ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地トップページ > 広島県立総合技術研究所 > 広島県立総合技術研究所 沿革

広島県立総合技術研究所 沿革

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年9月19日更新

○2007年(平成19年)4月 
保健環境センター,食品工業技術センター,西部工業技術センター,東部工業技術センター,農業技術センター,畜産技術センター,水産海洋技術センター,林業技術センターを統合して,当研究所を設立

○2008年(平成20年)4月 
食品工業技術センターに,凍結含浸プロジェクトチームを設置
広島牛改良センターを畜産技術センターに統合

○2009年(平成21年)4月 
西部工業技術センターに,炭素繊維プロジェクトチームを設置
林業技術センターを広島県三次庁舎に移転

○2010年(平成22年)4月 
西部工業技術センター生産技術アカデミーに,金型加工プロジェクトチームを設置

○2011年(平成23年)3月 
プロジェクト終了に伴い,凍結含浸プロジェクトチームを廃止

○2011年(平成23年)4月 農業技術センターに,広島レモン利用促進プロジェクトチームを設置
農業技術センター果樹研究部三原分室を農業技術センター果樹研究部に統合

○2012年(平成24年)4月 
食品工業技術センターに,凍結含浸本格普及プロジェクトチームを設置

○2013年(平成25年)3月  
プロジェクト終了に伴い,金型加工プロジェクトチームを廃止

○2013年(平成25年)4月 西部工業技術センターに,産業用ロボットプロジェクトチームを設置
東部工業技術センターに,LEDプロジェクトチームを設置

○2014年(平成26年)3月 プロジェクト終了に伴い,広島レモン利用促進プロジェクトチームを廃止
プロジェクト終了に伴い,凍結含浸本格普及プロジェクトチームを廃止

○2016年(平成28年)3月  プロジェクト終了に伴い,産業用ロボットプロジェクトチームを廃止
プロジェクト終了に伴い,LEDプロジェクトチームを廃止

このページがお役にたちましたら、下のいいねボタンを押してください。