ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

上向きライト(ハイビーム)で夜間の交通事故防止

印刷用ページを表示する掲載日2018年7月4日

夜間は上向きライト(ハイビーム)を上手に活用しましょう

 夜間の交通事故を防ぐためには,いち早く道路上の危険を察知することが大切です。
 そこで,効果を発揮するのが上向きライト(ハイビーム)です。


 道路交通法などでは,
        走行用前照灯~上向きライト(ハイビーム
        すれ違い用前照灯~下向きライトロービーム)
と定められており,
        通常使用する灯火は走行用前照灯(ハイビーム)
とされています。

 ハイビームの照射範囲は前方約100m,ロービームの照射範囲は前方約40mであり,ハイビームの方がロービームより2倍以上遠くからでも歩行者などを発見することができますので,街灯が少ない暗い道などを走行する時は積極的にハイビームを活用しましょう。

キラリマン

※ ただし,ハイビームは他の車両を眩惑させるおそれがありますので,前走車
 や対向車がいる場合は,ロービームへこまめに切り替えてください。

ロービームとハイビームの見え方の違い

  • ロービームでの見え方

ロービーム

  • ハイビームでの見え方

ハイビーム

 ロービームとハイビームでは,ここまで見え方が違います。
 いち早く歩行者などを発見するために,ハイビームを積極的に活用してください。

夜間の安全運転のポイント

〇 暗い道で前走車や対向車がいない場合はハイビームを活用
〇 交通量の多い市街地など前走車や対向車がいる場合はロービーム
 へこまめに切り替える
〇 昼間より速度を落とし,安全確認を確実に行う

 

↓↓↓ 紹介動画はこちら(Youtubeへリンクします)

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする

自動運転 死亡事故 全国交通安全運動 特殊詐欺

県警からの注目情報

県警ホームページがリニューアルしました。

県警からピックアップ情報

広島県警察犯罪発生マップ外部リンク ようこそモシカタウンへ 落とし物情報 求む!情報! 広島県公安委員会 匿名伝言ダイヤル外部リンク 広島県警察本部Twitter外部リンク 広島県警察本部Facebook外部リンク