ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

博物館紹介

博物館案内ビデオ博物館案内ビデオへのリンク   建築設備の概要建設設備の概要へのリンク   博物館の沿革博物館の特色へのリンク

博物館の特色

博物館の外観

博物館の外観

 広島県立歴史博物館は、瀬戸内海のほぼ中央、広島県福山市の福山城公園内の文化ゾーンに位置しています。川底に埋もれた中世の町として全国的に有名な草戸千軒町遺跡を中心に、瀬戸内地域の民衆生活と文化に視点を当てた博物館として、平成元年(1989)11月3日に開館しました。

 草戸千軒町遺跡は、福山市を流れる芦田川の河川改修工事に伴って発掘調査が実施され、鎌倉時代から室町時代にかけて繁栄した町の跡と、そこで活動した人々の生活の実態を示す膨大な資料が出土しました。30年以上にわたる発掘調査の成果は、それまでの中世社会や中世民衆に対するイメージを大きく書き替えることになりました。

 当館では、この遺跡の調査・研究の成果を中心に、広島県を中心とする瀬戸内地域の「交通・交易」「民衆生活」に関する資料を収集・展示し、この地域の歴史と、そこに暮らした人々の生活や文化に対する理解を深めていただくことを目的として、さまざまな活動を展開しています。

 「瀬戸内の歴史をたどる」「よみがえる草戸千軒」「出土品は語る」という3つの常設展示室のほかに、企画展示室ではさまざまなテーマによる展示会を開催しています。また、講演会や体験学習会など、利用者の皆さんの多様なニーズにこたえるための行事を企画することによって、地域の生涯学習拠点としての機能を果たしています。

学校教育との連携

小学校での授業

小学校での授業

 当館では、学校教育の中で積ごく的に博物館を活用していただくことを目的に、「小学校における博物館学習の手引き」,「はくぶつかんたんけんノート」(草戸編),「はくぶつかんたんけんノート」(通史編),高校生向け「博物館探検ノート」を作成しました。(それぞれのノートのリンクをクリックすると、pdfファイルでノートを見ることができます。)

 「学習の手引き」では、小学校の先生方が博物館を授業の中で活用するための具体的な実例を、関連する資料とともに紹介しています。また、「たんけんノート」は、小学校の児童の皆さんが博物館の展示内容を学習するためのワークブックです。「博物館探検ノート」は高校生向けに展示内容をより深くみることができるように作成しています。博物館見学をより有効なものとするため、これらの教材をぜひ活用してください。

 また、年に数回開催している「こども博物館教室」は、小・中・高校生を対象とした体験学習会です。博物館の機能や、地域の歴史・文化に対する理解を深めるためのさまざまなプログラムを用意しています。
 学校団体利用のページへ(具体的な利用案内のリーフレットや、博物館見学の際の学校行事の証明書がダウンロードできます。)

地域住民の参加

ボランティア学習会

ボランティア学習会

 地域社会の歩みを理解する上で不可欠な文化財を収集し、それを後世の人々に伝えると同時に、学術的な調査・研究を進めることによって、市民のみなさんに学習資源として活用していただく。これが私たちの博物館に与えられた使命です。
 特に、地域社会の歩みや、そこで育まれてきた文化について学習する機会を提供することは、よりよい社会を築き上げていくために欠かすことのできない重要な役割です。

 こうした博物館の機能を十分に発揮するために、私たちはみなさんに博物館活動に積極的に参加していただきたいと考えています。そのための場として、「博物館友の会」 「けんぱくボランティア」「古文書学習会」が組織されています。みなさんの学習活動を一層有意義なものとするため、こうしたグループに参加されることをお勧めします。