ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ


広島がんネット 広島県のがん情報サポートサイト
文字サイズの変更 サイトマップ 広島がんネット 広島県のがん情報サポートサイト 広島がんネット 広島県のがん情報サポートサイト
google

県独自のがん診療連携拠点病院制度の創設について

トップページ 病院を探す>県独自のがん診療連携拠点病院制度の創設について

病院を探す ひろしまのがん医療

県独自のがん診療連携拠点病院制度の創設について

■趣旨

地域におけるがん診療水準の更なる向上を促すとともに,県民の適切な医療機関の選択を支援するため,高度ながん医療機能を持ち地域の医療連携の中核的役割を担う病院を適正に評価する,県独自のがん拠点病院指定制度を創設しました。 

■必要性

○高齢化によるがん患者の増加が見込まれる中,がん医療提供体制の一層の充実が求められており,特に地域で医療連携を推進する中核病院の役割が重要となっています。
○一方,がん医療施設に関する正確な情報が乏しく,一部の大病院に患者が集中するなど,身近な病院での治療を希望する患者のニーズに十分応えられていません。
○県内には,高度で総合的ながん医療施設が各都市圏を中心に多数ありますが,制度的な位置付けとしては国が指定する11の「がん診療連携拠点病院」しかなく,追加指定は困難な状況にあります。
○これら国指定病院と同等の機能を有する病院を評価する制度を設けることで,患者の病院選択を支援するとともに,地域の医療連携体制の強化や一層の機能向上を促す必要があります。

■指定制度の概要

役割がん医療に関し,専門医による手術,化学療法,放射線治療,緩和ケアなどを総合的に実施します。
「国指定病院」と連携しながら,各地域におけるがん医療連携の中核的役割を担います。
指定要件診療機能等は国制度に準拠します。
情報提供機能等の一部については独自基準によります。
財政措置等指定に基づく補助はありません。
(診療報酬で一部加算措置があります)

○ 主な指定要件





診療機能
専門医や専門技師等の配置,放射線治療装置整備,地域連携パス整備等




医療連携支援機能
早期診断等に関する研修,合同カンファレンス開催等
情報提供・相談支援機能
院内がん登録等の実施
相談支援センター設置

■要綱及び申請書

広島県指定がん診療連携拠点病院指定要綱(PDFPDF:211KB)

Adobe Readerダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

広島県健康福祉局がん対策課
mail:fugantaisaku@pref.hiroshima.lg.jp