ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

広島県無形民俗文化財 三次の鵜飼

 三次の夏の風物詩である鵜飼は,江の川に生きた鵜匠の400年に及ぶ歴史と伝統に支えられています。

 夜のとばりが川面に降りるころ繰り広げられ,烏帽子,腰みの姿の鵜匠の巧みな手綱さばきに操られる鵜は灯りに映しだされ、優雅な歴史絵巻を想い起こします。

三次の鵜飼