ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地ホットライン教育ひろしま > 頼山陽史跡資料館

頼山陽史跡資料館

頼山陽史跡資料館の描写8枚の写真です。

現在の展示御案内: 平成28年4月7日~6月5日

◇「頼山陽のふるさと”広島”と頼家の暮らし」
◇「頼山陽の生涯」
◇スポット展「頼春水」
◆展示解説会:4月16日(土),5月7日(土) いずれも午後1時半から

特別展「現代水墨画の旗手たち」の御案内

◇開催期間:平成28年6月9日(木)から7月10日(日)
◇主催:頼山陽史跡資料館特別展実行委員会
◇協賛:広島県水墨作家協会

※詳しくはこちらを御覧ください。
現代水墨画の旗手たち~チラシ
 

各種御案内

平成28年度連続講座の御案内を「講座・講演」のページで紹介しています。今年度のテーマは”「郷土ひろしまの歴史」を語る”です。ぜひ御参加ください。

◇第1回講座 6月4日(土):日本列島の誕生とひろしま「帝釈峡遺跡群と冠遺跡群」 
 講師:広島県教育委員会文化財課指導主事  沖憲明

◇申し込み不要です。時間と場所を確認の上,当日,会場へおいでください。

◇一覧資料はこちら:H28連続講座御案内 (PDFファイル)(167KB)

動画の御案内画像をクリックして御覧下さい。閲覧制限がある場合は他の端末を御利用下さい。

◇「ひな人形と春の書画展」の動画(約9分)
ひな人形展の動画にリンクします。
◇「現代刀の魅力」展の動画(約5分)
現代刀の魅力展 
 

 

資料館の動き

平成28年度のできごと
いつどんなことが
5月初旬

◇朝からのひどい雨にもかかわらず,詩吟の愛好会の皆さんが8名で来館されました。学芸員が頼山陽にまつわる説明をひととおりしますと,皆さんとても熱心に質問をされます。いくつものやり取りが交わされるうちに,気が付くと1時間半も時間が経過していました。そのあとかねてからの計画どおり,少雨の中ではありましたが,室内ではなくぜひともということで居室前で「天草洋に泊す」を吟じる声が,庭園に響き渡りました。いかにもこの資料館にふさわしい,願わくばギャラリーの多く集まる環境でできたらもっといい雰囲気になったであろう,と思わずにいられないひとときでした。

◇ゴールデンウィークのさなか恒例の「端午の節句茶会」が頼山陽記念文化財団の主催によって行われました。100名を大きく超える御参加があり,さわやかな初夏の空のもと和やかな一日となりました。お茶会は「裏千家淡交会広島第二支部学校茶道」のみなさまの御協力によって執り行われました。

4月

昨年5月のリニューアルオープンから2年目が始まります。平成27年度特別展の最後に当たる「南画精華展」が4月3日(日)までの開催され県の内外から多くの方に御観覧いただきました。平成28年度は新たに「現代水墨画の旗手たち」と題する展示を6月9日(木)から開催予定です。これにより年間5つの特別展を予定しています。

前年度までの動き

平成27年度のできごと