このページの本文へ
ページの先頭です。

知事記者会見(令和3年10月26日)

印刷用ページを表示する掲載日2021年10月26日

 記者会見などにおける知事の発表や質疑応答をブランド・コミュニケーション戦略チームでとりまとめ,掲載しています。
 なお,〔 〕内は注釈を加えたものです。
 動画はインターネットチャンネルのサイトでご覧になれます。

会見日:令和3年10月26日(火曜日)

冒頭発言

〔動画(1)(2)〕

(1)直近の感染状況(各種指標)について

質問項目

(2)観光促進事業について

〔動画(3)(4)〕

(3)広島県知事選挙について

(4)新型コロナウイルスの感染防止対策について

〔動画(5)(6)〕

(5)広島県知事選挙について

(6)マイクロン社の今後10年間の投資計画に係るプレスリリースについて

会見録

 (幹事社:山陰中央新報)
 幹事社の山陰中央新報です。これから知事定例会見をはじめます。終了時刻は,11時00分を予定しております。ご協力をお願いいたします。まず,知事から冒頭発言が1件ありますので,お願いいたします。

直近の感染状況(各種指標)について

 まず,感染状況について説明したいと思います。先週に引き続きまして,我々が,感染が落ち着いている時も含めて着目しています指標の推移を共有させていただきます。まず,新規報告者数ですけれども,10月10日に県独自の警戒基準値であります〔人口10万人当たり新規報告者数〕4を下回った後に,10月15日〔に〕再度〔人口10万人当たり新規報告者数〕4を上回りましたけれども,また〔10月〕21日に〔人口10万人当たり新規報告者数〕4を下回りまして,現在は減少傾向が継続しています。新規報告〔者〕数が低い値となったことで,その他の指標についても低い水準となっております。〔モニターを示して〕シミュレーションと実測値の比較になりますが,10月24日までの数値では,ご覧のとおり,概ねシミュレーションの範囲内での推移となっております。皆さまが感染防止対策をしっかりととっていただければ,今後すぐに再拡大するおそれというのは低いのではないかと見ております。減少局面におけるシミュレーションは,こういう状況ですので,いったん終了といたしまして,今後は,これは起こってほしくないことではありますが,再度〔の〕拡大の可能性について注視していくこととしたいと思っております。これまで,広島県の感染拡大に先立ちまして,東京都や大阪府といった大都市で感染が拡大しておりました。大都市で感染が拡大して,人の往来があって,県内に感染が持ち込まれて感染が広がるというパターンがあったと考えておりますけれども,直近では大都市において感染の減少傾向が継続しておりまして,流入人口は,人の往来自体は昨年同期並みではあるのですが,大都市の感染状況が低い状況にありますので,すぐさま警戒すべき状況にはないと考えているところであります。県外流入指標は,何度か説明させていただいていますが,東京,大阪の感染状況と人流を掛け合わせたものですけれども,過去のデータを見ますと,この指標が1を超えて継続的に推移すると広島県においても感染が急拡大するというパターンが見てとれます。この指標は現在1を下回って低水準で推移しているところです。再度の感染拡大を防ぐために,県外往来については,県外の感染状況を踏まえて,引き続き慎重な判断をお願いしたいと考えているところであります。それからワクチンですけれども,県内で2回目までのワクチン接種が済んでいる方の状況になります。〔接種率は〕全体で68.9パーセント,高齢者は,高齢者と言うか40歳以上の中高年齢層ですが,〔その年齢層で〕は83.7パーセント,若年層が,〔つまり〕39歳まで,30代までということですけれども,〔若年層では〕60パーセントというところになっています。ワクチンの効果を考える上で,県としては2回目の接種率を80パーセント以上,できるだけ高いところを目指していきたいと考えております。〔それ〕で,1回目〔の接種状況〕を見ますと,1回目〔の接種を〕受けられた方は,ほぼほぼ間違いなく2回目〔の接種〕を受けられるということで,現時点での進捗状況,直近の進捗状況になりますが,〔10月13日に〕ワクチン接種推進キャンペーンを始めました。それから10月24日までに,4.5万人,これは約1.6パーセントに相当しますけれども,〔接種者数が〕増加している状況です。繰り返しになりますが,この皆さま方はいずれ2回目の接種を打っていくということになります。なお,ワクチン接種推進キャンペーンでプレゼントいたしますデジタルポイントですが,ちょっと発表が遅れたのですが,LINEポイント 1,000ポイントとなりました。LINEポイントは,ペイペイボーナスであるとか,あるいはLINEペイなどで,コンビニでも使えるといったことで,利用用途が幅広いと考えております。発表が遅れてしまいましたので,キャンペーン期間は11月30日まで延長することといたしました。ただ,11月になりますと1回目の接種を受けられる会場が少なくなっていきますので,ワクチン未接種の方は,早めの予約をお願いしたいと考えております。この件については以上でございます。

 (幹事社:山陰中央新報)
 この件について,質問がある社は挙手をして社名を名乗ってからお願いします。なお,手話通訳者の方が通訳しやすいよう,質問は,はっきりとおっしゃっていただきますよう,お願いします。質問がある社はありますでしょうか。

観光促進事業について

 (幹事社:山陰中央新報)
 〔質問がないようですので,それ〕では,幹事社質問に移ります。質問ですけれども,新型コロナウイルス感染の落ち着きを受けまして,広島県の「やっぱ広島じゃ割」など,中国5県がそれぞれ県内での観光促進事業に取り組んでいます。広島では15日の事業開始から1週間余りが経過しましたが,現状とその効果について伺います。また,観光促進に当たり,中国5県内もしくは隣県間,広島〔と〕島根などですけれども,県境を越えたエリアを対象にした観光促進事業を実施する考えがありますでしょうか。もしある場合は,実施の枠組みや支援内容,検討状況についてお教えください。よろしくお願いします。

 (答)
 まず,このキャンペーンですけれども,県民の皆さまに感染防止対策にご協力いただいたということと,それからワクチン接種を進めていただいて,感染についての抵抗力もだんだんと高まってきているという状況があります。県民の皆さまの,まさにご努力によってこれができるようになったということで,感謝申し上げたいと思います。それで,皆さんも,ずっと我慢されていた旅行,県内旅行ですけれども,〔県内旅行が〕お得にできるということになったので,ぜひご活用いただきたいと思っているところです。既に多くの予約,お問い合わせをいただいていまして,10月25日時点で,宿泊プランが16,220人,これは金額に換算しますと約8,300万円相当になります。旅行プランが8,155人,これは金額に換算すると約6,700万円のご予約をいただいているところです。また,現在,特設ホームページで掲載しています割引プランの数ですけれども,宿泊が344件,旅行が159件に上っておりまして,宿泊,それから旅行割引プランとも予約状況は好調であると,多くの事業者の方から聞いております。落ち込んだ観光需要の早期回復の一助になればと,これまでずっと我慢していただいた県民の皆さまもお得ですし,それから観光事業者の支援にも繋がるということで,今,この状況の中で,ぜひお楽しみいただきたいと思っています。今後も続々と割引プランは増えていくという予定になっておりますので,これまで知らなかった,あるいは行ったことがない,体験したことがなかったような,瀬戸内であるとか,あるいは里山を生かした本県ならではの,さまざまな魅力に触れていただきたいと〔思います〕。広島県再発見というところです。これから紅葉シーズンにもなりますし,また冬のシーズンにも入ります。なかなか,例えば県北で,雪に埋もれたところで宿泊するとか,県内でです。皆さん〔も〕北海道とか行ったらそういう経験をされるかもしれませんが,県内であまりそういう経験はないのではないかと思うのですが,ぜひ,これまで触れたことのないようなことを楽しんでいただきたいと思います。紅葉のシーズンも本当に素敵です。もちろん,このキャンペーンを続けていくためには,感染状況が低い状況で保たなければいけないというのがありまして,事業者の方には,感染拡大防止対策を徹底していただいて,県民の皆さまには,マスクの着用であるとか,こまめな換気といったような「新しい旅のエチケット」とも言いますけれども,ご協力いただきながら楽しんでいただきたいと思います。〔それ〕で,今後の展開については,本事業は,国の補助金の財源を活用しているところでありまして,割引対象は,県民の県内旅行のみとなっています。一方で,先週,観光庁長官の記者会見がありまして,そこでは,「今後,ワクチン検査パッケージを活用して国補助金の割引対象を近隣県まで拡大できるよう検討している」という発言があったと認識しています。こういったことがありますので,隣同士の県であるとか,あるいは中国5県内とか,あるいは瀬戸内7県とか,そういった本事業の対象拡充については,当面,国の方針を注視していきたいと思いますし,もちろん県内であるとか,あるいは近隣県の感染状況を注視しなければいけませんけれども,そういうところを見ながら検討していきたいと考えています。現時点では,いずれにしても,県民を対象とした県内誘客に注力したいというところであります。

 (幹事社:山陰中央新報)
 ありがとうございます。この件について,質問がある社はお願いします。〔質問がないようですので,それ〕では,一般質問に移ります。他に質問がある社はお願いします。

広島県知事選挙について

 (中国新聞)
 すみません。中国新聞の河野と申します。いきなり〔ですが〕,明後日,告示される〔広島県〕知事選〔挙〕についてのお話をちょっとお聞きしたいと思います。リモート出陣式をされたりされるということなのですけれども,そういう方法でやられる理由とか狙いとかをお聞きできればと〔思います〕。

 (答)
 なかなか感染状況も見通しづらいというところもありましたので,コロナ対策の責任者としては,最大限,感染対策に配慮する必要があるだろうということで,従来であれば1,000人とか,そういう規模で集まっていただいて出陣式をやるということだと思うのですが,なかなかちょっと,そういうのは避けたほうが良いかなということで,リモート出陣式ということにさせていただいております。

 (中国新聞)
 ということは,選挙戦中の街頭演説〔を〕どうするかとか,選挙カー〔を〕どうするかとか,いろいろあると思うのですけれども,その辺はどうされる予定でしょうか。

 (答)
 街頭演説なども同じようなことがありますので,できるだけ人を集めていくということが大事になりますし,もう少し小さい,そこ,ここでやるような街頭〔演説〕についても,やっぱり握手をしたりとか,そういう接点を持つということがとても重要なことだと思うのですけれども,それもなかなかできないと言うか,現状で,ちょっと私としては〔それをするのは〕どうかなと〔思っています〕。これは,今はたまたま感染状況が非常に低いので,あれですけれど,ちょっと〔感染状況を〕予測〔すること〕が難しかったですし,また〔選挙戦の〕途中で〔感染状況が〕変化するということもあるので,そこは現時点では,できるだけ行わないということで考えています。〔それ〕で,選挙カーなども,回そうと思うと,これはかなり前から企画して,人も確保してやらないと難しいので,ちょっとなかなか急に対応〔するの〕は難しいかなと思っています。

 (中国新聞)
 それではどのように政策を訴えていかれるのかなと,〔政策が〕伝わらない可能性があって,投票率が下がるということも懸念されると思うのですけど,どうお考えでしょうか。

 (答)
 選挙カーを回すとか,そういうことで投票率が上がるとは思っていませんので,むしろ,まずはオンラインでいろいろ展開する必要があろうと思っていますけれども,そういうところで逆にしっかりと政策を訴えていくといったようなことが必要かなと思っています。

 (中国新聞)
 今,衆〔議〕院選〔挙〕が行われていますけれども,先週もちょっと質問が出たかもしれないのですけれども,あらためて今回,応援とかに関わっておられるかどうか,その辺あらためてお伺いしたいのですが〔いかがでしょうか〕。

 (答)
 今回はまったく〔応援に〕出ていないです。

 (中国新聞)
 あらためて理由〔を〕,前回の参〔議〕院〔議員〕の再選挙では西田さんの応援マイクも握っていたと思うのですけれども,なぜ今回は〔応援マイクを〕握らないのかということをあらためてお聞きしたいと思います。

 (答)
 繰り返しになると思うのですけれども,基本的に私は国会議員の,国会の国政の選挙には,基本的には関わっていないというところが基本的スタンスです。

 (中国新聞)
 〔参議院の〕再選挙とかは,なぜ関わったのか。

 (答)
 それもその時にご説明したと思うのですけれども,西田さんの時には,西田さんは個人的な繋がりもあるし,役所での後輩〔である〕とか〔という繋がり〕です。いろんな個人的な繋がりもあるので,そういう繋がりを無視することも難しいということです。

 (中国新聞)
 最後に,知事選〔挙〕で基本的に政党推薦というのを受けずに県民党で戦うというのをおっしゃっていますけれども,実質は自民党さんのご支援を受けられながら選挙対策をやられていると思うのですけれども,この体制については今どのようにされておられるのでしょうか。

 (答)
 いや,特に支援というのはどういうことかよくわからないのですけれども,応援は各陣営にいただいていると思っていますが,具体的に,何と言うのですか,人を出していただくとか,そういうことはないので。

 (中国新聞)
 基本的には政党の応援なしで戦うということでよろしいですか。

 (答)
 ですから,応援というのは,応援はしていただいていると思っています。各政党というか,ご承知のとおり,県議会は会派で動いていますから,各会派の応援はいただいていると思っています。

新型コロナウイルスの感染防止対策について

 (NHK)
 NHKの五十嵐です。話題が変わるのですが,今月の31日,今週末です。ハロウィンがありまして,例えば東京都の渋谷区の方では自宅でハロウィンを楽しんでというような呼び掛けをしています。広島県としては,ハロウィンと言うと人出の増加が懸念されるのですが,そういった呼び掛けをされる予定があるのかどうかについて伺えますか。

 (答)
 今,ハロウィンについて,特に何か対応しているということはありませんけれども,これは恐らく広島市〔と相談する必要があること〕なのです。なので,特に本通り近辺で従来人が集まるというようなこともありましたから,その辺はまた市とも話をしながら,対応は考えていくということになろうかと思います。

 (NHK)
 現時点では特に,自宅でハロウィンを楽しむといった呼び掛けは,今のところ考えていないと〔いうことでしょうか〕。

 (答)
 今,夜もオープンになっているわけですから,あえてハロウィンだけ家にいてくださいということではないと思うのですが,ただ集まって,例年のようにワーッと集まってハイタッチするとか,そういうのはちょっとどうかなという気はします。なので,今どのように企画がされているかというのもあると思うので,その辺は市とよく相談しながら考えていくのかなという感じです。あまり,今,企画がいろいろ持ち上がっているという話は聞いていませんので,ただ我々も実態はわからないというところもありますから。

 (幹事社:山陰中央新報)
 他に〔質問は〕ございませんでしょうか。

広島県知事選挙について

 (毎日新聞)
 毎日新聞の山本です。よろしくお願いします。今回,知事選〔挙〕がありますけれども,前回の投票率が31.09パーセントで毎回下がっている状態なのですけれども,その点について今回,ネットでの戦術等ですけれども,何か投票率を上げることについて,例えば若者に対する呼び掛けですとか,前回と変わった取組というのはお考えでしょうか。

 (答)
 皆さんいつも誤解されるのですけど,まず投票率を上げるということ自体,あの,選挙で自分に投票していただくという意味において,沢山の人に投票していただきたいということでの呼び掛けというのはもちろんやります。ただ,投票率そのものについて,これを上げていくというのは選挙管理委員会の責任なので,投票率を上げるための例えばキャンペーンとか〔選挙管理委員会が〕やります。それは知事が考えることではなくて,と言うか,知事が考えてはいけないのです。選挙管理委員会が,それは考えるという〔ことです〕。逆に言ったら,変に政治的に使えるではないですか。投票率が上がった方が得な時にはこうとか,下がった方が得な時にはこうとかです。実際に選挙に出る人が有利〔になる,〕不利〔になるということ〕に応じて,何かやるとかやらないというのはあまり良くないので,それは基本的には選挙管理委員会にやっていただくということだと思うのです。ただ,その投票を受ける立場として,私として,皆さん〔に〕投票に行ってくださいと言うのは,もちろんやるわけです。それは投票していただきたいから。そこはちょっと区別してお考えいただきたいと思うのです。なので,選挙管理委員会の方としては,ご承知のとおり,投票する大人は格好良いというようなキャンペーンをやっていますので,そういったことは力を入れてやっていただきたい。なので,例えば今回の投票日をどうするかということについても,多分投票率に影響したと思うのですけれども,私は干渉できないので,黙って見ているという立場です。そこは選挙管理委員会の方で考えていただいたということなので,〔投票率を〕上げる立場から言ったら,例えば〔衆議院選挙と〕同日になった方がよかったのかなという気はしますけれども,そこは,すみません。繰り返しになりますが,役割分担があるので,そこはちょっと明確にしておいていただきたいとは思います。

 (毎日新聞)
 ありがとうございます。

 (幹事社:山陰中央新報)
 他に〔質問は〕ございますでしょうか。

マイクロン社の今後10年間の投資計画に係るプレスリリースについて

 (日経新聞)
 日経新聞です。アメリカのマイクロン〔・テクノロジー社〕が,今後10年間の投資計画を発表しました。具体的に設備投資をする国についての言及はなく,各国政府からの支援を楽しみにしているという言及にとどまりました。広島県はマイクロンメモリジャパン広島工場がありますが,拡張や増築等の可能性を含めて,県として最新の情報収集の状況について教えてください。

 (答)
 マイクロン〔・テクノロジー社が〕今回,グローバルな投資計画というのを発表されましたけれども,これは一つはもちろん投資家に対する情報提供という意味と,マイクロンとしてどのように市況を見ているのか,つまり,このメモリというのが成長していくのかどうなのかというところで,今後,1,500億ドル〔を〕10年間投資し続けていくと,これは年間で言うと,単純に言うと150億ドルですけど,1兆7千億円くらいですか。これを毎年,平均して〔1兆7千億円を10年間〕投資し続けるということで,かなり,これ〔は〕研究開発も含めてですが,市場については成長を見込んでいるという見方を示したということだと思うのです。〔それ〕で,広島への投資がどうなのかということについては,これは常に,ご承知のように,半導体というのは,投資を,設備を更新し続けなければ競争力を失うということがあるので,当然に,広島における投資というのも視野にあって,我々はそのために,いろんな相談だとか環境整備だとかの相談は受けています。そういうことをベースに,最終的に投資の意思決定をしていくということだと思いますけれども,実際に過去3年間には7,700億円くらいの投資をしてきていますので,従業員も16パーセントくらい確保,3年くらいで増加しているというのもあるので,これは引き続き,広島というのはグローバルなオペレーションの中で,非常に重要な,R&D〔研究開発〕と,それから製造と両方あるので,重要な拠点として我々が一緒になって,マイクロンの投資が進むよう支援していきたいと思っています。

 (日経新聞)
 既存の工場の周辺に新たな工場を新設するといったような,新たな投資に関わる,その辺に関して確定した情報というのはどうでしょうか。

 (答)
 我々〔は〕いろいろな相談を受けています。ただ,新しい土地を購入して〔新たな投資をするということについては〕,今,次の世代の工場の立ち上げをやっていますから,〔新しい土地を購入して新たな投資をするということは〕そのさらに次の世代に〔向けた投資と〕なるわけです。それについて〔さらに次の世代に向けた新たな投資をすると〕意思決定したということは,我々〔として〕は,そのように〔意思決定したというように〕は理解していないところです。

 (幹事社:山陰中央新報)
 そろそろお時間が迫ってきましたが,他に〔質問は〕ございますでしょうか。〔質問がないようですので,それ〕では,これで知事定例会見を終わります。次回の定例会見については,別途お知らせいたします。ありがとうございました。

ダウンロード

(資料)直近の感染状況(各種指標)について (PDFファイル)(861KB)

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

おすすめコンテンツ

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする