ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

令和2年度「『親の力』をまなびあう学習プログラム」ファシリテーターステップアップ研修

家庭の教育力向上につながる知識・技能の習得と情報交換の場を提供します。 

家庭教育支援に係る講義や演習を通して,「『親の力』をまなびあう学習プログラム」のファシリテーターとして,家庭教育に関する知識を深め,講座を進行する技術や資質の向上を図り,活動への意欲を高めるとともに,情報交流を通じてファシリテーター間のネットワークづくりを行う。

第1回「『親の力』をまなびあう学習プログラム」ファシリテーターステップアップ研修
※新型コロナウィルス感染拡大防止等の観点から,「集合型研修」に代えて「オンライン研修(遠隔研修)」として試行的に実施します。
実施要項(第1回) (Wordファイル)(59KB) 
(様式1)受講申込書【個人用】 (Wordファイル)(60KB)
(様式2)受講申込書【市町担当課用】 (Excelファイル)(18KB)

研修資料

※各自でダウンロードと印刷をお願いします。

※研修当日までに一通り読んでおいてください。

レジュメ (PDFファイル)(165KB)

R1新規開発教材について (PDFファイル)(2MB)

振り返りアンケート (Wordファイル)(44KB)

新規教材テーマ一覧 (PDFファイル)(306KB)

展開案 (PDFファイル)(166KB)

各テーマの質問事例 (PDFファイル)(131KB)

三つの約束 (PDFファイル)(366KB)

 

主催

広島県教育委員会

対象者

「『親の力』をまなびあう学習プログラム」ファシリテーター養成講座修了者,市町家庭教育支援担当者
※次の(1),(2)の両方の条件を満たす方のみ受講可能
 (1)インターネットに接続できる環境がある方(通信料は受講者側の負担)
 (2)Web会議システム「Zoom」が使用可能で,マイク機能が付いているパソコン,タブレット,スマートフォン等の端末を用いて研修を受講できる方

日時

第1回 9月29日(火)9:30~12:00

方法

Web会議システム「Zoom」を使用したオンライン研修

申込方法等

(1) 受講希望者は,所属の市町家庭教育担当課に(様式1)受講申込書【個人用】を提出してください。
(2) 各市町家庭教育担当課は,(様式2)受講申込書【市町担当課用】に取りまとめ,県立生涯学習センターへ提出してください。
(3) 申込・問合わせ先
       広島県立生涯学習センター
       〒730-0052 広島市中区千田町三丁目7-47
       電話 082-248-8848  ファクシミリ 082-248-8840
       電子メール sgcshinkou@pref.hiroshima.lg.jp 担当 濱本

日程・内容

第1回

ねらい:R1開発教材の進行方法等について学ぶと共に,集合型の「親プロ」が困難な場合の対応について意見を交流する。

 
日程 内容

ログイン(9時開始)
9時30分~9時50分

開会行事
【教材説明】「R1新規開発教材について」
【説明】県立生涯学習センター職員

9時50分~11時05分

【演習】「R1新規開発教材を体験しよう」
【進行】「親プロ」ファシリテーター 行政智

11時05分~12時00分

【意見交流】「コロナ禍での『親プロ』について~工夫や実践,悩みやモヤモヤをオンラインで交流しよう~」
【進行】県立生涯学習センター職員
閉会行事

過去の研修報告はこちらから
Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする