ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地トップページ > 広島県立総合技術研究所

ニーズ起点の研究開発で広島県のイノベーションを支援

印刷用ページを表示する 掲載日:2013年4月1日更新

所長挨拶 組織 技術相談 研究課題 プレスリリース  パンフレット 

広島県立総合技術研究所とは

工業,食品製造,農林水産業および保健環境の複数の技術分野を統合した広島県立総合技術研究所は,これら分野の横断・融合により多様化・複雑化する県民や県内産業のニーズに対応します。

 総合技術研究所を構成する8つのセンター

総合技術研究所には,8つのセンターで専門的な研究や技術支援を行っています。

 ◆保健衛生,環境に関すること ◆食品製造技術に関すること
 保環C 食品C 

 ◆工業技術に関すること
 西部C アカデミー 東部C 

 ◆農林水産技術に関すること
農技C 畜技C 水技C 林技C

 総合技術研究所の取組方針

 総合技術研究所は「総合技術研究所中期事業計画 」に基づき,次の役割を果たすための研究開発や技術支援を推進します。

  • 中小企業や農林水産業者(以下,「事業者」という)の既存製品の改良・新製品開発・生産性向上を支援し,事業者の付加価値向上による県経済の持続的発展に貢献する。
  • 感染症や災害・事後時等における県民の健康と快適な生活環境の確保に貢献する。

総合技術研究所各センターの連絡先

◆ 連絡先一覧

  中国地域開放機器 keirin.jp 競輪補助事業リンク 共通ポータルサイト