ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

平成30年度犯罪被害者週間関連の催し

印刷用ページを表示する掲載日2019年2月21日

 毎年,11月25日から12月1日は「犯罪被害者週間」です。
 この機会に,犯罪被害を受けた方々の現状を知り,私たちができる支援について考えてみませんか。

催し物のお知らせ (平成30年度のイベントは終了しました)

広島市立図書館で資料展示を行いました

 平成30年度中は,広島市立中央図書館,中区図書館,東区図書館において,関連書籍と広報啓発資料の巡回展示が行われました。

 展示会場では,警察の資料として,以下のパンフレットなどを配布しました。

『警察による犯罪被害者支援』(最新版へのリンク)

『警察職員による被害者支援手記』(過去の作品も掲載されているページへのリンク)

 多数の皆様にご来館いただき,ありがとうございました。

平成30年度犯罪被害者支援街頭キャンペーンを行いました

 11月26日(月曜日)午前7時30分から午前8時30分まで,広島駅南口広場で,警察,広島県広島市公益社団法人広島被害者支援センター第六管区海上保安本部広島海上保安部広島保護観察所日本司法支援センター広島地方事務所比治山女子高等学校安田女子大学心理学部心理学科からの参加者,約60人が,「犯罪被害者週間」の広報活動を行いました。
 開始式に続き,比治山女子高等学校生徒15人に対する「一日被害者支援員指定式」を行った後,参加者全員で被害者支援に関するリーフレット約2,500部を,広島駅を利用される方々に配りました。
 さらに,「減らそう犯罪」県民総ぐるみ運動マスコットキャラクター・モシカと参加者が,被害者支援活動を行うための募金を呼びかけました。当日,募金に御協力くださった方々に,厚くお礼申し上げます。

セレモニー

一日被害者支援員指定式比治山女子高校生安田女子大学生安田女子大学生とモシカ一日被害者支援員指定式(左)

比治山女子高等学校の皆さん(右)

 

 

 

 

 

安田女子大学心理学部心理学科の皆さん

 

 

 

 

セレモニー

 

 

 

 

 

 

 

犯罪被害者支援講演会,演奏会,トークショーを開催しました

 平成30年12月1日(土曜日)午後1時から午後4時30分まで,中国新聞ホールで,被害者の置かれた状況と支援の必要性などについて広く知っていただくためのイベントを開催しました。

磯谷富美子氏講演 はじめに,磯谷富美子氏を講師に迎え,「闇サイト殺人事件の被害者遺族となって」と題した講演が行われました。磯谷氏は,平成19年8月,見知らぬ加害者たちによる強盗殺人事件により,突然最愛の娘を亡くされました。母親としての深い悲しみ,その後に体験した刑事手続,報道機関の対応,被告人弁護士などからの二次的被害を体験したことから,もう誰にも自分と同じ思いをしてもらいたくないという強い気持ちを,時に涙ぐみながら,静かに落ち着いた声で語ってくださいました。

 

 エリザベト音楽大学演奏続いて,エリザベト音楽大学でフルートを専攻する大学院生と学部生によるフルート四重奏を披露してもらいました。なじみのあるクラシックやクリスマス・メドレーの優しく透き通った音色に,参加者は聴き惚れていました。

 

 

 


 カープ選手トークショー 最後に,広島東洋カープの高橋樹也投手と長井良太投手を迎え,中国放送の伊藤平アナウンサーが聴き手となり,トークショーが行われました。揃って緊張気味の両投手でしたが,その素顔に触れ,今後カープで活躍する姿を思い描きました。

 

 

 

安田女子大学生ボランティア

 当日会場では,安田女子大学心理学部心理学科の皆さんが,ボランティアとして手伝ってくださいました。ありがとうございました。

 

 

 


このイベントを主催した公益社団法人広島被害者支援センターの活動や相談電話番号などは,同センターのホームページでご確認ください。

第8回「命の大切さを学ぶ教室作文コンクール」結果のお知らせ

 警察庁が主催するコンクールに,全国の中学生から30,096編の応募があり,その中から,広島県代表として応募した広島市立城山北中学校3年生,アノシケ恵さんの作品が「犯罪被害者支援室長賞」を受賞しました。
 平成31年2月14日,中学校の校長室で,広島県警察本部被害者支援室の上田千佐子室長から表彰伝達を行いました。

表彰伝達 

アノシケさん

 おめでとうございます!

 

 

 

 これまでの優秀作品集は,警察庁のホームページで公開中です。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

この記事をシェアする