このページの本文へ
ページの先頭です。

広島積極ガード店ゴールド認証制度について

印刷用ページを表示する掲載日2021年12月3日

「広島積極ガード店ゴールド」(飲食店対象)認証店 一覧

 (2021年12月2日現在)

認証店一覧 (PDFファイル)(1.66MB)
認証店一覧 (Excelファイル)(593KB)

※同一店舗が重複して掲載されている場合もあります。
※スマートフォン,タブレット端末でご覧になる場合は,PDFファイル版をご利用ください。
 (Excelファイル版では,全件表示されない場合があります。)

「広島積極ガード店ゴールド認証制度」とは、「広島積極ガード店」登録店舗について、認証基準(チェックシート)をもとに現地確認を実施し、感染防止対策が取られていることが確認できた店舗を認証する第三者認証制度です。
 「広島積極ガード店ゴールド」チラシ (PDFファイル)(659KB)
 広島積極ガード店ゴールド認証事業実施要綱 (PDFファイル)(100KB)    

●重要なお知らせ●
認証基準の項目の一部を見直し、令和3年11月1日(月曜日)から適用されますので、お知らせします。
  改訂前 改訂後

認証基準項目
7 飛沫の飛散を防ぎます

・座席と座席の間、テーブル上(同一テーブル上の正面及び隣席との間、他のテーブルとの間)にパーテーションが設置されていること。
(同居家族等であることが確認できる場合は例外的にパーテーションを外す運用を認めてもよい)
・パーテーションの高さは、着座した状態で目を覆う程度の高さがあること。

・座席と座席の間、テーブル上(同一テーブル上の正面及び隣席との間、他のテーブルとの間)にパーテーションが設置されていること。
・パーテーションのサイズや設置方法については、別紙「パーテーション設置ルール」に従うこと
(同居家族等であることが確認できる場合は例外的にパーテーションを外す運用を認めてもよい)

 認証基準は、新型コロナウイルスに関する知見や業界ガイドラインの改訂等を踏まえ、随時見直されることがありますので、その際は新たな基準に沿って適切に対応していただくようお願いします。
(参考)「パーテーション設置ルール」 (PDFファイル)(292KB)

◆アタッチメント式パーテーションの配付について◆

 認証には、認証基準項目の、
・「6 お客様同士の距離を保ちます(座席の端と座席の端の間隔が1m以上確保されていること)」
または
・「7 飛沫の飛散を防ぎます(座席と座席の間、テーブル上にパーテーションが設置されていること)」
のいずれかを満たす必要がありますが、パーテーションの場合は,「パーテーション設置ルール」に沿ったサイズや配置にする必要があります。

 隣席間のパーテーションについて25cm以上はみ出しが無い場合は、パーテーションに延長部分を取り付けられる「アタッチメント式パーテーション」(飛沫感染予防フラッグ)を認証事務局から配付しますので、御利用ください。

※ なお、アタッチメント式パーテーションを利用しないで、
補助金を利用してパーテーションを購入
・既存のアクリル板にビニールシート等で延長部分を製作等されてもかまいません。

※ アタッチメント式パーテーションの配付は、認証取得を前提条件としていますので、審査の結果、認証基準を満たさず不認証となった場合は返却をお願いします。

 

広島積極ガード店ゴールド認証事務局

申請方法や現地調査日程に関することなど、認証に関することはお気軽にお問い合わせください。

【電話】 082-546-1280
【FAX】 082-541-1220
【受付時間】 9時30分~12時、13時~17時30分(土曜日・日曜日・祝日を除く。)

 

まずは、セルフチェックシートによる自主確認を行ってください。

 セルフチェックシートは、ゴールド認証(第三者認証)の認証基準項目を兼ねていますので、まずはセルフチェックシートで確認をしてみてください。 

認証基準(セルフチェックシート)

 ◎ 認証基準の全項目は、「広島積極ガード店ゴールド」認証基準 セルフチェックシート (PDFファイル)(684KB)で御確認ください。

  • 自主確認をしたチェックシートはお店で大切に保存しておいてください。
  • チェックシートは、県(認証事務局)へ提出する必要はありません。
  • 県が業務委託する調査員が現地確認するため訪問し、自主確認(セルフチェックシートの記録)の内容と実際の取組状況を確認します。

 ◎ アクリル板やパーテーションの設置方法については「パーテーション設置ルール」 (PDFファイル)(292KB)で御確認ください。

 ◎ 詳しい認証項目の内容については,「認証項目説明資料」 (PDFファイル)(640KB)で御確認ください。

対象事業者

広島県内の飲食店

  • 広島積極ガード店に登録していること
  • 日本標準産業分類「76 飲食店」(※)に該当していること
    ※ 客の注文に応じ、調理した飲食料品等をその場で飲食させる事業所

広島積極ガード店ゴールド認証までの流れ

認証までの流れ図解

1.申請方法

広島積極ガード店に登録済みの方

調査員が店舗を訪問(現地確認)し、審査しますので、現地確認の希望について認証事務局へ御連絡ください。

広島積極ガード店にまだ登録していない方(新規に開店した店舗など)

(1)まずは、「広島積極ガード店」に登録してください。https://www.pref.hiroshima.lg.jp/soshiki/58/inshokusekkyoku.html

(2)その後、次のいずれかの方法により、「広島積極ガード店ゴールド認証」の申請をしてください。

2.現地確認

3.認証

  • 認証基準に適合していれば、認証ステッカーを交付しますので、利用者から見えやすい場所へ掲示してください。
    (認証基準に適合しなくなった場合は、認証を取り消す場合があります。)
  • 調査結果は店舗にお渡しするので、大切に保管をお願いします。
  • 認証店は県ホームページに掲載し、対策が徹底されていることを公表します。認証ステッカー見本画像

飲食店向け補助金について

広島積極ガード店ゴールド認証店舗または認証申請店舗に対して、アクリル板、非接触体温計、サーキュレーターなどの感染予防対策を目的とする設備の購入に必要な経費を補助します。

※ 過去に県が実施した「飲食店における新型コロナウイルス感染症予防対策に関する補助金」及び「飲食店におけるパーテーション設置促進補助金」を受けていない飲食店が対象です。

広島積極ガード店ゴールド認証取得における新型コロナウイルス感染症予防対策に関する補助金について

よくあるお問合せ

Q1.複数の店舗を経営していますが、まとめて1枚の申請でできますか。
 A1.店舗ごとに認証しますので、店舗ごとに、別々で申請してください。

Q2.認証は義務ですか。
 A2.認証申請は任意です。義務ではありません。

Q3.休業中の店舗も申請できますか。
 A3.申請書類一式を準備できるのであれば、可能です。

Q4.補助金はありますか。
 A4.『広島積極ガード店ゴールド認証取得における新型コロナウイルス感染症予防対策に関する補助金について』を御確認ください。

Q5.アクリル板(パーテーション等)をどのように設置したらよいのか分かりません。
 A5.「パーテーション設置ルール」 (PDFファイル)(292KB)で、サイズや配置方法を御確認ください。

Q6.認証基準が一部変わったのですか。
 A6.これまでの認証基準に、パーテーションの設置方法等を明確化した「パーテーション設置ルール」に従うことが加わりました。なお、既に認証を取得されている飲食店は、配付するアタッチメント式パーテーションを活用するなどして「パーテーション設置ルール」に対応していただくことで、認証店舗として継続されます。

 
  改訂前 改訂後

認証基準項目
7 飛沫の飛散を防ぎます

・座席と座席の間、テーブル上(同一テーブル上の正面及び隣席との間、他のテーブルとの間)にパーテーションが設置されていること。
(同居家族等であることが確認できる場合は例外的にパーテーションを外す運用を認めてもよい)
・パーテーションの高さは、着座した状態で目を覆う程度の高さがあること。

・座席と座席の間、テーブル上(同一テーブル上の正面及び隣席との間、他のテーブルとの間)にパーテーションが設置されていること。
・パーテーションのサイズや設置方法については、別紙「パーテーション設置ルール」に従うこと
(同居家族等であることが確認できる場合は例外的にパーテーションを外す運用を認めてもよい)

(参考)「パーテーション設置ルール」 (PDFファイル)(292KB)

Q7.基準を見直すことになったのはなぜですか。
 A7.認証制度を開始し、審査を進める中で、認証基準上、飛沫感染防止対策の不適合率が最も高い状況がありました。パーテーションの設置方法は、それぞれの飲食店で認証基準に合うよう判断し設置いただいていましたが、現場の状況から、ルールをよりわかりやすくする必要があると考えられ、パーテーションの設置ルールを明確化し、基準に含めることとしました。

Q8.距離を確保(1m)すれば、パーテーションは設置しなくてよいですか。
 A8.距離が確保されているのであれば、パーテーションの設置は必要ありません。
 なお、「はみ出し」が必要となるのは、隣席との間に設置するパーテーションです。席の配置によっては、パーテーション設置の必要がない店舗もあると考えられます。

Q9.「パーテーション設置ルール」を全て守らないといけませんか。
 A9.隣席との間に設置するパーテーションは25cm以上「はみ出し」部分を設けることを明確化していますが、その他の「パーテーション設置ルール」はこれまでも順守するよう求めていたことをわかりやすく図示したものですので、全て守っていただくようお願いします。

Q10.パーテーションの「はみ出し」にどのような効果がありますか。
 A10.隣席間の飛沫感染を減らすことができます。飲食の場の感染拡大は、これまでも県全体の感染拡大に先立って発生しており、飛沫は感染の要因のひとつとされてきたため、ゴールド認証店では特に飛沫感染防止対策を徹底していただきたくルール化しました。

Q11.パーテーションのはみ出し部分を25cm以上とした根拠は何ですか。
 A11.着座し飲食している状態で、テーブルの端から肩口までを計測し、隣席の人と話す際の飛沫防止に必要な距離としました。「はみ出し」部分は長いほどよいですが、現場の飲食店の声をお聞きし、清掃や給仕のことも考慮しながら、飛沫を防止する有効な長さを25cm以上としています。

Q12.アタッチメント式パーテーションとはどのようなものですか。
 A12.既存のアクリル板(パーテーション)に載せて(増設して)使用します。材質は塩ビフィルム製(ビニールシート状、厚さ0.5mm、不燃性)です。旗を横に垂らしたような形状で取り付けていただくと、はみ出し25cm以上の基準に適合します。

Q13.アタッチメント式パーテーションの配付対象は。また何本まで配付されますか。
 A13.ゴールド認証店や認証申請中の店舗に配付します。配付本数は必要な数量を配付しますが、壊れた時を見越しての余分の配付はいたしかねます。なお、大量申込の時には、4人テーブルの数やカウンターの席数等を確認させていただく場合があります。

Q14.パーテーション等設備の購入に対する補助金はありますか。
 A14.過去に「飲食店における新型コロナウイルス感染症予防対策事業費補助金」又は「飲食店におけるパーテーション設置促進補助金」を利用していない店舗の場合、「広島積極ガード店ゴールド認証取得における新型コロナウイルス感染症予防対策事業費補助金」が利用できます。

Q15.「パーテーション設置ルール」の焼肉店の例について,テーブルやコンロ等がある場合に,パーテーションを設置することは,危険ではないでしょうか。
 A15.飛沫感染防止のため,「6 お客様同士の距離を保ちます(座席と座席の端の間隔が1m以上確保されていること)」または「7 飛沫の飛散を防ぎます(座席と座席の間,テーブル上にパーテーションが設置されていること)」のいずれかを満たしていればよい,としています。焼肉店に限らず,テーブルにコンロ等火器がある店舗の場合は,まず,「6 お客様同士の距離を保ちます(座席と座席の端の間隔が1m以上確保されていること)」での対応をご検討ください。そちらでの対応が難しい場合に,「7 飛沫の飛散を防ぎます(座席と座席の間,テーブル上にパーテーションが設置されていること)」での対応をお取りいただくようお願いします。なお,設置するパーテーションは,燃えにくい素材(難燃性,不燃性,防炎製品など)のものを使用するようにしてください。

Q16.「広島コロナお知らせQR」のQRコードはどこでもらえますか。
 A16.県ホームページから電子申請できます。電子申請の方法が分からなければ,下記の【広島コロナお知らせQRサポートセンター】までご連絡ください。

【広島コロナお知らせQRサポートセンター】
電話番号:082-513-2845
受付時間:平日8時30分~17時
※ 認証店の皆様においては、店舗利用者へのQRコードの読み取り、登録の呼びかけをお願いします。飲食店用の利用促進ポスターもありますので、印刷してご使用ください。
【飲食店用】広島お知らせQR利用促進ポスター (PDFファイル)(496KB)

Q17.同一グループだと同じテーブルに5人以上案内してはダメなのですか。例えば、5人で予約が入った場合、2人と3人分けなければいけませんか。
 A17.セルフチェックシートの「原則4人以内」は、まん延防止等重点措置などの知事が要請した期間に限定した対応です。現時点では、原則4人以内の案内の制限はありません。

申請書提出先・お問い合わせ先

広島積極ガード店ゴールド認証事務局

 〒730-0031 広島市中区紙屋町2-2-2 紙屋町ビル3階 
 電 話:082-546-1280
 F A X:082-541-1220
 受付時間:9時30分~12時、13時~17時30分(土曜日・日曜日・祝日を除く。)

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

おすすめコンテンツ

この記事をシェアする