ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

上山手廃寺

所在地 三次市向江田町

 みよし風土記の丘の北方,寺町廃寺の南西約1kmほど手前のところに所在します。寺町廃寺と同様,丘陵上の水田にあり,発掘調査の結果金堂跡の一部が確認され,ここでも「水切り瓦」が見つかっています。このことから,寺町廃寺との関連が指摘されていますが,距離が近いことや軒丸瓦の文様がまったく同じこと,塔が立っていないことなどから,寺町廃寺に引き続いて三谷郡の大領(郡の長官)の一族が建てた,一連の古代寺院と考えられています。出土遺物の一部は当館の常設展で展示しています。

上山手廃寺