このページの本文へ
ページの先頭です。

新型コロナ感染拡大防止集中対策を実施 【7月31日~9月12日】

印刷用ページを表示する掲載日2021年8月5日

直近1週間の人口10万人あたりの新規報告者数が、10人を超えていることや、他府県の上昇傾向が継続していることを踏まえ、「新型コロナ感染拡大防止 早期集中対策」を実施いたします。また早期対策により、「対策期間の短縮」と「その波の総感染者数の減少」を期待しています。

【対策期間】 7月31日 ~ 9月12日

現状: 段階3 早期集中対策を実施 早期対策により低く早く終わらせるために全員の取組で効果を発揮

会見スライド⇒新型コロナ感染拡大防止 早期集中対策【R3.7.30会見】(PDFファイル)(806KB)
会見スライド⇒感染状況を踏まえた皆様への改めてのお願いと重点区域の拡大【R3.8.5会見】(PDFファイル)(2.88MB)

県民と事業者の皆様への要請

県民の皆様への要請

【全ての県民の皆様への要請】

  • 生活に必要な買い物を含めて、外出を半分にしてください
  • 重点区域7市(広島市、呉市、三原市、尾道市、福山市、府中市、廿日市市)との往来について、通勤・通学・通院を除き、最大限自粛してください。
  • 緊急事態宣言地域とまん延防止等重点措置地域との往来は、最大限自粛してください。
  • 感染が拡大している地域 (直近1週間の新規報告者数10万人対10人以上)との往来は、慎重に判断してください。
  • 店でも家でも外でも、飲食時は飛沫防止や換気など感染防止対策を徹底してください。
  • 参加者の連絡先が分からない会食は避けてください。
  • 違和感を感じたら、すぐに医療機関を受診してください。

【重点区域の皆様への要請(広島市、呉市、三原市、尾道市、福山市、府中市、廿日市市)

  • 20時以降の外出をしないでください。

事業者の皆様への要請

【全ての事業者の皆様への要請】

【重点区域の事業者の皆様への要請(広島市、呉市、三原市、尾道市、福山市、府中市、廿日市市)

  • 事業継続に必要な場合を除き、20時以降の勤務を抑制してください。

県民と事業者の皆様への要請、昼間の人出削減 県民と事業者の皆様への要請、夜間の人出の大幅な削減

▲ TOPに戻る

事前のPCR検査

このタイミングでの県外往来は、県内でのさらなる感染拡大や、他地域での拡大につながるおそれがあります。そのため、このお盆休みには県境をまたぐ移動は自粛してください。
やむを得ず来られる方には、帰省予定者向けの事前PCR検査を勧めてください。

  • 実施期間:令和3年8月1日(日)~8月31日(火)
  • 検査対象者:県外からの帰省を予定している者(無症状者)
  • 申込方法:専用予約フォームもしくは電話(082-207-2322)にて申し込み(受付時間10時~17時)

このほか、駅や空港、サービスエリアでの帰省者向け検査もありますので、ご家族やご友人に勧めていただくようお願いします。詳細はこちらでご確認ください。

お盆休みは県境をまたぐ移動の自粛を 本当にやむを得ず来る方には、帰省予定者へのPCR事前検査を勧めて下さい

▲ TOPに戻る

県内全域への対策

イベントの開催要件

【要件の適用日】
・8月4日以降のイベントに適用(7月31日から8月3日までを周知期間とする)
※8月3日までの間にチケットが販売されたイベントについては、 周知期間終了時点までに販売されたチケットに限り、上記の要件を適用せず、 チケットをキャンセル不要と扱うこと。周知期間中及び終了後、 要件を満たさないイベントのチケットの新規販売は行わないこと。
【時間】
・21時までの時短を働きかけ
【人数上限】
・「収容定員に収容率(A)をかけた人数」と「人数上限(B)」の少ない方を限度とします。

イベントの開催要件【県内全域】 

頑張る中小事業者月次支援金

【対象期間】
令和3年8月・9月(※感染状況の改善に伴い、対象期間を変更する場合がある)
【支給額】
中小法人(上限20万円/月)
個人事業者(上限10万円/月)
【算出方法】
2019年又は2020年の対象月の売上-2021年の対象月の売上
【支給要件】
飲食店の休業・時短営業、外出自粛等の影響により売上が30%以上減少していること
中小企業基本法で定義する県内の中小企業(個人事業者含む)でること等

頑張る中小事業者月次支援金

▲ TOPに戻る

重点区域への対策(広島市、呉市、三原市、尾道市、福山市、府中市、廿日市市)

広島市、廿日市市、三原市については、他地域と比較して十分な改善が見られないため特に人出を抑える対策が必要です。(※8月5日、重点区域は当初の3市に加え呉市、尾道市、福山市、府中市を新たに追加しました。)
また、これまで 「飲食」をキーワードにした感染が多く出ており、リスクが高い感染経路といえます。こうした状況から、3市のお
酒を提供する飲食店へ時短営業を要請します。

飲食店への時短要請(第4期)

これまで昼間の人出の抑制とともに、夜間の人出を大幅に抑えることで感染状況が改善してきたことから、重点区域(広島市、呉市、三原市、尾道市、福山市、府中市、廿日市市)へのお酒を提供する飲食店へ時短営業を要請します。

【区分】
・広島市、三原市、廿日市市:8月4日~9月12日 
・呉市、尾道市、福山市、府中市:8月10日~9月12日
【要請の内容】
・5時から20時までの営業時間短縮。(お酒の提供時間は11時から19時)
・カラオケ設備の提供を行わないこと。(昼営業のスナックやカラオケ喫茶等におけるカラオケ設備の利用自粛等を要請しているものであり、カラオケボックス等へカラオケ設備の利用自粛を要請しているものではありません。)
【支給単価】
・希望される方は、定額25万円を早期支給。(早期支給受付期間:8月10日~8月31日)
・時短:「中小企業 2.0~7.0万円/日」「大企業 最大19万円/日」
・休業:「中小企業 2.5~7.5万円/日」「大企業 最大19.5万円/日」
【要件】
・「広島積極ガード店」「新型コロナウイルス感染症対策取組宣言店」の登録
・通常営業時間が20時を越える飲食店
・「飲食店営業」許可証をもっていること

飲食店の時短要請

人が集まる施設への使用制限

人が集まる施設への使用制限は、重点区域(広島市、呉市、三原市、尾道市、福山市、府中市、廿日市市)の施設に20時までの営業時間短縮を働きかけます。

施設の使用制限 集客施設【広島市,廿日市市,三原市】

【働きかけの内容】
・5時から20時までの営業時間の短縮(ただし、生活必需物資の小売関係及び生活必需サービスを営む店舗を除く)
・イベントを開催する(映画館の上映含む)場合は、21時までの営業時間の短縮
・施設内での酒類提供は11~19時まで (利用者による持ち込みを含む)
※食品衛生法の飲食店営業許可を受けている施設は、飲食店への時短要請に従うこと

【対象となる施設】
・劇場等[劇場、観覧場、演芸場、映画館 等]
・集会・展示施設[集会場又は公会堂、展示場 等]
・ホテル・旅館[ホテル又は旅館(集会の用に供する部分に限る。)]
・運動施設等[体育館、スケート場、水泳場、屋内テニス場、柔剣道場、ボウリング場、テーマパーク、遊園地、野球場、ゴルフ場、陸上競技場、屋外テニス場、ゴルフ練習場、バッティング練習場、スポーツジム、ホットヨガ、ヨガスタジオ 等]
・博物館等[博物館、美術館 等]
・商業施設[大規模小売店、百貨店、ショッピングセンター 等]
・遊技施設[マージャン店、パチンコ店、ゲームセンター 等]
・遊興施設[個室ビデオ店、射的場、勝馬投票券販売所 等]
・サービス業(生活必需サービス除く)[スーパー銭湯、ネイルサロン、エステサロン、リラクゼーション 等]
・結婚式場[結婚式場]

▲ TOPに戻る

このページに関連する情報

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

おすすめコンテンツ

この記事をシェアする