ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地ホットライン教育ひろしま > 頼山陽史跡資料館

頼山陽史跡資料館

トップページのスライドショー

1 展示の御案内

(1)展示名

 ◇ 収蔵品展2:<現在の展示案内>に詳しく紹介しています。
 「老いを生きる。老いと生きる。」

(2) 展示期間

 平成29年8月31日(木)~10月9日(月・祝)

(3) 関連行事

1 展示解説会:いずれも午後1時半から
 〇平成29年9月9日(土) 〇9月30日(土) 

(4)お薦めの作品紹介

【1】「たけくまの松」冊子装 紙本墨書 当館蔵(杉ノ木資料)
頼山陽の祖父・惟清 (1707~1783)が,64歳のとき長男春水(25歳)とともに関東・東北・北陸を周遊したときに見た「武隈(たけくま)の松(まつ)」という二株の老松の由緒等を記したものです。

【2】「辛卯陽月展墓」 天保2年(1831)頼杏坪書
 墓参りのために竹原を訪れた頼杏坪(山陽の叔父)が、竹原頼家の別邸・雙(そう)白(はく)堂において旧作の七言絶句十二首を記した屏風です。このとき杏坪は76歳。亡くなる3年前の作品です。
杏坪の屏風

【3】「松月生夜涼 風泉満清聴」寛政9年(1797) 西依成斎書
 西依成斎(にしよりせいさい)(1702~97)は、肥後出身の儒学者で,頼春水や杏坪と交流がありました。最晩年の九十六歳の作品です。

 2 平成29年度城下町ウォーク実施要項 (PDFファイル)

◇本年度の城下町ウォークを以下の要領で実施します。
(1)実施日時:平成29年10月14日(土)午前9時から正午
(2)集合場所:頼山陽史跡資料館(広島市中区袋町5-15)
(3)解散場所:広島城跡本丸
(4)参加費:無料
(5)定 員:30名(先着順)
(6)申込方法:電話
 広島県教育委員会事務局管理部文化財課 城下町ウォーク担当
 電話番号:082-513-5021
(7)主催:頼山陽史跡資料館
(8)協力:広島城 

3 平成29年度連続講座の御案内を掲載しています。

年間予定について一部,会場の変更があります。平成29年度(改訂)連続講座実施計画を御覧ください。

4 平成29年度南画精華展の募集要項を公開しています。

 平成29年度南画精華展募集要項 はこちらを御利用下さい。 

5 資料館の催しを動画で紹介中

(1)特別展「現代刀の味わい」(約7分)
H28現代刀の味わい展
(2)特別展「現代水墨画の旗手たち」(約7分)
H28現代水墨画の旗手たち
(3) 関連動画の紹介
【日本文化紹介の動画】 
 日本大使館広報文化センターが刀剣製作の工程を英語版のfacebookで公開しているものです刀鍛冶,研師,鞘師(さやし),彫金師,柄巻師などの仕事の様子を紹介しています。
◇在米国日本大使館広報文化センターのフェイスブックのURLは次の通り。
https://www.facebook.com/JICC.JapanEmbDC/videos/1784032218293554