このページの本文へ
ページの先頭です。

【訪日旅行再開】観光関連事業者の皆様へ

印刷用ページを表示する掲載日2022年6月10日

令和4年6月10日以降の訪日観光客の受入れ再開に伴う関連情報をお知らせします。

観光庁の施策・取組み

訪日外国人の受入れ開始について

旅行業者等を受入責任者とする添乗員付きパッケージツアーによる外国人観光客の受入れが令和4年6月10日から開始されます。

令和4年6月10日以降の外国人観光客の受入れ開始について <観光庁HP>

外国人観光客の受入れ対応に関するガイドライン

本ガイドラインには,令和4年6月10日以降の訪日外国人受入れにあたり,旅行業者やツアー添乗員,宿泊事業者など観光事業者が留意すべき事項がとりまとめられています。

「外国人観光客の受入れ対応に関するガイドライン」 の改訂について <観光庁HP>

宿泊施設における感染防止対策の外国語のリーフレットの掲示等について

ガイドラインにおいて,宿泊事業者等は,ロビーや食堂等の目立つ場所のほか,更衣室や浴場等の添乗員による確認が困難な場所においても,感染防止対策が適切に実施されるよう,外国語のリーフレット掲示等を行うことが求められています。

ガイドライン中の「個別感染防止策のリーフレットの例(多言語版) (PDFファイル)(219KB)」を参考にして,適切な対応をお願いします。

 

なお,個別感染防止策の掲示用リーフレットは,観光庁のホームページからダウンロードできます。

令和4年6月10日以降の外国人観光客の受入れ開始について <観光庁HP>

広島県における基本的な新型コロナウイルス感染症への対策

広島県を訪問する訪日旅行を取り扱う旅行業者,外国人観光客を受け入れる宿泊事業者等の皆様は,必要に応じて事前に次の事項についてご確認ください。

発熱などの症状がある場合の相談・受診方法

訪日客が旅行中に症状が出た場合,基本的には,県内在住の方と同様の対応で,県内の診療・検査医療機関を受診いただくことになります。

症状がある場合の相談・受診方法は,こちらから確認ください。

「風邪かな?」と感じたら!まず電話!

 

受診できる診療・検査医療機関は,

積極ガードダイヤル(日本語対応)

でご案内しております。

 

日本語での相談が難しい場合は,

ひろしま国際センター外国人相談窓口 (11言語)

を経由して積極ガードダイヤルに相談することも可能です。

 

また,医療などの通訳に関するご相談は,

一般社団法人 ひろしま通訳・ガイド協会

で受け付けております。

新型コロナウイルス感染症と診断された場合の対応

新型コロナウイルス感染症と診断された場合の対応はこちらからご確認ください。

新型コロナウイルス感染症と診断された方へ

新型コロナウイルス感染症患者の濃厚接触者について

陽性者との濃厚接触の可能性がある方の範囲の確認や対応についてはこちらからご確認ください。

新型コロナウイルス感染症患者の濃厚接触者について

感染対策を行っている施設等について

各観光施設等で実施している感染症対策を「ひろしま公式観光サイト Dive!Hiroshima!」で紹介しています。

また,理容所、美容所以外の飲食店をはじめとする対人サービスを伴う業種において,感染症対策の取り組みを行い,取組を広島県に宣言した店舗「新型コロナウイルス感染症対策取組宣言店」も紹介しておりますので,ご活用ください。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

おすすめコンテンツ

この記事をシェアする