このページの本文へ
ページの先頭です。

交通死亡事故多発に伴う「知事談話」の発表について

印刷用ページを表示する掲載日2021年2月25日

 交通事故防止については,県を挙げて交通安全の取組を推進しているところですが,2月13日から2月22日までの10日間で7件の交通死亡事故が発生し,7人(うち4人が高齢者)の尊い人命が失われ,極めて憂慮すべき状況にあります。
 また,これから年度末にかけて,さらに交通事故が増加する傾向にあり,本日「知事談話」を発表いたします。

談話

 県民の皆様
 県内で交通死亡事故が多発しています。
 特に,2月に入り,13日から22日までの10日間という短期間で,7件もの交通死亡事故が発生し,7人(うち4人が高齢者)の尊い人命が失われるという,極めて憂慮すべき状況にあります。
 新型コロナウイルス感染拡大防止集中対策の終了に伴う生活変化や年度末に向けた交通量の増加などにより,さらに交通事故の多発が懸念されますが,これ以上,交通死亡事故を発生させてはなりません。
 悲惨な交通事故を防ぐには,何と言っても県民の皆様の交通安全に対する心掛けと思いやりを持った行動が不可欠です。
 そこで,次の3点の励行をお願いします。
○  車を運転するときは,速度を控え,十分な車間距離をとり,安全確認を確実に行ってください。
     特に,横断歩道では歩行者優先を徹底し,夜間の運転は,上向きライトを上手に活用してください。
○  自転車や歩行者の方は,夕暮れ・夜間はLEDライトや反射材用品を着用するなど,目立つ服装を心掛け,道路を横断するときには,信号を守り,安全を確認してください。
○  高齢者の方は,夜間歩行中は必ず反射材用品を着用してください。また車を運転するときは,加齢による身体機能の変化を自覚して,慎重に運転してください。
     県民の皆様,どうか一人ひとりが交通ルールと交通マナーを守り,交通事故の防止に努めていただくようお願いします。

  令和3年2月25日

                                  広島県知事      湯  崎  英  彦

知事談話画像
         知事談話 (PDFファイル)(108KB)

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

おすすめコンテンツ

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする