ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

広島県史跡 酒屋高塚古墳

所在地 三次市西酒屋町

 

 みよし風土記の丘の西方,丘陵上にあり,現在半壊状態ですが,記録から長さ46m,高さ7mの帆立貝形古墳ということがわかっています。以前から画文帯神獣鏡が見つかっていましたが,環境整備の発掘調査で,2基の竪穴式石室が見つかり,鉄器・玉類・埴輪などが出土しました。第2号主体部は,みよし風土記の丘に「移築石室・石棺 竪穴式石室」として公開しています。また,画文帯神獣鏡の複製品や他の出土品,墳丘の土層は,当館の常設展で展示しています。

酒屋高塚古墳