このページの本文へ
ページの先頭です。

産業廃棄物埋立税について

印刷用ページを表示する掲載日2022年12月5日

産業廃棄物埋立税(以下「産廃税」という。)は,産業廃棄物の埋立抑制を図るとともに,排出抑制,減量化,リサイクル,適正処理その他の循環型社会の形成に関する施策の推進を図ることを目的として,平成15年4月から5年間の時限措置として導入しました。

産業廃棄物埋立税条例(平成十四年条例第二十六号)

広島県産業廃棄物埋立税条例施行規則(平成十五年規則第十二号)

2.税収の使途

税収は産業廃棄物抑制基金条例に積み立て,産業廃棄物の排出抑制,減量化,リサイクルその他産業廃棄物の適正な処理その他の循環型社会の形成に関する施策に要する費用に充てています。

産業廃棄物埋立税活用事業について

広島県産業廃棄物抑制基金条例(平成十五年条例第二号)

3.課税標準及び税率

産業廃棄物を最終処分場に搬入する行為に対して,1t当たり1,000円を課税。

4.課税の期間

平成15年4月1日~令和10年3月31日(平成20年,平成25年,平成30年,令和5年にそれぞれ課税期間を5年間延長) 

このページに関連する情報

おすすめコンテンツ

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする