ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

広島中央警察署 駐車監視員活動ガイドライン

印刷用ページを表示する掲載日2018年9月1日

広島中央警察署駐車監視員活動ガイドライン

駐車監視員とは,警察署長の委託を受けた法人の下で,地域を巡回し,放置車両の確認や確認標章の取付けなどの仕事を行う人のことであり,法律上の資格が必要とされています。(反則告知をしたり,金銭を徴収したりすることはありません。)
本ガイドラインは,このような駐車監視員の活動方針を定めるものです。

活動方針

駐車監視員は,下記の路線,地域,時間帯を重点に巡回し,放置車両の確認等を実施する。
ただし, 必要に応じて警察署長の指示により,その他の場所, 時間帯においても活動することとする。

管轄区域変更に伴うお知らせ

平成30年9月1日(土曜日)から,広島中央警察署の管轄区域は,広島市中区全域となり,駐車監視員活動ガイドラインが下記のとおり変更となっています。

駐車監視員員活動ガイドライン

広島中央警察署ガイドライン平成30年4月

PDF版はこちら (PDFファイル)(112KB)

駐車監視員活動ガイドラインマップ

広島中央警察署ガイドライン平成30年9月

PDF版はこちら (PDFファイル)(1.52MB)

Adobe Reader外部リンク

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

この記事をシェアする

自動運転 死亡事故 全国交通安全運動 特殊詐欺

県警からピックアップ情報

広島県警察犯罪発生マップ外部リンク ようこそモシカタウンへ 落とし物情報 求む!情報! 広島県公安委員会 匿名伝言ダイヤル外部リンク 広島県警察本部Twitter外部リンク 広島県警察本部Facebook外部リンク