ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

国史跡 寺町廃寺跡

所在地 三次市向江田町

 みよし風土記の丘の北方,丘陵上にある水田に位置します。発掘調査の結果,塔・金堂・講堂をそなえた法起寺式の伽藍配置であることがわかりました。この寺は,平安時代に書かれた『日本霊異記』にある三谷寺でないかと考えられる重要な古代寺院跡です。寺町廃寺で使われた瓦を焼いた大当瓦窯跡(寺町廃寺跡より北方約1km先)とともに,国史跡指定を受けています。出土した軒丸瓦は,朝鮮半島との関係もうかがえ,下側が尖ったいわゆる「水切り瓦」と呼ばれるもので,県北を中心に分布する地域色のある瓦です。また,唐三彩なども出土しており,当館の常設展で展示しています。

寺町廃寺跡