ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

【訓練】被災建築物応急危険度判定連絡訓練

印刷用ページを表示する掲載日2018年3月27日

 南海トラフ巨大地震等の大規模地震発生がひっ迫する中,平成28年4月には,熊本地震が発生する等,大地震はいつどこで起こってもおかしくない状況です。

 広島県では大地震時の判定実施体制を強化するための取組のひとつとして,メールアドレス登録者を対象とした連絡訓練を定期的に実施することとしています。

第2回連絡訓練の結果【実施済】

連絡事項

■ 今回の連絡訓練はメールとホームページを活用し,災害発生時の判定士の参集を速やかに行うための新しい連絡体制の試行として行うものです。今回行った方法は,今回の試行の結果を踏まえ,変更することがあります。

■ 連絡訓練終了後に,任意抽出した連絡訓練参加者の方にアンケートを行う予定ですので,御協力をお願いします。

■ 今回の連絡訓練について,御意見等がございましたら,こちらのメールアドレス(oq-info@pref.hiroshima.jp)まで御連絡ください。

Adobe Reader外部リンク

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

おすすめコンテンツ

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする