ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

自転車交通ルール|片手運転等禁止 Q&A

印刷用ページを表示する掲載日2011年12月1日
広島県警マスコットメイプル君僕がお答えします。

メイプル君

Q1:自転車に傘を固定させる器具を取り付けて,傘を差した場合は?の回答

  両手でハンドルを握って自転車を運転する場合は,今回の改正では規制の対象にはなりません。
  ただし,風が吹けばバランスを崩しますし,視野を妨げる場合もありますので,運転には注意が必要です。

 Q2:交通ひんぱんな道路とは,どういうところですか?の回答

  交通の状態がどの程度になれば「交通ひんぱん」と言えるかは,道路の広狭,通行する歩行者や車両の量等との関係で違ってきます。
  例えば,昼間の広島駅前通りなど交通の往来が激しい道路は,一般的に交通ひんぱんと言えますが,深夜や早朝のように交通が閑散になると,交通ひんぱんな道路とは言えない場合もあります。

Q3:傘を差す,物を持つなど安定を失うおそれのある方法で運転した人は,すぐに取締まられるのですか?の回答

  まず,自転車利用者の皆様が,このルールを守っていただくことが第一です。
  警察では,基本的には指導警告を行うこととしておりますが,悪質・危険性の高いものは,直ちに検挙する場合もあります。

Q4:検挙された場合の罰金はどうなるのですか。の回答

  5万円以下の罰金が科せられることになっています。

Q5:手に障害等があり,両手でハンドルを持つことができない場合はどうなるのですか?の回答

  今回の改正の趣旨からすると違反とはなりませんが,安全な運転に心掛け,交通事故に遭わないようにしてください。

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする

自動運転 死亡事故 全国交通安全運動 特殊詐欺

県警からの注目情報

県警ホームページをリニューアルしました。

県警からピックアップ情報

広島県警察犯罪発生マップ ようこそモシカタウンへ 落とし物情報 求む!情報! 広島県公安委員会 匿名伝言ダイヤル 広島県警察本部Twitter 広島県警察本部Facebook