ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

広島県史跡 糸井大塚古墳

所在地 三次市糸井町

 みよし風土記の丘の東方,河岸段丘上の水田地帯の中にあり,全長 65m,高さ10mの帆立貝形古墳です。周庭帯も合わせると100mを超える三次地方では最大規模の古墳です。三次地方,特に,旧三谷郡(馬洗川流域)で帆立貝形古墳で多いことで知られていますが,そのなかでも最大の古墳で,葺石や埴輪を伴い,大型の円墳に造り出し部を付設したタイプです。

糸井大塚古墳