ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地ホットライン教育ひろしま > ふくやま草戸千軒ミュージアム

ふくやま草戸千軒ミュージアム トップページ

★2月6日月曜日~10日金曜日まで,施設管理のため休館いたします。

★ミュージアムカレンダーの広告募集を開始しました。詳しくはミュージアムカレンダー広告募集を御覧ください。

★平成29年度の博物館実習の申込み方法については,本ページ下方の「トッピクス」を御覧ください。

 ふくやま草戸千軒ミュージアム(広島県立歴史博物館)では,瀬戸内の歴史をテーマにした通史展示や,中世の港町・草戸千軒町遺跡の発掘調査成果の展示をしています。
 常設展示については,常設展示室のページを御覧ください。

博物館外観・通史展示室・草戸千軒1展示室・草戸千軒2展示室の写真

展示会

企画展 「守屋壽コレクションが迫る近世日本の新たなる異文化交流」は終了いたしました。御協力いただきありがとうございました。図録購入希望の方は,図録代(1冊1800円)と送料(1冊360円)の代金(2160円)を現金書留でお送りください。2冊以上の送料につきましてはお問い合わせください。

早春の展示
「ひろしまの災害と防災-土砂災害・洪水・地震」 

堂々川六番砂留 
江戸時代後期の石積み砂防堰堤(堂々川六番砂留,福山市神辺町)

広島県は瀬戸内海沿岸部を中心に普段は穏やかで温暖な気候に恵まれていますが,全国でも土砂災害危険か所が最も多い地域です。今回の展示では,広島県の気候・地質・地層などの特徴から広島県域で注意すべき災害について考えるとともに,防災への取り組みを紹介します。

会期 1月13日(金曜日)~3月20日(月曜日・祝日)

詳しい内容は「ひろしまの災害と防災」のページを御覧ください。

チラシはこちら(PDFファイル)(1.41MB)です。

 
ミニ展示
「草戸千軒町遺跡出土の動物骨」 開催中!

イヌの骨
イヌの頭蓋骨(草戸千軒町遺跡出土) 当館蔵

会期 1月6日(金曜日)~3月23日(木曜日)
常設展の入館料でご覧いただけます。
詳しい内容は「草戸千軒町遺跡出土の動物骨」のページを御覧ください。

常設展示

 草戸千軒1展示室
草戸千軒1展示室

よみがえる草戸千軒
(実物大で再現した町並み)
詳しい内容は,常設展示室のページを御覧ください。

イベント紹介

公開講座(備陽史探訪の会共催)
「わが国の砂防史における別所砂留の位置づけ」
日時 1月28日(土曜日)午後2時~3時30分
講師 樋口 輝久(岡山大学准教授)
会場 当館講堂

トピックス

  • 平成29年度の博物館実習の電話受付は1月5日(木曜日)から開始します。詳しくは 博物館実習を希望される皆様へを御覧ください。(平成28年12月22日)
  • 国内屈指の古地図コレクション「守屋壽コレクション」に追加寄託を受けました。詳しくは「守屋壽コレクション」のページを御覧ください。(平成28年4月8日)
  • 平成27年5月1日,頼山陽史跡資料館が,当館の分館としてリニューアルオープンしました。(平成27年5月20日)
  • 当館所蔵の「菅茶山関係資料」が,国の重要文化財(歴史資料)に指定されました。(平成26年8月28日)
  • 国内屈指の古地図コレクション「守屋壽コレクション」が当館に寄託されました。詳しくは「守屋壽コレクション」のページを御覧ください。(平成26年3月5日)
  • 体験コーナーのページを新設しました。詳しくは 「体験コーナー」のページを御覧ください。(平成25年6月12日)

 〒720-0067 広島県福山市西町2-4-1
 電話 084-931-2513
 メール:rhksoumu@pref.hiroshima.lg.jp