ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

「『親の力』をまなびあう学習プログラム」ファシリテーターステップアップ研修

つながりがつくる豊かな家庭教育支援を目指し,地域で子育て家庭を支えることの大切さについて理解を深め,地域の多様な支援者や組織等とつながりながら,地域全体で家庭教育を支援するネットワークづくりのあり方や今後の「親プロ」活動について考えます。

令和3年度「『親の力』をまなびあう学習プログラム」ファシリテーターステップアップ研修(全3回)

第1回 7月13日(火) 9時30分~12時00分

第2回 7月20日(火) 9時30分~12時00分

第3回 12月14日(火) 9時30分~12時00分

研修の目的:家庭の教育力向上につながる知識・技能の習得と情報交換

家庭教育支援に係る講義や演習を通して,「『親の力』をまなびあう学習プログラム」のファシリテーターとして,家庭教育に関する知識を深め,講座を進行する技術や資質の向上を図り,活動への意欲を高めるとともに,情報交流を通じてファシリテーター間のネットワークづくりを行います。

主催

広島県教育委員会

対象者及び定員等

(1) 対象
 ・「『親の力』をまなびあう学習プログラム」ファシリテーター養成講座修了者
 ・市町家庭教育支援担当者
(2) 定員
 80名程度(※参加申込みが多い場合は,人数を調整させていただくことがあります。)
(3) 参加条件
 ・インターネットに接続できる環境がある方(通信料は受講者側の負担)
 ・ Web会議システム「Zoom」が使用可能で,マイク機能が付いているパソコン,タブレット,スマートフォン等のいずれかの端末を1人1台用いて研修を受講できる方(グループでの話し合いを行うため)
 ※ マイク機能に加え,カメラ機能が付いている端末を用いて研修を受講することを推奨します。
 ※ できるだけ3回を通じて参加してください。(全3回の参加が難しい方は,御相談ください。)

申込方法等

(1)受講希望者は,所属の市町家庭教育担当課に氏名,メールアドレスをお知らせください。
(2)各市町家庭教育担当課は,市町ごとに取りまとめの上,広島県電子申請システムから申込をしてください。
(3)申込・問合わせ先
 広島県立生涯学習センター
 〒730-0052 広島市中区千田町三丁目7-47
 電話 082-248-8848  ファクシミリ 082-248-8840
 電子メール sgcshinkou@pref.hiroshima.lg.jp 担当 武原 

実施要項

実施要項 (PDFファイル)(185KB)

内容

第1回(7月13日)

日程 内容

ログイン(9時開始)
9時30分~9時40分

開会行事
オリエンテーション

9時40分~11時55分

説明】
「オンラインで使えるアイスブレイク」
【説明者】県立生涯学習センター職員
(休憩)
【講義】
「オンラインでの子育て支援・家庭教育支援」
【講師】県立広島大学  教授 島谷 康司
【意見交流】

11時55分~12時00分

閉会行事

第2回(7月20日)

日程 内容

ログイン(9時開始)
9時30分~9時40分

開会行事
オリエンテーション

9時40分~11時55分

【教材説明】「R2新規開発教材について」
【説明】県立生涯学習センター職員
【進行】「親プロ」ファシリテーター
(休憩)
【演習】「R2新規開発教材を体験しよう」
ファシリテーター役,参加者役を交代しながら,教材を実際に体験します。
【意見交流】

11時55分~12時00分

閉会行事

第3回(12月14日)

日程 内容

ログイン(9時開始)
9時30分~9時40分

開会行事
オリエンテーション

9時40分~11時55分

【実践交流】
〇各市町からの実践報告
〇報告や実施体験から気づいたことについて意見交流
(休憩)
【講義】
「アフターコロナ時代に求められている家庭教育支援(仮)」
講師 安田女子短期大学 教授 橋本 信子
【意見交流】

11時55分~12時00分

閉会行事

研修報告

令和3年度 第1回 第2回

過去の研修報告はこちらから

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする