このページの本文へ
ページの先頭です。

【令和2年4月1日要綱一部改正】いきいきパパの育休奨励金をご活用ください

男性従業員が1週間以上の育児休業などを取得した中小企業などに,奨励金を支給します。 

令和2年4月1日から支給要件を一部改正しました。rogo

 

1 制度の目的

男性の育児参加を促進するため,育児休業などを取得しやすい職場環境の整備を推進します。

2 主な支給要件 

※令和2年4月1日から,対象の男性労働者の育休取得期間について支給要件を改正しました。

  1. 常時雇用する労働者が300人以下の中小企業などであること。
  2. 一般事業主行動計画を策定し,都道府県労働局へ届け出ていること。
    一般事業主行動計画の策定については,こちらをご覧ください。)
  3. 広島県仕事と家庭の両立支援企業登録制度に登録されていること。
    広島県仕事と家庭の両立支援企業登録制度については,こちらをご覧ください。)
  4. 広島県男性育児休業等促進宣言企業登録(育メン休暇応援)制度に登録されていること。
    広島県男性育児休業等促進宣言企業登録(育メン休暇応援)制度については,こちらをご覧ください。)
  5. 県内の事業所に勤務する男性労働者が,養育する子の出生後8週間(子の出生日当日を含む57日間)を経過する日の翌日以降の日を開始日とし,当該子が1歳2か月に達するまでの間に育児休業等(育児休業及び同趣旨の特別休暇)を5日以上含む1週間以上連続した休業・休日などを取得していること。 ※育児休業の対象となった子の出生後8週間以内(子の出生日当日を含む57日間)に開始している場合は,国の両立支援等助成金(出生時両立支援コース)をご活用ください。(申請期限にご注意ください)   
  6.  同一の男性労働者について,育児休業等の取得促進を目的とするほかの補助金などを受給しない(していない) こと。

※支給要件の詳細については,次のダウンロードファイル「いきいきパパの育休奨励金支給要綱」をご覧ください。

3 支給額

区 分

1週間以上1か月未満

1か月以上

1人目

20万円

30万円

2人目~5人目

10万円

20万円

 ○ 1事業主につき,取得者5人目までが奨励金の支給対象となります。

 ○ 同一の男性従業員が複数回取得しても,奨励金の支給対象となるのは1度限りです。

4 奨励金の申請方法

 奨励金の支給を希望する事業主の方は,育児休業などを取得した男性労働者が復帰した日から起算して3か月以内または当該年度の3月31日のいずれか早い日までに,次のダウンロードファイルの「奨励金支給申請書」により必要な添付書類を添えて郵送にて申請してください。

5 よくある質問

 奨励金申請に際し,よくある質問をQ&Aにまとめていますので,ご覧ください。

6 お問い合わせ・申請先

 ご不明な点は,遠慮なくお問い合せください。

広島県 商工労働局 働き方改革推進・働く女性応援課 働く女性応援グループ
住所 〒730-8511 広島市中区基町10-52
電話 082-513-3419(ダイヤルイン)
Fax 082-222-5521
E-mail  syokaikaku@pref.hiroshima.lg.jp

関連情報

ダウンロード

男性育休特集ページ

男性育休特集ページバナー

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか?