐震リフォーム達人塾のご案内【オンライン受講】
~木造住宅の安価な耐震改修工法の“達人”を目指して~

講習会の目的

 南海トラフ地震等の地震災害の発生が懸念される中,広島県内では住宅総戸数の約15%にあたる約19万戸で,まだ耐震性が確保されておらず,木造住宅の耐震化が急務となっています。

 しかし,耐震改修工事の費用が高額になれば,木造住宅の所有者は二の足を踏んでしまい,耐震化が進まなくなることが考えられます。

 そこで,今年も,耐震改修に携わられる技術者に向け,名古屋工業大学高度防災工学研究センターの協力を得て,合理的で安価な耐震改修工法の普及を目的とした講習会を開催します。

 県では,平成28年度から毎年対面式の講習会を開催してきましたが,今年度は新型コロナウイルス感染拡大防止及び新しい生活様式の取り組みとして,オンライン受講方式での開催としています。受講期間中は,何度でも視聴できますので,受講される方のペースに合わせた受講が可能です。

 受講コースは,「アドバンストコース」と「施工演習コース」の両方のコースが受講でき,「施工演習コース」は講習会で初の開催となります。

 

講習の概要(詳しくは耐震リフォーム達人塾のご案内をご覧ください。)

開催方式

オンライン受講 (定員はありません)
受講対象者

精密診断により合理的で安価な耐震改修設計を実践するための技術と知識習得したい建築技術者

(設計者,施工者,大工等)

受講期間

テキストが到着した日~11月30日(月曜日)

(申し込みから2週間以内にテキストが届きます)

受講費

3,520円(テキスト代3,000円+送料520円)

 ※発送するテキストに請求書が同封されていますので,NPO法人達人塾ねっとへお支払いください。

 ※受講費はアドバンストコースと施工演習コースがセットになった金額です。

申込方法

「達人塾ねっと」ホームページのオンライン講座申込により行ってください。

申込はこちら↠達人塾ねっと広島県申込フォーム

申込期限:令和2年10月31日(土曜日)

受講について

・講義はインターネット環境がある場所で,動画を視聴する形式です。

・申込受付後,郵送にてテキストとオンライン講座のアクセスキーが届きます。

 テキストを参照しながら動画を視聴ください。

受講認定について

・受講後,オンライン上でアドバンストコースの講義を中心とした達成度評価テスト(4択25問)を受験いただき,一定以上の成績で受講認定となります。

講義及び達成度評価テストは,受講期間中,何度でも視聴・受験できます。

・受講認定された改修事業者のうち公表を希望された方は,耐震改修事業者リストとして県ホームページで公表します。(令和2年12月下旬予定)

・受講認定された改修事業者の方へは,改めて公表の意向確認を含め内容に関する調査をさせていただきます。

 

オンライン受講プログラム

アドバンストコース(約6時間)

施工演習コース(約3時間)

(第1講) 7つの鉄則と住宅所有者への説明技術

(第1講) 木造住宅の施工品質と耐震性能について

(第2講) 低コスト耐震補強の手引き解説

(第2講) 耐震診断から補強設計への流れ

(第3講) 設計例・施工例から学ぶ改修のポイント

(第3講) 耐震改修専用工法の施工のポイント

(第4講) 耐震改修先進県の取り組みと事例

(第4講) 低コスト工法の隠しワザを現場で完全実演

(第5講) 精算法,N値法,偏心率の要点と演習

(第5講) 現場の疑問,すべて解決!達人テクニックQ&A

(第6講) 課題演習と達人案の解説

 

 講習会のパンフレットのダウンロード

耐震リフォーム達人塾のご案内 (PDFファイル)(281KB)

NPO法人達人塾ねっと

達人塾ねっとホームページはこちら↠達人塾ねっとホームページ

達人塾オンライン版の紹介ムービーがご覧いただけます。


 
Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

おすすめコンテンツ

この記事をシェアする