このページの本文へ
ページの先頭です。

企業と県の森林保全・管理協定について

印刷用ページを表示する掲載日2022年10月27日

 企業と県における森林保全・管理協定について

広島県では,CSR(企業の社会的責任)活動の一環として森林の整備・保全活動を行いたい企業や団体等と森林保全・管理協定を締結し,相互の協力,連携による森づくりを進めています。

■ 協定を締結している会員企業・団体の一覧はコチラ>>

 新着情報

カルビー株式会社広島工場との森林保全・管理協定の締結

この度,カルビー株式会社広島工場と次のとおり森林保全・管理協定を締結しました。

【協定締結日】

 令和4年10月27日

【協定の相手方】

 カルビー株式会社 広島工場

 工場長 石丸 早苗

 広島県廿日市市木材港北16番9号

【森林保全・管理協定の内容】

1 森林所在地 広島県広島市東区福田町10166-1,10167

                            広島県緑化センター内(面積:2.70ha)

2 協定期間 協定締結から3年間

3 活動内容 植栽,下刈り,除伐 等

4 活動地の名称 「自然の恵み カルビーかっぱの森」

 

この活動の実施にあたっては,ひろしまの森林づくりフォーラムが実施する「企業の森造成事業」を活用します。

※「企業の森造成事業」とは

会員企業・団体が実施する森林保全活動をサポートする事業であり,会員が実施する「企業の森」における除伐等の森林保全活動に対して,必要資源(手ノコ,ヘルメット,ほか作業用具)の提供や作業を指導する講師を派遣し,安全な活動となるよう支援しています。

 ■ カルビー株式会社リリース資料はコチラ>>

 ■ ひろしまの森林づくりフォーラムHPでの紹介ページはコチラ>>

関連情報

おすすめコンテンツ

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする